« 塩漬け牛肉のパステウ … ブラジル料理「カフェ・ド・セントロ」(日比谷) | トップページ | パターンで締めくくる … 台湾料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町) »

久しぶり珍味わたあえ … 立呑み「やきや」(荻窪)

珍味わたあえ


 今日の「やきや」には、まだ「珍味わたあえ」(200円)が残っていた。

 「珍味わたあえ」は、ゆでたイカゲソを、イカワタを、味噌と砂糖で味つけしたタレで和えたもの。

 大人気のつまみのひとつで、開店から30分ほどで売り切れてしまうことが多いのだ。

 このところ来るといつも売り切れてたので、私自身も「珍味わたあえ」を食べるのは久しぶり。

 さっそく「ホッピー」(320円)と「珍味わたあえ」を注文した。

 この「珍味わたあえ」。食べ終えたあとに、もうひとつの楽しみがある。

 「いかみみ刺身」(200円)または「いか刺身」(200円)をもらって、残った「珍味わたあえ」のイカワタのタレにからめていただくのだ。

 このとき、刺身に添えられているワサビを、イカワタのタレの中に練り込むのがポイント。タレの甘みに、ワサビの刺激が加わって、なんとも言われぬ絶妙な味わいになるのである。

 3杯めとなるナカ(焼酎おかわり、160円)をもらって、つまみには「いかなんこつ焼」(200円)を注文する。

 イカ軟骨というのは、ゲソのてっぺん。イカの胴の中に入っているコリコリとした部分。これを3切れずつ串に刺したものを2本、タレ焼きにしてくれる。

 この店は、八戸から直送されてくるスルメイカを、丸ごと仕入れているので、身、ミミ(エンペラ)、ナンコツ、ゲソ、イカワタと、スルメイカのすべての部位を、安価に楽しむことができるのだ。

 4杯めのナカには、「げそ揚げ」(200円)を合わせる。

 「げそ揚げ」は、調理を終えて、カウンター上のバットに盛られているものを、小皿に取り分けてくれるので、とにかく出が早い。

 最初に注文した「珍味わたあえ」もそう。これもカウンター上の大鉢にスタンバイされているものを小鉢についでくれるから出が早い。

 お通し代わりの1品めとして注文するのに、ちょうどいいのである。

 1時間ちょっとの立ち飲みタイム。ホッピーがソト1・ナカ4に、イカ料理4品で、お勘定は1,600円でした。どうもごちそうさま。

Img_0101a Img_0102a Img_0105a
いかみみ刺身 / 珍味わたあえの残りダレに / まぶしていただく

Img_0095a Img_0108a Img_0114a
ホッピー / いかなんこつ焼 / げそ揚げ

店情報前回

《平成29(2017)年3月23日(木)の記録》

|

« 塩漬け牛肉のパステウ … ブラジル料理「カフェ・ド・セントロ」(日比谷) | トップページ | パターンで締めくくる … 台湾料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65098685

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶり珍味わたあえ … 立呑み「やきや」(荻窪):

» テーブル席で座り飲み … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 仕事を終えたあと、職場の会議室で軽く飲む予定が、けっこうヘビーに飲んでしまい、荻窪駅に降りたったのは午後9時。  せっかくなので、もうちょっと飲んで帰りますかね。  南口側に出て、「やきや」へと向かうと、目の前を歩いていたおにいさんも、吸い込まれるように「やきや」に入っていった。  私もすぐそのあとに続いて店内へ。  満席に見える店内を、ずんずんと進んでいくと、立ち飲みカウンターの一番奥のほうに... [続きを読む]

受信: 2017.04.26 22:33

« 塩漬け牛肉のパステウ … ブラジル料理「カフェ・ド・セントロ」(日比谷) | トップページ | パターンで締めくくる … 台湾料理「第一亭(だいいちてい)」(日ノ出町) »