« たつやと鳥勝の融合?! … もつ焼「丸松(まるまつ)」(東中野) | トップページ | 1種ごとにお皿が1枚 … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) »

ラッキョウ漬も大人気 … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

らっきょう


 いつものように、もつ焼きをつまみに黒ホッピーを飲んでいたら、

「今年もラッキョウが漬かったよ」

 と、ママさんから声がかかった。それはぜひいただかなければ!

 さっそく「らっきょう」(100円)を注文すると、小鉢にゴロリと盛られた3個のラッキョウが大きいこと!

「こりゃまた立派なラッキョウですねえ」

 そのうちの1個を、箸代わりの2本の串でつまみ、太い側からコリッと一口かじる。

 おぉ。塩ラッキョウと、甘ラッキョウの、ちょうど中間的な味わいが、いいつまみになる。これはいいねえ。

 今日も店の奥でじっくりと飲んでいる大常連のS藤さんは、

「このラッキョウの漬け汁で作った酎ハイが欲しいですよねえ」って。

 たしかにそれは美味いに違いない。

 毎年、この自家製ラッキョウを食べるのが楽しみなのだ。人気があるから、すぐになくなっちゃうんだよなあ。

 食べたい人は急ぐべし!

 水曜日の今日、仕事を終えて「すっぴん酒場」に到着したのは午後7時20分。

 奥で飲んでるS藤さんにごあいさつしつつ、そのすぐ手前に立ち、いつものようにホッピー(黒のみ、450円)をもらうと、今日のお通し(100円)はポテトサラダである。

 焼きものは、これまたいつものように、れば、ちれ、しろ(各100円)を注文する。

 せっかく来たから、いろんなものを食べたいと思ってはいるんだけれど、どうしてもこの3本は外せない。だからいつも絶対にこの3本からスタートするのである。

 ここ「すっぴん酒場」のもつ焼きは、他の店と比べると、やや「よく焼き」気味に仕上げてくれる。それがまたうまいのだ。

 レアはレアなりの、ウェルダンはウェルダンなりの美味しさがあるのが、もつ焼きのいいところじゃのぉ。

 で、ここでママさんから声がかかり、2杯めとなるナカ(ホッピーの焼酎おかわり、250円)と同時に、ラッキョウを注文したのでした。

 そこへやって来たのは、これまた大常連の「隊長」である。

 なぜ隊長と呼ばれるようになったのかは確認したことがないが、みんなから隊長と呼ばれている。

 その隊長が「あぶらにんにく」(100円)を注文したので、私も同じものを便乗注文した。

 さらにナカ(3杯め)をもらって、「ピーマン肉詰」(200円)。これは串焼き2本分ぐらいのボリュームがあるので、値段もちょうど2本分なのかな。

 「エリンギ」は、エリンギの肉巻き。定価は200円なんだけど、「今日のエリンギは小さいから」と150円にしてくれた。それでも十分なボリュームである。

 最後にもう1杯、ナカ(4杯め)をもらって、〆のつまみは「しょうがみょうが」(200円)。生姜しょうが

茗荷みょうがを芯にして、豚バラ肉で巻いて焼きあげたものである。

 この店で、最初にこれをいただいたときは、大感動だったなあ。

 あっという間に、近くのもつ焼き屋にも伝搬し、今ではいろんな店で、「しょうが肉巻き」などのメニューを見かけるようになった。

 平日なので、さっくりと立ち飲んで帰る予定が、気がつけば今夜もしっかり3時間。

 黒ホッピーはソト1・ナカ4で、キャッシュ・オン・デリバリーの総支払額は2,250円でした。どうもごちそうさま。

Img_2985a Img_2986a Img_2994a
「すっぴん酒場」 / 黒ホッピーとお通し / れば

Img_2995a Img_2997a Img_3007a
ちれ / しろ / あぶらにんにく

Img_3010a Img_3011a Img_3013a
ピーマン肉詰 / エリンギ / しょうがみょうが

店情報前回

《平成29(2017)年7月19日(水)の記録》

|

« たつやと鳥勝の融合?! … もつ焼「丸松(まるまつ)」(東中野) | トップページ | 1種ごとにお皿が1枚 … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65588100

この記事へのトラックバック一覧です: ラッキョウ漬も大人気 … やきとん「すっぴん酒場」(野方):

» もつ焼き&もつ煮込み … やきとん「すっぴん酒場」(野方) [居酒屋礼賛]
 東京に戻ってきたら、「すっぴん酒場」で『もつ焼き』をいただくのが定番の行事になっている。  今回も、そぼ降る雨の中を「すっぴん酒場」にやって来た。  お盆の間、松山は毎日が快晴で、外にも出たくないほどの猛暑だったんだけど、東京はずっと雨模様で涼しかったんだそうだ。この雨、まだしばらく続くらしい。  まるで今年2度めの梅雨のような感じですね。本来の梅雨の季節にはあまり雨が降らなかったけど……。  ... [続きを読む]

受信: 2017.08.22 21:35

« たつやと鳥勝の融合?! … もつ焼「丸松(まるまつ)」(東中野) | トップページ | 1種ごとにお皿が1枚 … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) »