« 餃子は51種の選択肢 … 中国家庭料理「一味玲玲(いちみりんりん)本店」(新橋) | トップページ | 店情報: お食事処「島田屋(しまだや)」(川崎) »

アジフライ定食で飲む … 「丸大ホール(まるだいほおる)」(川崎)

アジフライ定食でビール


 4月に新しい職場に移ってから2度めの、川崎での合宿研修である。

 前回(4月中旬)は、なにしろ初めてのことだったし、1週間丸ごと(月~金)の合宿研修だったということもあって、きっぱりと断酒して、きびしい1週間を送ったものでした。

 今回は月~水の3日間なので、気分的にも楽。

『夜は、せめてビールの1本も飲んで、むしろストレスを開放することにするか!』

 そんな方針を勝手に打ちたてて、前泊の今日、ホテルにチェックインして、荷物を置くなり、川崎駅近くの大衆酒場&大衆食堂「丸大ホール」にやって来た。

 前に来たのが、平成25(2013)年11月のことなので、実に4年半ぶりである。

 日曜日ながら、店内はおおぜいのお客さんでにぎわっていて、「予約席」という札が置かれた1テーブル以外は、すべてお客さんが入っている状態。

 近くにいた店のおばちゃんに「ひとりです」と声をかけると、「こちらにどうぞ」と、6人掛けに、男性2人の先客がいるテーブルに案内してくれた。

 でも、これでいっぱい、いっぱいというわけではなくて、今日は奥の小上がり座敷は使っていないようだ。

 ホールはおばちゃん3人ほどで切り盛りしている。その内のひとりに、まずは大瓶ビール(600円)を注文すると、「キリンでいい?」という質問。「はい、キリンで」。近くに横浜工場(鶴見区生麦)があるしね。

 大瓶ビールは、お通し(サービス)の「茎わかめ」と一緒に出してくれた。

 それと同時に、取り皿っぽい丸皿と、醤油皿っぽい小皿も出してくれんだけど、この2枚は最後まで使わなかった。新しいお客さんが入ってくるたびに、この2枚のお皿のセットは必ず出されるようだ。

 さて、つまみ。

 目玉焼き(350円)、玉子焼(350円)、冷しトマト(300円)、おひたし(300円)、納豆(200円)、おしんこ(300円)、野菜炒め(400円)、タコブツ(350円)、〆サバ(450円)、まぐろブツ(450円)、まぐろぬた(450円)といった定番のつまみに加えて、日替りの短冊メニューには、なすみそ炒め(350円)、アジ刺(350円)、サンマ刺(400円)、クジラ刺(450円)、カツオ刺(500円)なども並んでいる。

 「カレー具」(350円)という、カレーライス(500円)の頭の部分だけもある。

 しかしながら、こういうつまみから入ると、けっきょく2本、3本と飲んでしまう可能性が高いので、今日は始めから定食メニューでいくことにする。

 これが大衆酒場でもあるけど、大衆食堂でもある店のいいところだ。定食メニューも充実しているのである。

 メニューには、モツ煮込み定食(550円)、サバみそ定食(600円)、しょうが焼き定食(600円)、まぐろブツ定食(600円)、かきフライ定食(700円)などの定番の定食メニューが並んでいるほか、すべての料理に+200円することで、ごはんとミソ汁が付く定食になるのだ。(半ライスの場合は+170円)。

 そんな中から、今日は「アジフライ定食」(600円)を注文した。

 茎ワカメをつまみながら、待つことしばし。

 揚げたてのアジフライ(櫛切りレモン、千切りキャベツとポテトサラダ付き)と、ごはん、みそ汁、タクアン漬けがやってきた。

 これよこれ!

 単品でアジフライを食べるときよりも、少し多めにウスターソースをかけて、熱々ごはんの上に、トントンとバウンドさせては、シャクッとひと口、アジフライをかじって、冷たぁ~いビールである。

 で、そのソースがちょっと染みたごはんもいただく。うまいのぉ!

 ビールとアジフライ、ごはん、みそ汁、タクアン、茎ワカメなどを、ちょうどいいバランスで食べ終えて、満足満足。

 1時間ほど楽しんで、今日のお勘定は1,200円でした。どうもごちそうさま。

Img_2088a Img_2082a Img_2084a
「丸大ホール」 / 大瓶ビールとお通しの茎ワカメ / アジフライ登場!

店情報前回

《平成29(2017)年6月25日(日)の記録》

◇   ◇   ◇

天玉わかめそば


 一夜明けて月曜日。今日から3日間の研修開始である。

 宿泊先のホテルには朝食は付いていないので、すぐ近くの「ゆで太郎」に朝ごはんを食べに出かける。

 「ゆで太郎」の朝ごはんメニューは5種類ぐらいあるんだけれど、「朝そば(玉子)」(330円)をいただくことが多い。

 これは、朝だけの特別価格にした「天玉そば」あるいは「わかめ玉そば」で、温かいの、冷たいのが選べる。

 さらに玉子も、「生卵」「ゆで卵」「温玉」の3種類から選べるのがうれしい。

 4月の研修のときにも、ここで「朝そば」を食べ、そのときに、ときどき配布している「無料トッピング券」をもらった。その期限がちょうど今月末だ。

 なので、「朝そば」は、「天玉そば」の「生卵」を選択しておいて、「無料トッピング券」で「わかめ」を追加した。

 これで「天玉わかめそば」になった。

 さあ、今日から3日間、がんばろう!

Img_2617b Img_2612b Img_2614b
「ゆで太郎」 / 朝ごはんメニュー / 朝そば(玉子)+わかめ

《平成29(2017)年6月26日(月)の朝食》

|

« 餃子は51種の選択肢 … 中国家庭料理「一味玲玲(いちみりんりん)本店」(新橋) | トップページ | 店情報: お食事処「島田屋(しまだや)」(川崎) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65546326

この記事へのトラックバック一覧です: アジフライ定食で飲む … 「丸大ホール(まるだいほおる)」(川崎):

« 餃子は51種の選択肢 … 中国家庭料理「一味玲玲(いちみりんりん)本店」(新橋) | トップページ | 店情報: お食事処「島田屋(しまだや)」(川崎) »