« 〔お知らせ〕「中野晴啓のはるラジ」に出演 | トップページ | 店情報: 南部民芸料理「蔵(くら)」(本八戸) »

焼きもの、いいですよ … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

焼き台の店主


 夕方になるのを待ちかねて自宅を出発すると、「すっぴん酒場」に到着したのは、まだ外も明るい午後5時。

 それでも店内には4人ほどの先客が立ち飲んでいるのがすばらしいなあ。

 今日もそうだけど、早い時間帯には、まだ開店準備が整っていないことも多い。

 いつものようにホッピー(黒のみ450円)をもらい、お通し(100円)として出されたポテマカサラをつまみながら、炭火がるのをゆっくりと待つ。

 これもこれで、早めの夕方ならではの楽しみなのだ。

 それにしてもこのところ、ポテマカサラを出してくれる店が増えたような気がする。

 ポテマカサラというのは、ポテトサラダとマカロニサラダをごっちゃ混ぜにしたよなサラダのこと。

 このメニューがあると、「ポテトサラダにしようか、それともマカロニサラダにしようか」と迷う必要がない。一度に両方を食べることができるのだ。

 このポテマカサラ・ブームは、西武新宿線沿線だけのことなんだろうか、それとも都内全域? あるいは日本中の大衆酒場でそうなのかな?

 そうこうしているうちに炭火も熾り、店主から「焼きもの、いいですよ」と声がかかる。

 私の後にも、二人ぐらいのお客さんがやって来たので、店内のお客は7人ほど。

 でも誰も、われ先にと焼きものを大量注文したりすることはしない。各自2~4本ずつ、つつましやかに注文する。

 焼き台の上には、最大でも十数本の串しか乗らないので、誰かが大量に注文すると、それより後で注文した人は、ずっと待っていないといけないからだ。

 今日のお客は、ベテランぞろいだな。

 そう感心しながら、私もレバ、シロ、チレを、それぞれ1本ずつ(各100円)注文した。

 いつだったか、同じように開店直後にこの店にやってきたら、なにかの会合帰りらしきおばさんの5人連れがやって来た。その内のひとりが、この店に来たことがあるようなのだ。

 その日も、開店準備がやや遅れていて、店主はまだ火を熾していた。

 しかし、そんなことにはおかまいなく、おばさんたちは、「タンを5本、ハツも5本、カシラも5本。レバ、いる人? ……。じゃ、レバは3本」と次々に注文を入れていく。

 「ショウガミョウガってなに? おもしろそうねえ。じゃそれも2本」、「ピータンピーマンっていうのもあるわよ。これも2本くださいな」などなどと、まだ炭火が熾る前なのに、すでに大量の焼きものの注文が入ってしまった。

 おばさんたちよりも先に店に入って、炭の熾りを待っていたのは、私も含めて5人ほど。

『今日は焼きものは、しばらく無理だな……』

 だれも声には出さないが、店内にはそんな空気が流れた。

 そしてある人は冷奴を注文し、ある人は味噌キュウリを注文し、ある人はセロリ漬けを注文しと、常連さんたちは焼きもの以外のつまみを注文する。私もこのときは煮込みをもらったものだった。

 まあでも、厨房の見えないチェーン居酒屋やファミレスなどが標準であれば、このおばさんたちのような注文の仕方のほうが普通なのかもね。

 その点、今日のお客は、みんなベテランだ。焼き台の空き具合も見ながら、空いたところでスパッと注文が入る。

 私も2巡めはコブクロ(100円)をもらい、3巡めにアブラニンニクとハラミナンコツ(各100円)、そして4巡めにタン、ハツ、カシラ(各100円)を焼いてもらって締めくくった。

 黒ホッピーはソト1・ナカ4。2時間ほど立ち飲んで、今日は1,950円なり。どうもごちそうさま。

Img_0953a Img_0955a Img_0957a
「すっぴん酒場」 / 黒ホッピー / お通しのポテマカサラ

Img_0962a Img_0963a Img_0966a
れば / ちれ / しろ

Img_0969a Img_0972a Img_0974a
こぶくろ / あぶらにんにく / ハラミナンコツ

Img_0976a Img_0980a Img_0982a
はつ / たん / かしら

店情報前回

《平成29(2017)年5月6日(土)の記録》

|

« 〔お知らせ〕「中野晴啓のはるラジ」に出演 | トップページ | 店情報: 南部民芸料理「蔵(くら)」(本八戸) »

コメント

順番があるんでちょっとお待ち下さいねというのはお店の人は言いにくいんですかね。

投稿: まんもす | 2017.05.18 21:51

初めて書き込みします。
女性の口コミ力は凄いけど、逆に悪い口コミを拡げる力も凄いですからね…(苦笑
常識的な事を言ってるとこっちは思っていても、勝手に『非常識な店』だと言われたりしますから〜。

投稿: きーきーたん | 2017.05.21 19:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65283299

この記事へのトラックバック一覧です: 焼きもの、いいですよ … やきとん「すっぴん酒場」(野方):

» もつ焼きが食べたくて … やきとん「すっぴん酒場」(野方) [居酒屋礼賛]
 仕事の帰り道。今日はなんだか「もつ焼き」が食べたくて、中央線の車内で、 『東中野の「丸松」にしようか、中野で降りて「石松」か、少し歩いて沼袋の「たつや」あるいは「ホルモン」に向かおうか、それとも高円寺で降りて野方の「秋元屋」か「すっぴん酒場」にするか。都立家政の「弐ノ十」は、中央線から歩いていくにはちょっと遠いよなあ』と迷いに迷う。  自分の「行きつけ」と思える店を挙げただけでも上のような状況で... [続きを読む]

受信: 2017.06.12 22:04

« 〔お知らせ〕「中野晴啓のはるラジ」に出演 | トップページ | 店情報: 南部民芸料理「蔵(くら)」(本八戸) »