« 〔コラム〕八戸のあれやこれや | トップページ | 今夜は煮込みタンシタ … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) »

豚軟骨もつ煮込み登場 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷)

豚軟骨もつ煮込み


 いよいよ始まりました、豚煮込み(=豚軟骨もつ煮込み、324円)。

 豚軟骨たっぷり、根菜たっぷりの「川名」独自の豚もつ煮込みながら、豚軟骨の下処理が大変なので、煮込みがよく出る冬場はとてもやっていられない。

 そこで冬場は、こちらも美味しい牛すじ煮込みを出すようにして、夏場だけ、豚軟骨もつ煮込みが出るようになったのでした。

 その豚軟骨もつ煮込みが、今年も始まったってことですね。

 今日は最初から、豚軟骨もつ煮込みが目当てだったので、飲みものもホッピー(411円)を選択した。

 もつ煮込みには、やっぱりホッピーが合うと思うんだなあ。

「赤、黒、どっちにしましょう?」

 と聞いてくれる女将さんに、「赤」をお願いした。

 ここのホッピーは昔から、白・黒じゃなくて、赤・黒なのである。

 白・黒というのは、ホッピー(ソト)そのものの色合いのこと。じゃ、赤・黒は何かというと、ホッピー瓶の王冠の色なのである。白ホッピーには赤い、黒ホッピーには黒い王冠が付けられている。その王冠の色で区別してるんですね。

 でも、「白をお願いします」と返事しても通じるのでご心配なく。

 期待の豚煮込みはちょっとお預けしておいて、1品めのつまみには「昆布しめさば」(519円)をお願いした。

 この昆布しめさばで、ある程度空腹を満たしておいて、その後、じっくりと豚軟骨もつ煮込みを味わおうという狙いなのだ。

 すると、その昆布しめさばに合わせて、マスター(店主)が冷酒を1杯出してくれた。

「中に刻んだなまり節を入れてます。時間と共に味が変わってきますよ。〆サバのお皿にも、同じなまり節を添えてますから、そのままつまみでも食べてみてください」

 とのこと。これは嬉しい1杯ですね。

 なまり節入りの日本酒&ホッピーで、「昆布しめさば」をいただいたあと、ナカ(368円)をもらって、いよいよ満を持して「豚煮込み」(324円)である。

 煮込みは店頭の焼き台の横に置かれた煮込み鍋で、コトコトと煮込まれていて、注文するとあっという間にやってくる。

 ど~れどれ。

 おぉぉぉぉぉ~~~~~っ。豚軟骨もつ煮込みだ!

 やっぱり旨いなあ。

 他の具材もさることながら、皮付きの牛蒡が、いい味を出してるなあ。

 これから冬までの間に、なるべく何度もいただかなきゃね。

 そこへ、またまたサービスで出してくれたのは静岡産のワカメ。常連さんが持ってきてくれたんだそうな。

 ちょっと醤油をつけていただいてももちろん美味しいんだけれど、豚軟骨もつ煮込みの汁に、新鮮ワカメをちょいとつけて食べると、これがまたいい!

 2時間ほどの酒場浴。席料108円が加わって、今夜のお勘定は1,730円でした。どうもごちそうさま。

Img_0991a Img_0993a Img_0994a
「川名」 / ホッピー&お通しのみかん / 鰹節入りの冷酒

Img_0997a Img_1000a Img_1005a
昆布しめさば / ナカおかわり / 静岡の新鮮ワカメ

店情報前回

《平成29(2017)年5月7日(日)の記録》

|

« 〔コラム〕八戸のあれやこれや | トップページ | 今夜は煮込みタンシタ … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65311484

この記事へのトラックバック一覧です: 豚軟骨もつ煮込み登場 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷):

» ザーサイも野菜なんだ … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) [居酒屋礼賛]
 「川名」のホワイトボードに並ぶメニュー(=日替わりメニュー)の2番めに、「緑色ザーサイ」(173円)というのが書き出されている。  こんな位置に並んでいるからには、きっとおすすめの品に違いない。  そう考えて、その「緑色ザーサイ」を注文すると、まさに、あっという間に手元にやってきたザーサイは、ほとんどの部分が白くて、周辺にあたる部分のみが淡い緑色。  さっそくいただいてみる。  おぉ。ものすごく... [続きを読む]

受信: 2017.06.01 06:34

« 〔コラム〕八戸のあれやこれや | トップページ | 今夜は煮込みタンシタ … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) »