« 塩辛チーズでホッピー … 昭和酒場「ALWAYS(オールウェイズ)」(高円寺) | トップページ | 1年ぶりヤングコーン … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) »

山椒ピリリ!鰻肝佃煮 … 「ふみ屋」(阿佐ヶ谷)

珍味3種盛り


「これ、美味しいですねえ! 山椒がすごくよく効いてる」

「ありがとうございます。鰻の肝の佃煮です。山椒は、京都の実家から送ってもらったんです」

 と「ふみ屋」の店主。

 そうか。店主は京都のご出身だったんだ。

 京都はお土産に「ちりめん山椒」などもあるぐらいだからなあ。

 この「鰻の肝の佃煮」。「珍味3種盛り」(500円)を注文したら、その内の1品として登場したもの。単品(400円)でもメニューの載っている。

 ここ「ふみ屋」にやって来たのは、今年の元日以来、半年ぶり2回め。

 実は店の前は何度も通ってるんだけれど、外から見える店内は、とにかくいつも満席で、入りたくても入れないほどの大人気店なのだ。

 幸いにも(なのか?)今日は、早めの夕方からの長引く雨模様で、入口側の2、3席が空いている。ここぞとばかりに飛び込んだのだった。

 まずは「ホッピーセット」(400円)をもらってから、やおらメニューを確認する。

 この店の二大看板は、うなぎの串焼きと、豚のもつ焼き。この両者をいっぺんに食べることができる店を、私は他に知らない。

 さっそくその両者から始めることにして、うなぎ串焼きはキモ(250円)とヒレ(250円)を、豚のもつ焼きはレバー(130円)とシロ(130円)を、それぞれ味付けはおまかせで1本ずつ注文した。

 すぐに出されるお通しは厚揚げの小鉢。お通しは「席料」(200円)の中に含まれている。

 まず出てきたのは、もつ焼きのレバー。味噌焼きである。

 もつ焼きが130円というのは、近くにある「川名」や「四文屋 阿佐ヶ谷店」などと比べても高いんだけれど、出てきたもつ焼きを見ると納得する。

 一切れ一切れの豚もつがでかいのだ。この大きさから考えると、ちっとも高くはない。

 そしてうなぎ串焼きのヒレ。これはニラのまわりに、うなぎのヒレをぐるぐると巻きつけて焼いたもので、これもまたでかいっ!

 ひと串ごとのボリューム感が、「ふみ屋」の大きな特長なんだね。

 ナカ(ホッピーの焼酎おかわり、250円)をもらって、シロとキモである。

 さらにナカをもらって、冒頭でご紹介した「珍味3種盛り」を注文したのでした。

 その「珍味3種盛り」の、「鰻の肝の佃煮」以外の2品は、「塩辛」(単品350円)と「青のり」(単品350円)。

 これが本当に酒に合うつまみで、これだけでさらにもう1杯、ナカをおかわりした。

 カウンターには、釣り好きの常連さんたちがずらりと座って、釣り談議に花が咲いている。

 もともとは釣りをやっていなかった店主も、このお客さんたちにつられて(釣られて?)、すっかり釣り好きになってしまったそうだ。

 そう言えば店内のメニューにも、うなぎ串焼き、豚もつ焼に加えて、「本日のおすすめ」として、いわし(500円)、ネギトロ(500円)、真たこ(550円)、本まぐろ(600円)や、金目カブト煮(500円)といった魚料理も並んでいる。

 ゆっくりと2時間ほどの酒場浴。ホッピーがソト1・ナカ4で、今夜のお勘定は2,610円なり。どうもごちそうさま。

Img_1558a Img_1540a Img_1543a
「ふみ屋」 / ホッピーとお通し / レバー(豚)

Img_1544a Img_1545a Img_1546a
ヒレ(鰻) / シロ(豚) / キモ(鰻)

店情報前回

《平成29(2017)年6月5日(月)の記録》

|

« 塩辛チーズでホッピー … 昭和酒場「ALWAYS(オールウェイズ)」(高円寺) | トップページ | 1年ぶりヤングコーン … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65451284

この記事へのトラックバック一覧です: 山椒ピリリ!鰻肝佃煮 … 「ふみ屋」(阿佐ヶ谷):

« 塩辛チーズでホッピー … 昭和酒場「ALWAYS(オールウェイズ)」(高円寺) | トップページ | 1年ぶりヤングコーン … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) »