« 店情報: 「九州酒場(きゅうしゅうさかば)」(田町) | トップページ | 老舗で飲む燗酒がいい … 酒寮「さいき」(恵比寿) »

とうべいをご存知か? … 「九州酒場(きゅうしゅうさかば)」(田町)

とうべい


「おすすめのつまみは?」

 客席を切り盛りする女店員さんに、そう質問すると、

「珍しいのは『とうべい』(370円)かしら。お酒が進みます」

 という答えが返ってきた。

 熊本の山奥、平家落人の里で作られ、それ以来、800年に渡って伝承された秘伝の保存食。ものとしては「豆腐のみそ漬け」で、その名称は漢字で「豆銘」と書いて、「とうべい」と読む。(公式サイトあり。)

 さっそく注文してみると、まるで羊羹(ようかん)のようにスライスされた一切れが、小皿にのせた大葉の上に鎮座してやってきた。

 ほっほぉ~っ。この感じ、以前にも見たことがありますなあ。

 これはそう、沖縄の「豆腐よう」か、中国の「腐乳(ふにゅう)」の系統のつまみに違いない。

 箸の先っぽに、ちょっとだけつけてなめてみる。

 おぉ。系統的には「豆腐よう」「腐乳」なんだけど、こちら「とうべい」は、なんといっても、みそ味!

 日本のお酒(焼酎や日本酒)には、圧倒的に「とうべい」のほうが合うよねえ。

 これはいいつまみを知ることができた。

 今日は職場での飲み会の二次会として、4人でここ「九州酒場」にやってきた。

 満席でも26人ほどという小さい酒場ながら、店内にずらりと並ぶ各種焼酎(1杯が400~600円)や、九州各地の名物料理が、この店の大きな売りだ。

 我われも、それぞれ好みの焼酎を、好みの飲み方で出してもらう。私は芋焼酎「さつま寿」を湯割りでもらった。

 つまみは熊本の「辛子れんこん」(560円)に、福岡の「炙り明太子」(500円)、「イシダイ刺身」(580円)、かごしま黒豚の「肉味噌きゅうり」(270円)、そして冒頭でご紹介した、熊本の「とうべい」を注文。

 それぞれ九州らしい一品に舌鼓を打ちながら、焼酎を次々におかわりする。ふと気が付けばもう午後11時だ!

 いかんいかん、まだ週半ばなのに、すっかり飲み過ぎてしまった。

 大急ぎでお勘定を済ませ、家路についた。

Img_0307a Img_0305a Img_0306a
「九州酒場」 / 辛子れんこん / 炙り明太子

Img_0315a Img_0311a Img_0303a
イシダイ刺身 / 肉味噌きゅうり / 一次会の写真

店情報

《平成29(2017)年3月29日(水)の記録》

|

« 店情報: 「九州酒場(きゅうしゅうさかば)」(田町) | トップページ | 老舗で飲む燗酒がいい … 酒寮「さいき」(恵比寿) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65182209

この記事へのトラックバック一覧です: とうべいをご存知か? … 「九州酒場(きゅうしゅうさかば)」(田町):

« 店情報: 「九州酒場(きゅうしゅうさかば)」(田町) | トップページ | 老舗で飲む燗酒がいい … 酒寮「さいき」(恵比寿) »