« 店情報: やきとり「さくらい」(逸見) | トップページ | 日本版のピッカーニャ … 焼肉「スタミナ苑(すたみなえん)」(阿佐ヶ谷) »

初代ミスフェアレディ … やきとり「さくらい」(逸見)

みっちゃんと中女将


 横須賀での5軒めは、京急・逸見へみ駅のすぐ近くにある、やきとり「さくらい」である。

 何年も前から仙人(=「ホッピー仙人」店主)に、「逸見に『さくらい』あり」という話は聞いていたのだが、実際にやって来たのは今日が初めて。

 横須賀在住の堀越さんや、みっちゃんにとっては、行きつけのお店の1軒である。

 いつもは大女将と若いおねえさんで切り盛りされているそうなのだが、この時間帯(土曜日の午後4時半ごろ)は、大女将の娘さん(中女将?)と若いおねえさんの二人で切り盛りされていた。

 この中女将は、なんと初代ミスフェアレディなんだそうな!

 「ミス・フェアレディ」は、昭和38(1963)年に銀座に日産ギャラリーができたときに募集された。初代として選ばれたのは5人だったそうだ。

 それから54年たっているので、それなりに年齢は重ねられているものの、今もやっぱりおきれいである。

 ここ「さくらい」。昔のプレハブ小屋っぽい建物で、看板もなければ暖簾のれんもない。

 入口の横に掲げられた、「やきとり」と書かれた小さな赤ちょうちんと、入口引戸の模様ガラスに貼られている「やきとり さくらい」という張り紙で、ここが焼き鳥屋であることが、かろうじてわかる。

 店内には、店の形に合わせたコの字型の立ち飲みカウンターがあり、料理のメニューは、レバ、ハツ、モモ、ガツ、皮、フワ、アブラ、シロ、ダンゴという9種類の焼き鳥と漬物(110円)のみ。これに日替りの手書きメニューが数品加わる程度だ。

 今日はムネ肉、ササミ、砂ギモが手書きメニューに加わっていた。

 焼き鳥はレバからガツまでの4品が1本110円。皮からダンゴまでの5品は、なんと1本55円である。

 飲みものはビール(大500円・中440円)、日本酒(250円)、そして烏龍ハイ(250円)があるんだけれど、オススメは烏龍ハイなんだそうな。

 その烏龍ハイは、あらかじめ焼酎をウーロン茶で割ったものが、ウーロン茶の2リットルペットボトルに入って置かれていて、それを自分で注いで申告する。

 我われ3人も、さっそくその烏龍ハイで乾杯である。

 ックゥ~ッ。焼酎が濃いのぉ! さすが横須賀!

 午後5時半前に、交代のために中女将が店を出た。中女将と一緒の写真は、このときに店の外で撮らせていただいたもの。

 もう少し待ってれば、大女将もやって来られたのかもしれないが、我われもこの後ちょっとしてから店を出た。大女将とお会いするのは、次回以降の宿題だな。

 それにしても横須賀。まだまだ名酒場が多いのぉ。

 全体的に値段が安いのもいいよね! 街全体が呑兵衛の強い味方である。

 今回もたっぷりとありがとうございました!>堀越さん、みっちゃん

Img_0219e Img_0220e Img_0222e
「さくらい」 / 立ち飲みの店内 / お品書き

Img_0221e Img_0237e Img_0224e
烏龍ハイはペットボトルから注ぐ / 烏龍ハイ / ササミ(味噌)

Img_0225e Img_0227e Img_0228e
レバ(味噌) / ハツ(味噌) / 砂ギモ

Img_0229e Img_0230e Img_0231e
ムネ肉 / 皮 / 焼きネタは、焼き台の前に並んでいる

Img_0226e Img_0232e 01_px400e
今日の手書きメニュー / 店の前で中女将と / 初代のミス・フェアレディたち

Img_0239e Img_0240e Img_0242e
巾着をもらうと / 中は玉子 / フワ(味噌)

店情報

《平成29(2017)年3月25日(土)の記録》

|

« 店情報: やきとり「さくらい」(逸見) | トップページ | 日本版のピッカーニャ … 焼肉「スタミナ苑(すたみなえん)」(阿佐ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65157602

この記事へのトラックバック一覧です: 初代ミスフェアレディ … やきとり「さくらい」(逸見):

« 店情報: やきとり「さくらい」(逸見) | トップページ | 日本版のピッカーニャ … 焼肉「スタミナ苑(すたみなえん)」(阿佐ヶ谷) »