« 早い時間はネタが多い … おでん「あさひや」(日ノ出町) | トップページ | シロコロの温かモツ刺 … 「福田フライ(ふくだふらい)」(桜木町) »

トルネードでホッピー … 「ホッピー仙人」(日ノ出町)

トルネード中の仙人


 おでん「あさひや」をあとに、横浜での2軒めは「ホッピー仙人」である。

 現在の時刻は午後7時半。

 「ホッピー仙人」は、毎晩7時から10時までの3時間だけの営業(日曜定休)。

 仙人ファンは、みんなこの時間帯を目指して、「ホッピー仙人」にやって来るのである。

 以前、「ホッピー仙人」のことを、『まるで階段の踊り場のようなお店』と書かせていただいた。

 1軒めをどっかで飲んで、2軒めに「ホッピー仙人」にやって来る。そしてここでホッピーを1~2杯飲んだら、3軒めの店へと出かけていくのである。

 つまり、1軒めと3軒めの間にある、ハシゴ酒の踊り場(2軒め)のような酒場として、「ホッピー仙人」にやって来る人が多いのである。

 でもこの時間帯、店内にいるのは、1軒めとしてこの店にやって来たビジネスマンの方たちばかりで、カウンター8席がちょうど満席になっている。

 大人気の「ホッピー仙人」は、踊り場の時間帯にやって来ると、グループでは入りにくいもんねえ。

 私はそのカウンターの背後で、立ち飲みをさせてもらうことにする。

「サーバーの白・黒、ビンの白・黒、ぜんぶあります」

 と、カウンターの中の仙人(=店主)から声がかかる。

 『サーバーのホッピー』というのは、よく冷えたジョッキに、定量の焼酎を入れたあと、樽詰めにしたホッピーを、生ビールサーバーを使って注いでくれるもの。生ビールサーバーの機能で、きめ細かいきれいな泡が立つのが大きな特徴だ。

 ひとりで来ても、白と黒のハーフ&ハーフを注文することができるのも、『サーバーのホッピー』の大きな特徴だ。

 これと同じホッピーを、『生ホッピー』と呼んでる店もあります。

 『ビンのホッピー』は、同じくよく冷えたジョッキに、定量の焼酎を入れたあと、瓶入りのホッピー1本を使って、その焼酎を割ってくれるもの。

 氷なしで、きっちりと1:5(焼酎:ホッピー)の比率で作られる「ホッピー仙人」のホッピーは、

「ホッピーって、こんなに美味しい飲みものなんだ!」

 ということを改めて認識させてくれる。

 ちなみに偶数人数で分け合うことができれば、『ビンのホッピー』でもハーフ&ハーフを注文することができる。

 『サーバーのホッピー』、『ビンのホッピー』のいずれを選んでも、ホッピーは1杯500円。

 今回は基本中の基本、『瓶白びんしろ』でお願いした。

 「ホッピー仙人」のホッピーが爆発的にうまい理由のひとつは、その注ぎ方にもある。

 ジョッキのフチに、ホッピーの瓶のやわらかく添えるようにして注ぎ始めると、次の瞬間にクルッと手首を返すようにして、ジョッキとホッピーの瓶の角度を切りかえる。

 するとジョッキの中に注がれるホッピーが、ジョッキの側面にそって渦を巻くように入っていくのである。

 ホッピーの中には炭酸分が入っているので、投入したあとに撹拌すると、その炭酸分が抜けてしまう可能性がある。

 かと言って混ぜないと、焼酎の成分が下のほうに溜まってしまって、ジョッキの上のほうと下のほうとで、焼酎の濃さが違うことになる。

 この問題を解消するために、仙人が10年ほどかけて生み出したテクニックが、このトルネード注ぎなのでした。

 3冷+トルネードで、きっちりと作ってくれた白ホッピーを、冷たいうちにググッといただいて、次へと向かう。

 ホッピー1杯で、30分弱の滞在。お勘定は500円なり。どうもごちそうさま。

 仙人に「行ってらっしゃい!」と見送られながら、ハシゴ酒の踊り場を後にした。

店情報前回

《平成29(2017)年5月25日(木)の記録》

|

« 早い時間はネタが多い … おでん「あさひや」(日ノ出町) | トップページ | シロコロの温かモツ刺 … 「福田フライ(ふくだふらい)」(桜木町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65368864

この記事へのトラックバック一覧です: トルネードでホッピー … 「ホッピー仙人」(日ノ出町):

« 早い時間はネタが多い … おでん「あさひや」(日ノ出町) | トップページ | シロコロの温かモツ刺 … 「福田フライ(ふくだふらい)」(桜木町) »