« 玉ネギも美味いPトロ … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 1週間の研修を終えて … やきとん「すっぴん酒場」(野方)ほか »

宮城のホヤに宮城の酒 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)

ホヤ刺身とホヤ水


 「竹よし」の冷蔵ショーケースにホヤが並んでいる。

 丸ごと1個が600円。これを酢の物ではなくて、刺身でいただくのが「竹よし」の定番である。

 さっそくそのホヤを注文すると、店を手伝っているリエさんから、「それじゃ、お酒はやっぱり『浦霞うらかすみ』ですか?」と声がかかる。

 そうだった、そうだった。

 前にホヤをいただいたときに、リエさんから、宮城産のホヤにぴしゃりと合うのが、同じ宮城の「浦霞」であることをうかがったのでした。

 郷土の料理には同郷の酒。これが一番おいしい組み合わせである。

 さっそくその「浦霞」(1合500円)を冷酒でもらって、ちびりちびりとりながら、ホヤの出を待つ。

 海底の岩などに固着しているホヤは、「海のパイナップル」とも呼ばれるような外観をしていて、まるで植物のように見える。しかしその実体は、プランクトンなどを餌にして生きている動物なんだそうな。

 ホヤの特徴は、その独特のにおいにある。鮮度が落ちるのがものすごく早くて、鮮度が落ちるにつれて、その独特のにおいもきつくなる。

 愛好家にとっては、そのにおいも含めてホヤが好きなんだろうが、そうでない人にとっては「ただ臭いだけ」といった感じになり、好みがはっきりと分かれるところだ。

 その「鮮度よく美味しく食べることができる時間がきわめて短い」ということが影響しているのか、私自身、これまで東京以西ではホヤを食べたことがない。東京に来てから初めて知った味のひとつである。

 昔は、食べた瞬間に「わっ。やられた」みたいなホヤを出す店もあったが、最近はあまりハズレはない。特に「竹よし」のホヤは、ハズレたことがない。

 さあ、いよいよ出て来ましたよ。

 丸皿の上に置かれたホヤの殻の上に、オレンジ色のホヤの身がプルルンと並び、添えられる小さなグラスには、ホヤの殻の中に閉じ込められていた水(=ホヤ水)が入っている。

 このオレンジ色の身の裏に、黒っぽい内臓が付いていて、それがホヤ独特のにおいの発生源であるとともに、愛好者にとってはたまらぬ味わいの源になる部分なんだけれど、そこはていねいに取り去られているから、あまりクセはない状態である。

 醤油皿も添えられてるんだけど、醤油は使わない。

 ホヤ水に、ちょいとワサビを溶きいれて、そこにホヤの身をつけていただくのが美味いんだ。

 このホヤ水。基本的には海水なんだけど、ホヤの殻の中で、ホヤの身と一緒に過ごすうちに、なんとはなしにホヤっぽい旨さが溶けだしてきているようなのだ。

 1本めの「浦霞」はあっという間になくなって、すぐに2本めをおかわりである。

 ホヤの身がなくなった後も、ホヤ水そのものがつまみになる。いいねえ、ホヤ。

 ほかの常連さんが注文した「マグロの目玉と野菜煮」(500円)なども、ちょっとつつかせてもらったりしながら、2時間ちょっとの酒場浴。

 今夜のお勘定は1,600円でした。どうもごちそうさま。

Img_0436b Img_0440b Img_0442b
「竹よし」 / 調理前のホヤ / 「浦霞」(冷酒)

店情報前回

《平成29(2017)年4月8日(土)の記録》

|

« 玉ネギも美味いPトロ … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 1週間の研修を終えて … やきとん「すっぴん酒場」(野方)ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65201499

この記事へのトラックバック一覧です: 宮城のホヤに宮城の酒 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政):

» 1週間の研修を終えて … やきとん「すっぴん酒場」(野方)ほか [居酒屋礼賛]
 川崎での1週間の研修を終えて、「すっぴん酒場」の「がつ刺」(400円)をつまみに黒ホッピー(450円)である。  この1週間研修では、毎日、夜8時過ぎまで研修がある上に、最終日(金曜日)の午後には筆記試験もあって合否が判定される。  しかもいかなる理由でも遅刻は許されない(=定められた研修時間をもれなくクリアすることが筆記試験を受ける条件となる)ので、交通の影響を受けぬよう、日曜日の夜から、連続... [続きを読む]

受信: 2017.04.29 22:00

« 玉ネギも美味いPトロ … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 1週間の研修を終えて … やきとん「すっぴん酒場」(野方)ほか »