« 組み合わせも美味しい … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | たっぷりと鯛カブト煮 … 大衆割烹「和田屋(わだや)」(阿佐ヶ谷) »

初めてのソブリメーザ … ブラジル料理「カフェ・ド・セントロ」(日比谷)

アッフォガード


 ソブリメーザ(Sobremesa)というのは、ポルトガル語でデザートのこと。

 ブラジルにいるときは、レストランに行くと必ずのようにソブリメーザをいただいたものだった。

 頭がツーンとなるほどの甘さが、ブラジルのソブリメーザの大きな特徴だったなあ。

 日本に帰ってきてからは、ソブリメーザをたのむことはなかったんだけれど、今夜はソブリメーザで〆とした。

 メニューに並ぶ5種類のソブリメーザから選んだのはアッフォガード(380円、以下すべて税別表記)。バニラアイスクリームにエスプレッソコーヒーをかけていただくデザートだ。

 さすがに日本のソブリメーザは、頭がツーンとくるほどの甘さはなくて、普通のアイスクリームの甘さと冷たさが、エスプレッソの苦みと熱さとの対比で際立つ。

 ここ「セントロ」にやってきたのは2ヶ月ぶり。

 例によって生ビール(プレミアムモルツ、500円)で乾杯し、料理はヤシの新芽(パウミット)や赤カブ(ベテハーバ)が入った「ブラジルMIXサラダ」(680円)、「タピオカ芋(マンジョッカ)のカリカリフライ」(580円)、「干し鱈のコロッケ(ボリーニョ・ジ・バカリャウ)」(6個500円)でスタートする。

 そして満を持して、「ピッカーニャ・グリル」(500グラムで3,200円)である。これは牛イチボ肉のステーキ。

 できたて熱々のところを切り分けて、ブラジルでは定番の、ビナグレッチ(野菜のマリネ)とファロッファ(タピオカ芋の粉)をかけていただく。これがうまい。

 飲みものも、キープしているカシャーサのボトルを出してもらって、カイピリーニャ(カシャーサのカクテル)に切り替える。

 さらにもう1品、「ムケッカ」(大、2,480円)をもらう。

 「ムケッカ」は、ブラジル風魚介鍋。魚介類を、パーム油とココナッツミルクで煮込んだものである。これをごはんにかけていただく。

 で、最後にソブリメーザのアッフォガードだ。

 午後6時20分から、「もう閉店しますよぉ~」と声がかかる、10時過ぎまで、3時間半以上も楽しんで、今夜のお勘定は3人で14,579円(13,500円+税、ひとりあたり4,860円)でした。どうもごちそうさま。

Img_1183a Img_1165a Img_1166a
「カフェ・ド・セントロ」 / 生ビールで乾杯 / ブラジルMIXサラダ

Img_1168a Img_1169a Img_1170a
タピオカ芋のカリカリフライ / 干し鱈のコロッケ / 生ビールをもう1杯

Img_1172a Img_1171a Img_1174a
ピッカーニャグリル500g / ビナグレッチ&ファロッファ / カシャーサ

Img_1177a Img_1178a Img_1182a
カイピリーニャ / ムケッカは / ごはんにかけていただく

Img_1187a Img_1189a Img_1193a
ソブリメーザのメニュー / アッフォガード / 今宵のメンバー

店情報前回

《平成29(2017)年5月19日(金)の記録》

|

« 組み合わせも美味しい … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | たっぷりと鯛カブト煮 … 大衆割烹「和田屋(わだや)」(阿佐ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65339879

この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのソブリメーザ … ブラジル料理「カフェ・ド・セントロ」(日比谷):

» カルニ・セッカのピザ … ブラジル料理「カフェ・ド・セントロ」(日比谷) [居酒屋礼賛]
 お店のおねえさんにすすめられて、はじめて「カルネセッカとクリームチーズのピザ」(842円、以下すべて税込表記)を注文してみると、これが大正解。すごく美味しくて、あっという間に食べ終えた。  カルニ・セッカ(カルネセッカ)と言うのは干した牛肉のこと。牛肉をよく食べるブラジルには、その保存のために昔から干し肉もよく作られていた。  大きく分けると、軽~く一夜干し程度に干したカルニ・ジ・ソウ(直訳する... [続きを読む]

受信: 2017.09.06 22:11

« 組み合わせも美味しい … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | たっぷりと鯛カブト煮 … 大衆割烹「和田屋(わだや)」(阿佐ヶ谷) »