« 店情報: もつ焼「丸松(まるまつ)」(東中野) | トップページ | 今季最後の牛スジ煮込 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

牛煮込みのもつカレー … もつ焼「丸松(まるまつ)」(東中野)

ちょっとカレー


 野方「秋元屋」で、8年半の長きにわたり(しかもそのほとんどの期間を本店の店長として)修業を積んだ、松ちゃんこと、松浦辰也(まつうら・たつや)さんが満を持して独立し、さる平成29(2017)年3月24日に、JR中央線・東中野駅のすぐ近くに「もつ焼 丸松」を開店した。

 店内はカウンター10席ほどと小さいが、「秋元屋」同様に、入口の外に4人掛け×2卓のテーブル席と、入ってすぐ左手の、ちょっとデッドスペース的になっているすき間にも、角をはさむ2人掛けのテーブル席を用意して、全体としては20人ぐらいが入れる空間を作り出した。

 が、しかし!

 多くのみなさんが予想されていたとおり、開店するやいなや満席状態が続く大人気店となり、20席ではまったく足りない感じになってきた。さすがですねえ。

 今日は職場での飲み会を終えたあと、一人でふらりと立ち寄ってみた。

 店に着いたのは午後9時。この時間なら大丈夫かと思いきや、やっぱり満席である。

 ちょうど先客が帰るところだったようで、その席が片づけられるのを待って、ラッキーにも、入れ代わりで座ることができた。

 さっそく「ホッピーセット白」(400円)をもらうと、1巡めのつまみは「秋元屋」と同じく、小さな紙に書いて渡す仕組み。

 「れば」、「しろ」、「はらみ」(各120円)と、ホワイトボードに書き出されている「上みの」(220円)を、味付けは「おまかせ」と記入し、焼きものを待つ間用のつまみとして、「自家製ぬか漬」(300円)ももらうことにした。

 ねらい通り、あっという間に出てきた「自家製ぬか漬」は、にんじん、きゅうり、だいこんの3種盛り。これが古漬けのちょっと手前で、ちょうどいい具合に酸味も出ていて、とてもいい。

「この漬物はうまいねえ」と感想を伝えると、

「今日は、うまくいったんですよ」

 と謙遜気味に笑うのは、松ちゃんを手伝っているノリスくん。松ちゃんの同級生なんだそうな。店は松ちゃんとノリスくんの二人で切り盛りしている。

 基本的には松ちゃんが焼き台およびその周辺を担当し、それ以外をノリスくんがやる。仕込みのときには、松ちゃんの奥さんも加わっているらしい。

 そして出てきた焼きものは、なにしろ松ちゃんが焼いたんだから、間違いなくうまい。

 なかでも特筆ものが上みの! みの特有の強烈な弾力感が抑えられていて、ふんわりと軟らかい。

 ホワイトボードメニューなので、いつもはないかもしれないが、あれば必ず注文すべき逸品である。

 ソト1・ナカ3の、3杯めとなる「ナカ」(270円)をもらって、追加注文したつまみは、「ちょっとカレー」(100円)だ。

 松ちゃんの奥さんは、沼袋「たつや」の仕込みを7年ほど手伝っていたので、ここ「丸松」にも「もつカレー(パン付き)」(350円)がある。「ちょっとカレー」は、その少量版である。

 ど~れどれ。

 その「ちょっとカレー」の具のモツを一口いただいて驚いた。

「松ちゃん、このもつカレーって、牛シロを使ってるんだ?!」

「そうなんですよ。うちの奥さんのこだわりなんです。『やっぱり牛シロがうまい』って」

 わあ。でも高いよねえ、牛シロ。大ふんぱつだ。

 言ってみれば、「たつや」の「もつカレー」と、「鳥勝」の「煮込み(牛)」との融合体のようなものだ。すばらしい。

 2時間近くの酒場浴。席料100円に、消費税(外税)が加わって、今宵のお勘定は2,180円でした。どうもごちそうさま。

 次は絶対に普通サイズの「もつカレー(パン付き)」を食べなくっちゃ!

Img_0830a Img_0831a Img_0834a
ホッピーセット白 / 自家製ぬか漬 / はらみ

Img_0836a Img_0838aa Img_0838ba
れば / 上みの / しろ

店情報

《平成29(2017)年4月28日(金)の記録》

|

« 店情報: もつ焼「丸松(まるまつ)」(東中野) | トップページ | 今季最後の牛スジ煮込 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65255122

この記事へのトラックバック一覧です: 牛煮込みのもつカレー … もつ焼「丸松(まるまつ)」(東中野):

» たつやと鳥勝の融合?! … もつ焼「丸松(まるまつ)」(東中野) [居酒屋礼賛]
 前回から、私自身の大きな課題となっている「丸松」の「もつカレー」をいただくべく、東中野駅に降り立った。  店の前にこそ行列はできていないものの、店内はちょうど満席で、ひとり客でも入れない状態。 「しばらくこちらでお待ちくださいね」  と示してくれた、店の外に置かれた丸椅子に座って待つこと約5分。  男性ひとり客がお勘定をして席を立ち、その人との入れ替わりで店に入ることができた。  その席は、店主... [続きを読む]

受信: 2017.07.26 21:41

« 店情報: もつ焼「丸松(まるまつ)」(東中野) | トップページ | 今季最後の牛スジ煮込 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »