« 店情報: 炭火串焼「テング酒場」(麹町) | トップページ | 横に寝かせたハシゴ酒 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

大衆酒場もチェーン化 … 炭火串焼「テング酒場」(麹町)

炭火串焼


「ちょっと飲んで帰ろうよ」

 仕事終わりにそんな話が出て、同じ職場の仲間と3人で、「テング酒場」にやってきた。

 「ちょっと飲もう」というときに、うちの職場でよく利用している酒場なんだそうな。

 店名からも推測できるとおり、「天狗」を経営する大手居酒屋チェーン、テンアライド株式会社が展開する業態の一種で、『居酒屋の原点回帰』をうたい文句に、『仕事帰りのちょい呑み感覚で、つい立ち寄りたくなる安さ、旨さ、気軽さ』を目指したものらしい。

 さっそくホッピーセット白(380円、以下すべて税別表記)をもらって乾杯し、つまみには自家製もつ煮豆腐(320円)、枝豆(290円)、ポテッと野菜の大盛サラダ(390円)、さらには焼き鳥を何本か焼いてもらう。

 焼き鳥は、鶏レバ、ねぎま、砂肝、ぼんじり、かわなどの「鶏串」と、たん、はつ、豚レバ、かしら、はらみ、しろなどの「豚串」があって、1本80円と安い。

 ホッピーの焼酎の量が60mlと少ないのが、呑兵衛にとっては少しもの足りないところだ。ナカ(ホッピーの焼酎おかわり、200円)も60mlだ。

 90mlぐらいがちょうどいいんだけどなあ。

 うちの職場は四ツ谷駅、麹町駅、赤坂見附駅の3駅を頂点とする三角形の重心の位置あたりにあって、どの駅に出るにも10分ほどかかる。

 まさに都心といった感じのいい場所なんだけど、残念ながら古くから続いている大衆酒場が近くにないんだなあ。かろうじて、四ッ谷駅の反対側にスタンディングルーム「鈴傳」があるぐらいか。

 4月にこの職場にやってきた当初は、『飲むところに困るんじゃないかなあ』と心配したものだが、これは要らぬ心配だった。

 サラリーマンのいるところに酒場あり。

 老舗大衆酒場こそない(見つけられない)ものの、ここ「テング酒場」のように、それに代わる、安くて、そこそこいけるチェーン居酒屋がけっこうあったりして、職場の仲間と飲むには困らないのである。(さすがに「ひとり呑み」には、あまり適していないと思うけど……。)

 さらに、さつま揚げ(340円)や、昔ながらのハムカツ(290円)、出し巻き玉子(290円)などを追加注文して飲んだあと、麺好きのMさんは「鶏だしラーメン(小)」(290円)を、Aさんは「ソース焼そば」(360円)を、〆の炭水化物を控えている私は「鶏スープ」(50円)をもらって〆とした。

 お勘定は3人で6,600円(ひとり2,200円)ほど。

 となりのテーブルのおねえさんたちが食べていた、その場で作る「鶏釜飯」(390円)も美味しそうだったなあ。

Img_1454a Img_1455a Img_1458a
ホッピーセット / 自家製もつ煮豆腐 / ポテッと野菜の大盛サラダ、枝豆

Img_1463a Img_1465a Img_1467a
出し巻き玉子 / さつま揚げ、昔ながらのハムカツ / 鶏だしラーメン、ソース焼そば、鶏スープ

店情報

《平成29(2017)年6月1日(木)の記録》

|

« 店情報: 炭火串焼「テング酒場」(麹町) | トップページ | 横に寝かせたハシゴ酒 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65502341

この記事へのトラックバック一覧です: 大衆酒場もチェーン化 … 炭火串焼「テング酒場」(麹町):

« 店情報: 炭火串焼「テング酒場」(麹町) | トップページ | 横に寝かせたハシゴ酒 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »