« 七輪で自分たちで焼く … やきとん「鶴松(つるまつ)」(新橋) | トップページ | まずは冷製盛り合わせ … やきとん「たつや」(沼袋) »

人間ドックのその後で … うなぎ「川勢(かわせい)」(荻窪)

うな丼(ごはん小)


 朝食抜きの人間ドックを終えて、昼は「川勢」にやってきた。

 ここ「川勢」では、夜は1,500円する「うな丼」が、ランチタイム(12~14時)なら1,200円で食べることができるのだ。

 店に入ったのは、平日(火曜日)の午後1時前。それでも店内はまだ大勢のお客さんでにぎわっている。

 1階カウンター席の奥のほうが空いていたので、そこに座ると、すぐに店主の奥さんと思しき女性から、「うな丼でいいですか?」と声がかかる。

 さっき胃のX線検査を終えたときに、「今日はお酒は控えて、水分をたくさん取ってくださいね」と言われたけれど、少しならば大丈夫かな。

 勝手にそう決めて、「ビールと、ひと揃いをお願いします」と注文した。

 ランチタイムは、うな丼が基本。「うな丼でいいですか?」という問いかけに、「はい」と答えると、ほとんど待つこともなく、うな丼、肝吸い、お新香のセット(これで1,200円)を出してくれるのだ。

 「昼から飲むぞ」というときは、2パターンの答え方ができる。

 うな丼のセットに合わせて、ちょっとだけお酒を飲みたい場合には、「うな丼でいいですか?」のときに、「はい。それとビールもください」とか、「一緒にお酒もください」と答える。

 本格的に飲みたい場合には、さっきのように「ビールと、ひと揃いをお願いします」と答えるか、「ひれ焼きと串巻を焼いてください。あとお酒」という風に、飲みものと共に、うなぎの串焼きを注文する。

 ちなみに「ひと揃い」というのは、うなぎ串焼き6種6本を、“ひと揃い”で出してもらうことをいう。ほとんどの場合、この「ひと揃い」を注文すれば間違いない。

 6種の内容は、八幡巻(350円)、串巻(220円)、きも焼(220円)、ひれ焼(220円)、ばら焼(220円)、れば焼(220円)で、合計1,450円。「ひと揃い」だからといって、特別な割引はない。

 これら基本の6種に、えり焼(220円)、はす焼(220円)、短冊焼(350円)を加えた9種類が、この店のうなぎの串焼き全種類である。

 基本の6種類の一部が売り切れたりしている場合には、別のものを入れて6種6品で出してくれる。

 もっと売り切れて、6種類も揃わなくなってしまった場合には、「串焼きは、あるもんでいいですか?」ということになる。

 ビール(キリンラガー大瓶、600円)を飲みながら待つことしばし。まず3本、続いて3本と、「ひと揃い」がやってきた。今日の「ひと揃い」には、れば焼がなくて、代わりに短冊焼が入っている。

 れば焼は、仕入れられる量が少ない割に、1本に使う量が多いので、夜の予約分だけで売り切れ状態になってしまうことが多いようだ。前回もそうだった。

 「ひと揃い」の6種6本を食べ終えたあと、残る2種、えり焼と、はす焼を注文して、焼酎(350円)をもらう。

 焼酎は、キーンとよく冷えた「金宮」のストレートである。

 注文したときに、奥さんが「ストレートでいいですか?」と聞いてくれたので、もしかすると他の飲み方もできるのかもしれないけど、私はストレート以外で飲んだことがない。

 えり焼と、はす焼を食べ終えたところで、まだ焼酎をたくさん残したまま、うな丼(1,200円)を「ごはん少なめ」で注文する。うな丼を、つまみとしていただこうと思っているのである。

 ランチタイムだからといって、絶対にうな丼を注文しないといけないことはなくて、飲みもの+うなぎの串焼きだけで終了としてもいい。でも、ランチタイムにやってきたら、やっぱりサービス品のうな丼は食べて帰りたいよねえ。

 午後2時まで、1時間ちょっと楽しんで、今日のお勘定は4,170円なり。どうもごちそうさま。

Img_2257a Img_2258a Img_2259a
「川勢」 / ビール / ひれ焼、ばら焼、きも焼

Img_2261a Img_2266a Img_2268a
串巻、短冊焼、八幡焼 / はす焼 / えり焼

Img_2269a Img_2272a Img_2273a
焼酎 / うな丼(ランチサービス) / 昼の部は午後2時閉店

店情報前回

《平成29(2017)年7月4日(火)の記録》

|

« 七輪で自分たちで焼く … やきとん「鶴松(つるまつ)」(新橋) | トップページ | まずは冷製盛り合わせ … やきとん「たつや」(沼袋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65522348

この記事へのトラックバック一覧です: 人間ドックのその後で … うなぎ「川勢(かわせい)」(荻窪):

« 七輪で自分たちで焼く … やきとん「鶴松(つるまつ)」(新橋) | トップページ | まずは冷製盛り合わせ … やきとん「たつや」(沼袋) »