« 人間ドックのその後で … うなぎ「川勢(かわせい)」(荻窪) | トップページ | 店情報: 中国家庭料理「一味玲玲(いちみりんりん)本店」(新橋) »

まずは冷製盛り合わせ … やきとん「たつや」(沼袋)

冷製盛り合わせ


 久しぶりにやって来たのは、「沼たつ」(=沼袋「たつや」の略称)である。

 4月以降、JR中央線通勤になったため、西武新宿線沿線の行きつけの酒場に、なかなか行くことができていないのでした。とってもごめんなさい。

 さっそくホッピーセット(400円、以下すべて税別表記)を白でもらって、つまみは「冷製盛り合わせ」(500円)からスタート。

 「冷製盛り合わせ」は、豚もつ刺身のこと。とは言うものの、今は生もつは出せないので、茹でて冷やしたもの。今日は、レバ、ガツ、コブクロの3種盛りである。

 もつ焼きや煮込みもさることながら、この冷製も、「沼たつ」に来たら、ぜひ食べてもらいたい一品だ。新鮮な豚もつの美味さがよく分かる。

 ナカ(おかわり焼酎、250円)をもらって、2品めのつまみは、「沼たつ」の名物中の名物、「もつカレー」(パン付き、400円)だ。

 ほんの7年ほど前まで、豚もつのカレー煮込みは難しいと言われてて、首都圏ではかろうじて「文福」(武蔵小杉)や「ぼんそわ」(新橋)で食べられるくらいだった。

 簡単にいうとカレーの具材が豚もつになったものなんだけど、これをクセなく、美味しく仕上げるのが難しかったみたいなんですねえ。

 それを、たっつん(=沼たつ店主・藤井龍成さん)がいろいろと工夫して、この店のレギュラーメニューとして出してくれるようになってから、いつでも食べることができる、すごく身近な存在になったのでした。

 さらにナカをもらって、店主が沖縄から仕入れてきた「海ぶどう」(250円)を注文すると、これが最後の1人前だった。プチプチ感と、ちょうどいい塩っけがいいね。

 そしていよいよ満を持して、ハラミみそ、テッポウしょうゆ、シロたれ(各1本110円)を注文する。ここに来たら、やっぱり「やきとん」(=豚もつ焼き)も食べなくちゃね。

 焼きあがったところで、4杯め(ソト1・ナカ4)のナカをもらう。

 ゆっくりと2時間ちょっとの酒場浴。席料100円に、外税(10円未満切り捨て)が付いて、今宵のお勘定は2,940円でした。どうもごちそうさま。

Img_2182a Img_2167a Img_2169a
沼袋「たつや」 / ホッピーセット / 冷製盛り合わせ

Img_2170a Img_2172a Img_2180a
もつカレー / 海ぶどう / シロたれ、テッポウしょうゆ、ハラミみそ

店情報前回

《平成29(2017)年6月30日(金)の記録》

|

« 人間ドックのその後で … うなぎ「川勢(かわせい)」(荻窪) | トップページ | 店情報: 中国家庭料理「一味玲玲(いちみりんりん)本店」(新橋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65542896

この記事へのトラックバック一覧です: まずは冷製盛り合わせ … やきとん「たつや」(沼袋):

» 煮豆富も美味いよねえ … やきとん「たつや」(沼袋) [居酒屋礼賛]
 前回の記事に続いて、今回もまた煮豆腐である。  今回は沼袋「たつや」の「煮豆富」(200円)だ。  豆腐は呑兵衛共通の好物。もつ焼き屋だと、旨みたっぷりの煮込み鍋で、じっくりと煮込まれた豆腐が200円ほど。これは嬉しいよねえ!  土曜日の今日は、所用で遅くなって、店に着いたのが午後7時半。  少し遅めの時間なので、空いているかと思いきや、さすがは「たつや」。カウンター席の手前側はずらりと満席で、... [続きを読む]

受信: 2017.09.20 21:33

« 人間ドックのその後で … うなぎ「川勢(かわせい)」(荻窪) | トップページ | 店情報: 中国家庭料理「一味玲玲(いちみりんりん)本店」(新橋) »