« 馬刺を食べに餃子屋へ … 肉汁餃子製作所「ダンダダン酒場」(渋谷) | トップページ | 今も名前はちょい焼き … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) »

たっぷりとマーボ豆腐 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷)

マーボ豆腐


 なんだか無性に「川名」のマーボ豆腐(519円)が食べたくなって、帰宅途中に寄り道した。

 カウンター席の一角に腰を下ろしながら、生グレープフルーツサワー(411円)を注文し、お通し(サービス)のオレンジ2切れと共に飲みものを出してくれたところで、マーボ豆腐と、そのできあがりを待つ間のつまみとして、ほうれん草(173円)を注文した。

 予想どおり、ほうれん草はあっという間にやってきた。

 カツオ節がトッピングされ、ほうれん草の根っこに近い、赤くなった部分まで入っているのがいいんだな。醤油をサッと回しかけていただく。

 ほうれん草をつまみに、サワーを飲みながら待つこと約10分。一人用の土鍋にたっぷりと盛られた、熱々のマーボ豆腐がやってきた。

 一般的な麻婆豆腐と、ここ「川名」のマーボ豆腐はちょっと、いや、だいぶ違う。

 普通の麻婆豆腐は、花椒かしょう(カホクザンショウ)というスパイスの痺れるような辛さである「麻(マー)」味と、唐辛子のホットな辛さである「辣(ラー)」味の、相乗的な辛さが決め手の料理である。

 ところが「川名」のマーボ豆腐は辛くない。

 よーく見ると、唐辛子も少し入ってるんだけれど、「辛い」と感じるほどではない。

 見た目も、一般的な麻婆豆腐が「赤黒い」感じなのに対して、「川名」のマーボ豆腐は「黄褐色」というか「薄茶色」といった感じで、色合いが淡い。

 だから、最初はこれが麻婆豆腐だとは気がつかなかった。

 「川名」の常連さんの中にひとり、ものすごくマーボ豆腐が好きな人がいて、来るたびにいつもこれを食べていた。でも、私はそれがマーボ豆腐だとは分からなくて、

「いつも食べてる、その鍋は、なんていう料理なんですか?」と質問したら、

「これはマーボ豆腐です。けっこうボリュームがあるのに、帰るころには腹にたまっていない。カロリーも低くていいんだよ、これは」

 という答えが返ってきた。それがもう13年も前のこと。それ以来、ときどきこのマーボ豆腐を食べているのでした。

 当時380円だったマーボ豆腐が、今は519円と、37%ほど値上がりしているが、ボリュームもまた当時より多くなったように感じる。(あるいは私の胃袋のキャパシティが小さくなったのかも……。)

 マーボ豆腐1品で、生グレープフルーツサワーを2杯ほどいただくと、すっかり満腹になって、しかもちょうどいい酔い心地になるのである。

 それでいて、お腹にもたれないのも、ここのマーボ豆腐の大きな特長なのだ。

 マーボ豆腐をいただいたあと、店主がサービスで枝豆豆腐と日本酒(尾張 男山 大吟醸)を出してくれた。

 この枝豆豆腐。さっとオリーブオイルをかけただけなんだけれど、そのオリーブオイルの香りと味わいが素晴らしい。塩もいらんね。

 枝豆の青臭い感じと、オリーブのやわらかくフルーツっぽい香りの相性がいいんだなあ。

 ゆっくりと2時間弱の酒場浴。今宵のお勘定は1,622円なり。どうもごちそうさま!

(補足事項)4月から、焼き鳥・もつ焼きの値段が基本的に1本120円に統一(値上げ)されました。豚バラ、豚トロ、鳥中おち、鳥なんこつなどの、ちょっとスペシャルなものは130円に。皮にんにく、鳥軟骨つくねなど、もともと173円だったものは変わらず。手羽中は230円になりました。それに合わせてチキンセットも5本で600円、ニュートンセットも6本で720円になりました。詳しくは店情報をご確認ください。

Img_0677a Img_0678a Img_0681a
「川名」 / 生グレープフルーツサワー / ほうれん草

Img_0685a Img_0691a Img_0697a
マーボ豆腐 / 枝豆豆腐 / 尾張 男山 大吟醸

店情報前回

《平成29(2017)年4月19日(水)の記録》

|

« 馬刺を食べに餃子屋へ … 肉汁餃子製作所「ダンダダン酒場」(渋谷) | トップページ | 今も名前はちょい焼き … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65217353

この記事へのトラックバック一覧です: たっぷりとマーボ豆腐 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷):

» 今季最後の牛スジ煮込 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) [居酒屋礼賛]
「牛すじ煮込みは、今期は今日で最後です」  という、店を手伝っているおにいさんのひと声で、さっそくその牛すじ煮込み(324円)をいただいた。  前にも書いたとおり、「川名」には「牛すじ煮込み」と「豚軟骨もつ煮込み」という、2種類のもつ煮込みがある。  「川名」固有の煮込みは、実は「豚軟骨もつ煮込み」のほう。  「川名」でしか食べることができない、「川名」固有の煮込みは、前者の「豚軟骨もつ煮込み」の... [続きを読む]

受信: 2017.05.13 21:37

« 馬刺を食べに餃子屋へ … 肉汁餃子製作所「ダンダダン酒場」(渋谷) | トップページ | 今も名前はちょい焼き … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) »