« 店情報: やきとん「鶴松(つるまつ)」(新橋) | トップページ | 人間ドックのその後で … うなぎ「川勢(かわせい)」(荻窪) »

七輪で自分たちで焼く … やきとん「鶴松(つるまつ)」(新橋)

生ロースは10秒で


 サラリーマンの街、そして呑兵衛タウンとして知られる新橋なのだが、実は意外に高くつく酒場が多い。

 そんな中、今日、料理研究家の伊野由有子(いの・ゆうこ)さんに連れてきてもらった「やきとん鶴松」は、本格的に安い!

 我われ5人は、まずは生ビールで乾杯したんだけれど、この中ジョッキの生ビールが、ハッピーアワーで290円(以下、価格はすべて税別表記)だ。しかもそのハッピーアワーが、開店時刻の正午から、午後7時まで、7時間も続くというんだから、ありがたいではありませんか。

 それ以降、閉店する深夜0時までの5時間が、通常価格に戻るんだけど、その通常価格だって490円だ。

 生ビールのみならず、ハイボール、チューハイ、ウーロンハイなども、営業時間全体を通して1杯290円と、これまた安くてありがたい。

 「やきとん鶴松」という店名のとおり、この店の売りは『やきとん』。しかし串焼きではなくて、焼き肉屋さんのように、お皿で出される生肉(生もつ)を、自分たちで焼いていただくスタイルである。しかも七輪での炭火焼きだ。

 まず注文したのはタン(塩、390円)、カシラ(ニンニク醤油、350円)、レバ(ニンニクゴマ油、390円)。味付けはすべて伊野さんが指定してくれたもの。それぞれ2人前ずつ注文すると、5人がひとり2切れずつぐらい食べることができた。

 焼きを待つ間の「合いの手」用のつまみとして、酢もつ(350円)、マカロニサラダ(290円)、もやしナムル(290円)ももらう。

 メニューの数は、焼きものが12品、その他のつまみが7品の、合計19品とそれほど多くないのだが、きっちりと呑兵衛好みのする品々がそろっている。

 生ビールをグイグイとおかわりしながら、牛ホルモン(ポン酢、490円)、上ミノ(辛味噌、590円)、下田さん家の豚(塩、500円)を、これまたそれぞれ2人前ずつ追加注文する。

 その間にも、次々にお客さんがやってくるのだが、残念ながら予約のないお客さんは入れない。でも、すべての予約は2時間制なので、少し待てば空く。多くのお客さんは、その場で今日の1~2時間後ぐらいの時間帯を予約していた。

 飲みものメニューの中に、『ホッピーセット(白・黒・レモン)390円』というのがある。白・黒は当たり前として、レモンってなんだ?!

 すぐに伊野さんが、そのホッピーセットのレモンを注文し、

「阿佐ヶ谷の『丸山』のように、ホッピーにレモンスライスを入れて出してくれるのかなあ?」

「『ホッピー仙人』の『堀越さん』みたいな、ホッピーカクテルなのかもね」

 などと推測しながら待つことしばし。

 出てきたのは、ごく普通のレモンサワーだった(爆)。

 ただし、メニューにあるレモンサワー(330円)は、サワーグラス1杯のレモンサワーが出されるのに対して、ホッピーセット・レモン(390円)は、レモンサワーの素が瓶のまま出される。ホッピーと同じように、ナカとソトという形だ。なので、あとでナカ(190円)をもらって、もう1杯、レモンサワーを飲むことができる。

 1杯めのセットと、2杯めのナカで、合計580円なので、1杯あたり290円。2杯分で考えると、単発で注文するレモンサワー(330円)よりも安くなるのでした。

 最後に「本日のお楽しみ」(990円)という、日替りの焼きものを2人前注文すると、出てきたのは、見るからに美しい牛の生ロースだった。

「サッと炙る程度に片面だけ焼いて、こちらのタレをつけてお召し上がりください」

 と、生卵の黄身が入ったタレを出してくれる。

 な~るほど。「炙りユッケ」のようになるわけですね。

 この「炙りユッケ」が、これまた美味いこと、美味いこと。ラストを飾るのにぴったりの逸品でした。

 今日のメンバーのひとり、宇ち中うちちゅうさんは、さっそく次回の予約を入れていた。

 予定どおり、たっぷりと2時間楽しんで、今日のお勘定は5人で15,120円(ひとり当たり3,024円)なり。

 飲み食いした質と量に対して、ものすごく安いと感じたお勘定でした。

 いいお店をご紹介いただき、ありがとうございます。必ずまた来ます!>伊野さん

Img_1664a Img_1634a Img_1636a
「鶴松」 / タイムサービスの生ビール / タン(塩)

Img_1637a Img_1638a Img_1639a
もやしナムル / 七輪で炭火焼き / マカロニサラダ

Img_1641a Img_1642a Img_1644a
酢もつ / レバ、カシラ / ニンニクゴマ油、ニンニク醤油

Img_1646a Img_1649a Img_1650a
牛ホルモン / 下田さん家の豚 / 上ミノ(辛味噌)

Img_1655a Img_1659a Img_1660a
本日のお楽しみ(生ロース) / 卵黄ダレでいただく / 本日のメンバー

店情報

《平成29(2017)年6月10日(土)の記録》

|

« 店情報: やきとん「鶴松(つるまつ)」(新橋) | トップページ | 人間ドックのその後で … うなぎ「川勢(かわせい)」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65522137

この記事へのトラックバック一覧です: 七輪で自分たちで焼く … やきとん「鶴松(つるまつ)」(新橋):

» 目指せ12種全品制覇 … やきとん「鶴松(つるまつ)」(新橋) [居酒屋礼賛]
 銀座「ロックフィッシュ」から歩いて10分弱。やってきたのは『自分たちで七輪で焼く』タイプのホルモン焼きの人気店、「鶴松」だ。  予約していた席に案内されて、まずはタイムサービスの生ビール(290円、以下価格はすべて税別表記)をもらって乾杯し、焼き上がりを待つ間のつまみとして、酢もつ(350円)とマカロニサラダ(290円)を注文。そしておもむろに「焼きもの」のメニューを選ぶ。  この店の「焼きもの... [続きを読む]

受信: 2017.08.02 22:00

« 店情報: やきとん「鶴松(つるまつ)」(新橋) | トップページ | 人間ドックのその後で … うなぎ「川勢(かわせい)」(荻窪) »