« ラッキョウ漬も大人気 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 店情報: おさかな本舗「たいこ茶屋」(馬喰町) »

1種ごとにお皿が1枚 … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政)

ずらりと小皿


 もともと「もつ焼き」は好きなんだけれど、このところ、さらにマイ「もつ焼き」ブームが止まらない。夏の暑さの影響なのか……!

 今日は都立家政の「弐ノ十」にやってきた。

 まずはホッピーセット(380円、以下すべて税抜き表記)を白でもらって、「レバ塩ねぎ」、「かしらみそ」、「テッポー正油」(各100円)を注文する。

 ここ「弐ノ十」の最大の特長は、もつ焼き1種類ごとに、1枚のお皿で出してくれること。

 私のように一人でやってきて、1種類を1本ずつ注文した場合にでも、1本ずつ、それぞれ1皿で出してくれるということに、頭が下がる思いだ。

 そのため、焼き台の前にはいつも、大量の小皿が山のように積み上げられている。

 こうして出してくれることで、塩、タレ、味噌、醤油などの味が混ざり合うことがなく、それぞれのもつ焼きの味わいを、たっぷりと堪能することができるのである。

 簡単なことのように見えて、こういう出し方をしてくれるところはあまりない。(私自身は他には知らない。)

 だって、1本ごとに新しい1皿を使うから、皿洗いだって大変だものね。

 さすがアキさん(=「弐ノ十」店主)の店だなあと、いつも感心しているのでした。

 ナカ(ホッピーの焼酎おかわり、250円)をもらって、次なるつまみとして、「きゅうりみょうが」(200円)が気になって、念のため確認してみる。

「アキさん、『きゅうりみょうが』ってどんな料理?」

「いや、料理ってほどのもんでもないんですけど、キュウリとミョウガを刻んで、チャチャっとあえたものです(笑)」

「それください!」

 ほぼ予想どおりだった。

 実はもう一つ想像したのは、もしかすると「すっぴん酒場」の「しょうがみょうが」のように、細く刻んだキュウリとミョウガを芯に、豚バラ肉を巻いて、それを焼き上げたものかもしれないということ。

 もしそうだったとしても、話のタネとして、絶対に注文してみてたけどね。

 3杯めとなるナカには、これまた大好物の煮豆腐(200円)を合わせる。ここの煮込みは、濃厚なコクが特徴。だからその鍋で一緒に煮込んだ豆腐も、これまたうまいのだ。

 4杯めとなるナカをもらったところで、本日の〆となる焼きものを検討する。

 この店はメニューも親切で、通常のカシラ、タン、ハツ、レバ、ナンコツ、チレ、……といった品名だけの列挙(味付けは各種選べる)の他に、ホワイトボードには、今日、最初に注文した、「レバ塩ねぎ」、「かしらみそ」、「テッポー正油」のように、『品名+おすすめの味付け』という表示もされているので、どんな味があるのかよく知らなくても、品物が選びやすいのだ。

 そんな中から、「ハツスパイシー」と「ナンコツたれ」(各100円)を注文すると、ナンコツはこれでヤマ(売り切れ)になった。危なかったなあ。

 そんなわけで今日は、塩ねぎ、みそ、正油、スパイシー(塩コショウ)、たれ、という5種類の味を楽しむことができました。

 2時間ちょっと楽しんで、今夜のお勘定は2,190円でした。どうもごちそうさま。

Img_3062a Img_3063a Img_3064a
「弐ノ十」 / ホッピーセット(白) / レバ塩ねぎ

Img_3066a Img_3068a Img_3069a
かしらみそ / テッポー正油 / きゅうりみょうが

Img_3072a Img_3075a Img_3077a
煮豆腐 / ハツスパイシー / ナンコツたれ

店情報前回

《平成29(2017)年7月23日(日)の記録》

|

« ラッキョウ漬も大人気 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 店情報: おさかな本舗「たいこ茶屋」(馬喰町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65589424

この記事へのトラックバック一覧です: 1種ごとにお皿が1枚 … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政):

« ラッキョウ漬も大人気 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) | トップページ | 店情報: おさかな本舗「たいこ茶屋」(馬喰町) »