« 初めてのソブリメーザ … ブラジル料理「カフェ・ド・セントロ」(日比谷) | トップページ | 久しぶりのイカトンビ … 立呑み「やきや」(荻窪) »

たっぷりと鯛カブト煮 … 大衆割烹「和田屋(わだや)」(阿佐ヶ谷)

鯛のカブト煮


 会社帰りに、阿佐ヶ谷駅近くの「和田屋」である。

 うなぎの寝床のように奥に深い店内は、左手がL字のカウンター席で、右手の壁際にはテーブルが数卓ならんでいる。

 そして2階には、前回入った座敷席がある。

 月曜午後6時半というこの時間帯、1階は半分ほどの入り。いかにも近所の人たちらしき、年配の男性客が多いのが、なんだか安心できる。

 私は入口を入ってすぐの、L字カウンターの短辺に座った。

「いらっしゃいませ。お飲みものは?」

 とおしぼりを出してくれる女将さんに、サッポロとアサヒが選べる大瓶ビール(600円)を、サッポロで注文すると、あっという間にサッポロ黒ラベルがやってきた。

 さて、つまみは何にしようかな。

 看板メニューの「やきとん」は1本120円で、注文は2本から。そして名物は、前回もいただいた「当店自慢の牛煮こみ」(500円)。

 壁の黒板には、「本日のおすすめ品」として、カンパチ刺身(600円)、マグロ刺身(600円)、しめさば(600円)、ホタルイカ(500円)、焼穴子(600円)、豚角煮(500円)、小アジ南蛮漬(480円)、肉えのきバター(480円)、ニラオシタシ(380円)の9品が書き出されている。

 さらに、L字カウンターの長辺の上段には、何品かの大皿料理が並んでる。

 ここからは見えないので、立ち上がって大皿料理の近くまでいくと、カウンター内の厨房にいる大将が、

「こちらが鯛のカブト煮で、こってゃアユの塩焼き、……」

 と並んでいる料理を順番に説明してくれる。

「じゃ、鯛のカブト煮をお願いします」

 そう注文して、自分の席に戻る。

 大皿料理の値段はわからない(書かれていない)んだけど、メニューに並ぶ数多くの料理のなかで、もっとも高いのが刺身盛り合せの1,000円であることから勘案しても、びっくりするほど高いということは、まずないだろう。

 ちなみに店は店主夫妻と、その息子さんの3人で切り盛りしている。

 そして出てきた鯛のカブト煮は、鯛の中骨の上に、肉たっぷりのカマがのり、てっぺんに大きい鯛カブトがのせられていて、「これが1人前?」とびっくりするほどのボリュームである。

 ビールに続いては、成田(千葉県)の日本酒「仁勇」(400円)を、燗酒でいただく。

 鯛のカブト煮が残り少なくなったところで、燗酒をおかわりし、2品めのつまみを選択する。

 ボリュームたっぷりのカブト煮で、お腹はもう十分なので、さっぱりと軽めのものにしよう。

 「お新香」(350円)か、「ニラオシタシ」(380円)か。「わらびオシタシ」(400円)も季節ものでいいねえ。それにしても「オシタシ」という表記がおもしろい。

 お。「自家製塩らっきょう」(350円)がある。

『焼酎だと塩らっきょうが合うんだけど、燗酒にはどうだろう?』

 と思いつつも、その「自家製塩らっきょう」をいただいた。

 出てきた塩らっきょうは、塩っけがそれほど強くなくて、ちょっときつめのエシャロットのような感じ。

 う~む。この強烈さには、やっぱり焼酎だなあ。日本酒じゃ負けるね。

 ゆっくりと2時間ほどの酒場浴。今宵のお勘定は2,530円なり。

 ということは「鯛のカブト煮」は780円だったんですね。(ちなみに「アユの塩焼き」は750円のようでした。)

 どうもごちそうさま。

Img_1206a Img_1209a Img_1210a
大衆割烹「和田屋」 / 瓶ビール(大) / 鯛のカブト煮

Img_1214a Img_1228a Img_1224a
仁勇(燗酒) / カブト煮、完食! / 塩らっきょうで燗酒もう1本

店情報前回

《平成29(2017)年5月22日(月)の記録》

|

« 初めてのソブリメーザ … ブラジル料理「カフェ・ド・セントロ」(日比谷) | トップページ | 久しぶりのイカトンビ … 立呑み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65345270

この記事へのトラックバック一覧です: たっぷりと鯛カブト煮 … 大衆割烹「和田屋(わだや)」(阿佐ヶ谷):

« 初めてのソブリメーザ … ブラジル料理「カフェ・ド・セントロ」(日比谷) | トップページ | 久しぶりのイカトンビ … 立呑み「やきや」(荻窪) »