« 店情報: お食事処「島田屋(しまだや)」(川崎) | トップページ | 店情報: 中華料理「海月」(川崎) »

チキンヤーンって何? … お食事処「島田屋(しまだや)」(川崎)

チキンヤーン定食


 初日の研修を終えて、ホテルに戻ってきたのは午後8時半。

 研修を受けに来る人のほとんどがサラリーマンなので、なるべく短期間(短い日数)で済ませようとしてくれているのか、1日あたりの研修時間がとても長いのだ。

 こんな時間からの夕食だが、川崎駅周辺ならば大丈夫。

 昨晩行った大衆酒場&大衆食堂の「丸大ホール」だって午後10時までの営業だし、「吉野家」、「松屋」、「すき家」、「日高屋」、「リンガーハット」などをはじめとする、24時間営業の店も多い。

 もちろん24時間営業のコンビニも多いので、受講者の中には近くのコンビニで弁当を買って済ませる人もいる。

 私は今日は、川崎駅近くの昭和50(1975)年創業の食堂、「島田屋」に向かうことにした。

 「島田屋」は、朝6時から、深夜0時まで、中休みなしの18時間営業(人手不足により日曜日だけは午後5時閉店)。しかもほぼ年中無休である。

 店内は変形L字の、横に長~いカウンター18席と、4人掛けのテーブルが2卓の、合計26席。

 ほぼカウンター席中心で、ほとんどのお客さんが男性ひとり客。ビールやお酒を飲んでいる人はおらず、みなさん、黙々と定食を食べている。

 奥のテーブル席には、男性二人が座り、酒盛り中だ。

 私は今夜も、まずは瓶ビール(中瓶のみ500円、以下すべて税別表記)をもらってメニューを確認する。

 メニューは定食が主体で、もっとも安い納豆定食(500円)から、いちばん高いのはアイナメ煮魚定食(とうふと小鉢が付いて1,100円)まで、25品ほど。最多価格帯は800円で、毎日の仕入れによってメニューは変わるようだ。

 一品料理ももちろんあって、冷しトマト(300円)、冷やっこ(200円)、目玉焼き(250円)、玉子焼き(300円)、マカロニサラダ(200円)、きんぴらごぼう(300円)、おひたし(350円)、ごまあえ(350円)などなど。

 飲みものは、ビール、お酒、焼酎、ウイスキーの他、自家製の果実酒と、必要最小限といった感じだ。

 そんな中から、今日は『当店名物・一日限定20食』と特記されている「チキンヤーン定食」(800円)を注文した。

 「チキンヤーン」のところには、「鶏肉スパイシーステーキ」という説明書きも付いている。

 タイに「ガイヤーン」という焼き鳥料理があるらしい。「ガイ」は鶏肉で、「ヤーン」は炙り焼くこと。英訳すると、グリルド・チキンである。

 この、タイ語の「ガイ」を、英語の「チキン」に変えて、「チキンヤーン」となったのかもね。

 他の店では見たことがない、「島田屋」独自の料理名だ。

 待つことしばし(割と早い)。「おまたせしました」と出てきたこれが、初めてお目にかかる「チキンヤーン」か!

 カレー皿あるいはスープ皿風の丸皿の上に、一口大よりはちょっと大きい、唐揚げ大ぐらいの大きさにカットされ、グリルされた鶏肉がごろごろと置かれている。

 横に千切りキャベツが添えられているものの、お皿の底にはべっとりと油がたまっており、かな~り脂ギッシュな感じに仕上がっている。

 さっそくその一切れを箸でつまみ、一口かじってみる。

 おぉ~っ。たしかにスパイシーだ。しかも見た目ほどは脂っこくない。

 これはビールに合うね!

 鶏肉をまずごはんの上に載せて、ある程度、ごはんに油を吸わせてから食べると、さらにうまい。そして油を吸ったごはんが、これまたうまいっ!

 いいじゃないですか、これは。

 唯一の欠点は、ビールが進み過ぎることだけ。

 この定食には小鉢の冷やっこと、小皿の漬物も付いているので、つまみが多いのだ。

 チキンヤーンに加えて、さらにこれだけのつまみを目の前にして、飲みものがビールの中瓶1本だけというのは、まるで拷問のような仕打ちである。

 しかし、この後まだ大量の研修の宿題にも取り組まないといけないので、グイグイと飲むわけにもいかないのだ。実につらいのぉ……。

 つまみの一口ごとに、ビールをグイッといきたいところを、ぐっと抑えてチビリチビリ。

 今夜もなんとか定食とビール1本をバランスよく食べ終え、飲み終えた。

 さっくりと30分ほどの晩酌タイム。今宵のお勘定は消費税(10円未満切り捨て)が付いて、1,400円でした。どうもごちそうさま。

Img_2630a Img_2639a Img_2634a
定食「島田屋」 / 今日のメニュー / チキンヤーン

店情報

《平成29(2017)年6月26日(月)の記録》

◇   ◇   ◇

天玉そば


 研修2日目の朝食は、立喰そば「新八」の「天玉そば」(400円)である。

 この店には「朝定食」(390円)もあるんだけれど、これは「かけそば」+「卵かけごはん」、もしくは「かけそば」+「おにぎり」+「ゆで卵」というセット。

 昨日に続いて、「ごはんもの」よりは、やっぱり「天玉そば」に引かれて、通常メニューの「天玉そば」を選択したのでした。

 ここ「新八」は、もともと「どん八」というグループから独立した個人店。朝6時から、夜9時まで(土日祝は午後2時まで)、年中無休の営業です。

Img_2642b Img_2643b Img_2640b
立喰そば「新八」 / 朝定食 / そばメニュー

《平成29(2017)年6月27日(火)の朝食》

|

« 店情報: お食事処「島田屋(しまだや)」(川崎) | トップページ | 店情報: 中華料理「海月」(川崎) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65556101

この記事へのトラックバック一覧です: チキンヤーンって何? … お食事処「島田屋(しまだや)」(川崎):

« 店情報: お食事処「島田屋(しまだや)」(川崎) | トップページ | 店情報: 中華料理「海月」(川崎) »