« 87歳、おめでとう! … 酒房「北国(きたぐに)」(中野) | トップページ | 店情報: 炭火串焼「テング酒場」(麹町) »

イカ棒は値段据えおき … 立呑み「やきや」(荻窪)

いかしょうが棒


 仕事を終えて、荻窪の「やきや」に到着したのは午後6時半。週の始めから、店内はほぼ満員である。

 空いているすき間に入れてもらって、ホッピー(白のセット、320円)と「珍味わた和え」(200円)からスタートする。

 「珍味わた和え」は、ゆで冷ましたイカゲソを、甘めに味付けしたイカワタで和えたもの。刻みネギをちょっとのっけて出してくれる。

 イカワタの濃厚なコクと甘み。イカゲソの弾力感。すぐに売り切れる人気の品である。

 ナカ(ホッピーの焼酎おかわり、160円)をもらって、2品めは「イカトンビ」(200円)を注文した。

「イカトンビがあるときに、上手じょうずに来るわねえ(笑)」

 と女将さん。イカトンビは、時々しか登場しないつまみなんだけど、たまたま前回も今回も、メニューに登場していたのである。

 さらにナカをもらって、今日の3品めとしていただいたつまみは「いかしょうが棒」(200円)、通称・イカ棒だ。

 イカ入りで、棒状に加工したさつま揚げを、注文を受けてから炙って、おろし生姜を添えて出してくれる。

 この店のイカ料理が、すべて170円だった時代から、イカ棒は200円だった。

 以前は、この店の料理を紹介するときに、「料理がほぼ全品170円」と、微妙な紹介の仕方をしていたものだった。「料理は全品170円!」と言い切れなかった原因が、このイカ棒(200円)と、〆サバ(270円)の存在だったのである。それ以外は、すべて170円だった。

 去年のイカ不漁で、イカ料理の値段が200円に上がり、イカ棒の値段は200円のまま据え置かれたために、イカ系の料理は全品200円に統一されたのでした。

 最後にもう1杯、ナカをもらって、ソト1ナカ4。1時間40分ほど楽しんで、今日のお勘定は1,400円でした。どうもごちそうさま。

Img_1732a Img_1724a Img_1727a
「やきや」 / 珍味わた和え / イカトンビ

店情報前回

《平成29(2017)年6月12日(月)の記録》

|

« 87歳、おめでとう! … 酒房「北国(きたぐに)」(中野) | トップページ | 店情報: 炭火串焼「テング酒場」(麹町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65494150

この記事へのトラックバック一覧です: イカ棒は値段据えおき … 立呑み「やきや」(荻窪):

» ブラックニッカ水割り … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 最近は、なるべくハシゴ酒をしない飲み方を心がけてるんだけど、金曜日と土曜日は別。羽目を外してハシゴ酒である。  西荻窪駅北口の「晩杯屋」からスタートして、南口の「みちのくらさん」へとまわり、荻窪の「やきや」にやって来ました。  店に着いたのは午後9時20分。「やきや」は10時までの営業なので、あと40分だ。  40分だと「ホッピー」(薄く入れてソト1・ナカ3、濃く飲むとソト1・ナカ4)は飲み切れ... [続きを読む]

受信: 2017.07.24 22:24

« 87歳、おめでとう! … 酒房「北国(きたぐに)」(中野) | トップページ | 店情報: 炭火串焼「テング酒場」(麹町) »