« トリッパをカツレツで … クラフトビアバー「アイブリュー・ワイアード(IBREW WIRED)」(銀座一丁目) | トップページ | 品書は100種類以上 … お食事・呑み処「信濃路(しなのじ)」(鶯谷) »

春は櫻正宗、秋なら菊 … 「鍵屋(かぎや)」(鶯谷)

櫻正宗(燗酒)


 東京を代表する老舗酒場の1軒、「鍵屋」。

 酒屋としての創業は安政3(1856)年というから、実に創業160年。昭和24(1949)年に酒場に転向してからでも、そろそろ70年になろうかという歴史をもっている。

 そんな老舗酒場の雰囲気に浸りながら、昔ながらの酒と肴を楽しむのが、この酒場のやり方だ。

 「昔ながら」というのはどういうことか。

 たとえば酒は、3銘柄の日本酒(正一合530円)と、冷酒が1種類(910円)、それとビールの大瓶(610円)、小瓶(530円)しかない。

 焼酎やチューハイ、ホッピー、ワインなどは置いていない。

 料理も焼き鳥、豆腐、味噌おでん(でんがく)、大根おろし、ところてん、お新香など、昔ながらの20品ほど。今もその品書きを変えることなく守り続けているんだそうな。

 女性だけでの入店禁止というのも昔から続くこの店のルール。今もなお鶯谷駅の近くには風俗系の女性が多い。そういう女性が、客引きを目当てにやってきて、困ったことがあったのかもしれないなあ。

 女性であっても、男性と一緒に入店すれば大丈夫。我われも今日は女2人、男2人の4人グループだ。

 カウンター席に4人で並んで座り、飲みものは「櫻正宗」(正一合530円)を注文。日本酒は基本的には燗酒で出される。

 ここの日本酒の3銘柄は、「櫻正宗」、「大関」、「菊正宗」。なんとはなしに、春に近い季節には「櫻正宗」を、秋に近い季節には「菊正宗」を注文するようにしているのだ。

 この店のお通し(サービス)の定番は醤油豆なんだけど、ちょうど品切れになったようで、我われ以降は「ところてん」になった。

 燗酒が出てくるのに先立って、まずお猪口ちょこが出されるんだけれど、男性用が上に広がったシンプルな形状なのに対して、女性用はふんわりとやわらかい曲面でできている。

 4人で来たら、あれこれと注文できるのがいいところ。

 まずは「にこごり」(秋冬のみ、660円)、「さらしくじら」(780円)、「とりもつなべ」(730円)をもらう。

 鍋ものは、この「とりもつなべ」の他に、「とり皮なべ」(730円)と、秋冬のみの「湯どうふ」(770円)があって、いずれもひとり用の小さい鍋で出してくれる。

 「煮奴にやっこ」(610円)も、鍋ものの1つと考えてもいいかもしれない。豆腐好きにはたまらぬ一品だ。

 燗酒をおかわりにつつ、2巡めに注文したのは「かまぼこ」(570円)に「玉子焼」(土曜日のみ、570円)、「お新香」(500円)の3品だ。

 そして最後に「合鴨塩やき」(2本610円)、「とりもつやき」(2本570円)、「とり皮やき」(2本560円)という3種類の昔ながらの焼き鳥をもらって締めくくる。

 2時間ほどの酒場浴。今夜のお勘定は4人で1万3千円弱(ひとり3,200円ほど)でした。どうもごちそうさま。

Img_9459d Img_9460d Img_9461d
「鍵屋」 / お品書き / 飲みもの

Img_9463d Img_9464d Img_9470d
お通しのところてん / 男性用と女性用の猪口 / にこごり

Img_9473d Img_9475d Img_9478d
さらしくじら / とりもつなべ / かまぼこ

Img_9481d Img_9483d Imamu_31d
玉子焼 / お新香 / 今夜のメンバー

Img_9484d Img_9487d Img_9489d
合鴨塩やき / とりもつやき / とり皮やき

店情報前回

《平成29(2017)年2月18日(土)の記録》

|

« トリッパをカツレツで … クラフトビアバー「アイブリュー・ワイアード(IBREW WIRED)」(銀座一丁目) | トップページ | 品書は100種類以上 … お食事・呑み処「信濃路(しなのじ)」(鶯谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65006320

この記事へのトラックバック一覧です: 春は櫻正宗、秋なら菊 … 「鍵屋(かぎや)」(鶯谷):

« トリッパをカツレツで … クラフトビアバー「アイブリュー・ワイアード(IBREW WIRED)」(銀座一丁目) | トップページ | 品書は100種類以上 … お食事・呑み処「信濃路(しなのじ)」(鶯谷) »