« たっぷりと4時間ほど … 「豚の味珍(まいちん)」(横浜) | トップページ | 豚ハツとその仲間たち … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

深夜まで呑兵衛の味方 … 熱烈中華食堂「日高屋(ひだかや)」(日ノ出町)

ちょいのみ日高


 「豚の味珍」を出て、横浜駅で解散したのは午後10時半。

 私はそのまま桜木町駅まで移動した。横浜に飲みに来たときはたいてい、野毛近くの定宿に泊まることにしているのである。

 時間が時間だけに、もう「福田フライ」も「ホッピー仙人」も開いていない。

 でもまだ「野毛ハイボール」が開いている時間なので、いつものように大岡川沿いの都橋みやこばし商店街を目指すことにした。

 ところが!

 たどり着いた「野毛ハイボール」の入口には、『本日、店主都合のため臨時休業いたします』という張り紙が出ていて、店が閉まっている(涙)。

 さあ、どうしよう。

 「第一亭」や「栄屋酒場」も、すでに閉まっている時間だ。

 閉ざされた扉の前でちょっと考えて、前に「ホッピー仙人」に来たときに、仙人やチャコちゃんたちが、「今日はこのあと、日ノ出町の『日高屋』で飲むんだ」と話していたことを思い出した。

 よしっ。「日高屋」ならばここからも近いので、「日高屋」に向かうことにしよう!

 「日高屋 日ノ出町駅前店」の営業時間は、昼前11時から早朝4時までの17時間。(3月1日から、午前2時までの15時間営業に変更になったそうです。)

 午後11時の店内は、半分ぐらいの入り。平日(木曜日)であることを考えると、この時間に、これだけのお客さんが入っているのはすごいなあ。

 カウンター席の一角に陣取り、まずはホッピーセット(370円)を注文する。

 それから、おもむろにおつまみのメニューを選ぶ。

 「日高屋」は、『熱烈中華食堂』をうたいつつも、『ちょいのみ日高』というキーワードも掲げていて、生ビール中ジョッキ310円、酎ハイ250円などなどと飲み物も安く、つまみも餃子6個210円、枝豆170円、ポテトサラダ190円、カレイの唐揚げ250円など、いろいろそろっているのである。

 ニラレバ炒め(単品490円)、野菜炒め(単品410円)といった、定食のおかずも単品で注文できるのがいいよね。

 そんな中から、今日は「そら豆」(170円)と「イワシフライ」(230円)をもらった。

 1杯めのホッピーを飲み切って、空のジョッキを持ち上げながら「ナカ(200円)をお願いします」と注文すると、「ジョッキはそのまま置いてお待ちください」とのこと。

 するとすぐに、氷と焼酎が入った、プラスチック製のマグカップがやってきた。

 「お酒の後の『しめラーメン』としておすすめです」と書かれた「半ラーメン」(200円)がとっても気になったんだけれど、なんとか踏みとどまることができた(爆)。

 1時間ほどの滞在。お勘定は970円でした。どうもごちそうさま。

Img_9339b Img_9342b Img_9344b
「日高屋」日ノ出町駅前店 / ホッピーセットをもらって / ホッピーを作る

Img_9357b Img_9347b Img_9348b
おつまみメニュー / そら豆 / イワシフライ

Img_9345b Img_9361b Img_9353b
ナカを注文すると / マグカップで出された / 半ラーメンもあるけど……

店情報(公式サイト)

《平成29(2017)年2月16日(木)の記録》

|

« たっぷりと4時間ほど … 「豚の味珍(まいちん)」(横浜) | トップページ | 豚ハツとその仲間たち … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/64943143

この記事へのトラックバック一覧です: 深夜まで呑兵衛の味方 … 熱烈中華食堂「日高屋(ひだかや)」(日ノ出町):

« たっぷりと4時間ほど … 「豚の味珍(まいちん)」(横浜) | トップページ | 豚ハツとその仲間たち … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »