« 初代ミスフェアレディ … やきとり「さくらい」(逸見) | トップページ | じゃのめ名物ねぎま鍋 … 「銀座じゃのめ」(銀座) »

日本版のピッカーニャ … 焼肉「スタミナ苑(すたみなえん)」(阿佐ヶ谷)

イチボ


 ブラジルで焼肉(シュラスコ)をするときに、最高の部位と言われているピッカーニャは、日本の焼肉屋でいうとイチボのこと。

 今日は阿佐ヶ谷の「スナミナ苑」で、イチボ(1,188円)をいただいた。

 イチボは、ランプと呼ばれるお尻の上部の肉の先端部にある希少部位。

 お尻の骨はH型をしているので、H-bone(エイチボーン)と呼ばれていて、その先端にある肉だから、エイチボーンがなまって、イチボと呼ばれるようになったんだそうな。

 牛肉をたくさん食べるブラジル人は、赤身の肉が好き。脂身の部分はあまり好まれない。

 だから牛肉も、その内部に脂肪のサシが入ったりしないように、赤身重視で育てられる。

 イチボ(ピッカーニャ)も、肉の片側にうっすらと脂肪の層が付いている程度で、それ以外の部分はきっちりと赤身なのである。

 それに比べると、日本のイチボは、サシがたくさん入っていて、見るからに脂身が多い。

 食べるともっと顕著で、日本のは、噛み心地がほとんどないぐらいにやわらかくて、脂肪ならではの旨みが口の中いっぱいに広がってくる。

 少量で美味しくいただこうとしたら日本型がいいだろうなあ。大量に食べようとすると、脂分がしつこく感じてしまいそうだ。

 だからサーロインやロース、カルビなどの脂分が多い肉はあまり好まれず、イチボ(ピッカーニャ)よりも、むしろランプ(アルカトラ)のほうが良く食べられるぐらいだ。

 他にも「大判焼き(リブロース)」(2,052円)、「上タン塩」(1,404円)、「テッチャン」(1,188円)、「上ハラミ」(1,620円)や、「大根キムチ」(378円)、「豆モヤシ」(432円)などをいただきつつ、ホッピーをソト2・ナカ4。

 3人でのお勘定は12,474円(ひとりあたり4,158円)でした。どうもごちそうさま。

Img_0247a Img_0249a Img_0250a
大判焼き(リブロース) / テッチャン / 上ハラミ

店情報前回

《平成29(2017)年3月26日(日)の記録》

|

« 初代ミスフェアレディ … やきとり「さくらい」(逸見) | トップページ | じゃのめ名物ねぎま鍋 … 「銀座じゃのめ」(銀座) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65158271

この記事へのトラックバック一覧です: 日本版のピッカーニャ … 焼肉「スタミナ苑(すたみなえん)」(阿佐ヶ谷):

« 初代ミスフェアレディ … やきとり「さくらい」(逸見) | トップページ | じゃのめ名物ねぎま鍋 … 「銀座じゃのめ」(銀座) »