« 自動販売機で酒を注ぐ … ちょい呑み「つまみや」(荻窪) | トップページ | 北海道白糠の本まぐろ … やきとり「鳥もと(とりもと)本店」(荻窪) »

イカ刺身をショウガで … 立呑み「やきや」(荻窪)

イカ刺身をショウガで


 ちょい呑み「つまみや」を後に、改めて「やきや」にやってきた。

 時刻は午後6時過ぎ。

 ラッキーにも、いちばん奥のテーブル席が空いたところで、そこに4人で入ることができた。

 ここ「やきや」は、基本的に立ち飲みなんだけど、いちばん奥のテーブル席の壁側だけ、ゆったりと2名、詰めれば3人座れるベンチシートになっているのである。

 同じテーブルの、その他の2辺は立ち飲みだ。

 さっそくホッピー(セットが320円)やウーロンハイ(280円)をもらって乾杯し、つまみには、まだ残っていた「珍味わたあえ」(200円)の他、「いか刺身」(200円)、「いかみみ刺身」(200円)をもらう。

 「いか刺身」や「いかみみ刺身」などの刺身類には、基本的にワサビが添えられるが、お好みで、おろしショウガに変えることもできる。今日は「いか刺身」のほうをショウガでいただいた。

 この店のイカは、すべて店主(=中野店の大将)の出身地である、青森・八戸から直送されてくるスルメイカだ。

 毎日、午前中に大将がここにやってきて、今日の分のイカをさばいて、下ごしらえをしてから、中野店へと出かけるんだそうな。

 そんなイカ料理が、全品200円で食べられるんだから、うれしいよねえ。爆発的な人気店である第一の理由は、まさにこの点にある。

 ナカ(おかわり焼酎、160円)をもらって、つまみは「自家製塩辛」(200円)、「いかなんこつ焼」(200円)、そしてこれまた八戸の名産品である「しめさば」(270円)を注文。

 イカ料理は200円、それ以外の料理(冷奴、お新香など)は170円で統一されている「やきや」にあって、「しめさば」だけがスペシャル・プライスの270円。

 でも、この値段で、半身分のシメサバを出してくれるんだから、これまたうれしい限りなのである。

 ゆっくりと1時間半ほど楽しませていただきました。どうもごちそうさま。

Img_2917d Img_2919d Img_2920d
ホッピー&ウーロンハイ / 珍味わたあえ / いかみみ刺身

Img_2922d Img_2924d Img_2926d
自家製塩辛 / いかなんこつ焼 / しめさば

店情報前回

《平成29(2017)年7月15日(土)の記録》

|

« 自動販売機で酒を注ぐ … ちょい呑み「つまみや」(荻窪) | トップページ | 北海道白糠の本まぐろ … やきとり「鳥もと(とりもと)本店」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65648387

この記事へのトラックバック一覧です: イカ刺身をショウガで … 立呑み「やきや」(荻窪):

« 自動販売機で酒を注ぐ … ちょい呑み「つまみや」(荻窪) | トップページ | 北海道白糠の本まぐろ … やきとり「鳥もと(とりもと)本店」(荻窪) »