« 1週間の研修を終えて … やきとん「すっぴん酒場」(野方)ほか | トップページ | 店情報: 肉汁餃子製作所「ダンダダン酒場」(渋谷) »

ホッピーとハムキャ別 … 大衆立呑酒場「富士屋本店(ふじやほんてん)」(渋谷)

ホッピーとハムキャ別


 渋谷駅のすぐ近くにあるビルの地下1階。大衆立呑酒場「富士屋本店」にやってきた。

 ここに来るのは、ほぼ1年ぶり。外は雨だけど、今日もにぎわってるなあ。

 入って左手の、テレビ前(といってもテレビの位置は背後)あたりが空いていたので、そこに立つと、速攻で注文を取りに来てくれる。

「ホッピーとハムキャベツをお願いします」

 迷うことなくそう注文した。階段を下りながら、最初に注文する品は決めていたのだ。

「ホッピーは白? 黒?」

「白で」

「はいよっ」

 これで一連の注文を終了する。

 すぐに「宝焼酎360ml瓶」(600円)と「ホッピー(ソト)」(200円)が出され、追いかけるように、この店の名物「ハムキャ別」(350円)もやってきた。

 氷は途中で追加してくれるので、この焼酎1本とソト1本で、ソト1・ナカ4ぐらい、いけることになる。そうすると、1杯あたり200円という素晴らしいコストパフォーマンスになのである。

 そしてハムキャベツ。メニュー表記がなぜ「ハムキャ別」と、「別」だけ漢字表記になっているのかはわからないが、たっぷりの千切りキャベツの上にマヨネーズをかけ、その上に薄くスライスしたハムをのせた料理である。

 ハムを1枚ずつ取って、マヨネーズごとキャベツを巻いて、口いっぱいに食べるのがうまいんだ!

 そこへ、酒友・ここちきさんも到着した。

 グラスと氷をもらって、ホッピーをシェアし、つまみには「ポテトサラダ」(300円)と「小あじの唐揚」(300円)を追加する。

 「ホッピー(ソト)」ももう1本追加して、キャッシュ・オン・デリバリーでの総支払額は、二人で1,950円(ひとり当たり975円)なり。

 どうもごちそうさま。

Img_0647a Img_0649a Img_0650a
ハムキャ別 / ポテトサラダ / 小あじの唐揚

店情報前回

《平成29(2017)年4月17日(月)の記録》

|

« 1週間の研修を終えて … やきとん「すっぴん酒場」(野方)ほか | トップページ | 店情報: 肉汁餃子製作所「ダンダダン酒場」(渋谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65211452

この記事へのトラックバック一覧です: ホッピーとハムキャ別 … 大衆立呑酒場「富士屋本店(ふじやほんてん)」(渋谷):

« 1週間の研修を終えて … やきとん「すっぴん酒場」(野方)ほか | トップページ | 店情報: 肉汁餃子製作所「ダンダダン酒場」(渋谷) »