« 帰省の前に食いだめだ … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) | トップページ | 大きい唐揚を頼むべし … 「鳥房(とりふさ)」(京成立石) »

さらに食いだめは続く … もつ焼「宇ち多゛(うちだ)」(京成立石)

がつ味噌


 帰省の前の、もつ焼きの食いだめ。昨日の「ホルモン」に続いて、今日は東京を代表するもつ焼きの名店、葛飾区立石の「宇ち多゛」にやってきた。

 店に着いたのは午後6時半の少し前。裏の入り口に着く直前に、並んでいた数人が店内へと入り、珍しくも行列がなくなり、すぐに「二の字」の一番奥の席に入れてもらうことができた。

 となりは宇ち中さん、さらにそのとなりはコンタルコスさんという大常連陣。なんとも豪華な顔ぶれである。

 私はというと、今日も今日とて前回と同じく、小瓶のビール(400円、350ml)と、「ればタレ」(もつ焼きはすべて2本200円)からスタートする。

 「れば生」を食べることができなくなった今、その代わりに登場した「ればボイル」(=ゆで冷ました豚レバー)にも大いに惹かれてはいるのだが、ここに来るとやっぱり「ればタレ」なんだよなあ。

 「ればタレ」を待つ間に小瓶のビールを飲み干して、焼酎(200円)の梅割りをもらうと、それとほぼ同時に「ればタレ」も出てきた。

 もともと生ででも食べられるぐらい鮮度のいいレバーだから、しっかりと焼いても、ものすごく美味いのだ。しっかりとしたボリューム感も「宇ち多゛」ならではである。

 でも残念ながら、この「ればタレ」をいただいている間に、「ればボイル」は売り切れてしまった。

 本来はキュウリとダイコンが盛り合わせられる「お新香」(200円)も、すでにキュウリはなくなっていて、ダイコンのみ。

 もつ焼きは「あぶらタレ」をもらう。

 平日は午後7時半ぐらいには閉店となってしまう「宇ち多゛」。6時半ごろに店に入ると、ほとんどの場合、「れば」、「しろ」、「がつ」、「あぶら」の4種類ぐらいしか残っていないのである。

 でも大丈夫。この4種類だけで十分に楽しむことができる。

 帰省前の、もつの食いだめなので、「煮込み」(200円)も食べておこうと注文すると、残念ながら、私のちょっと前に注文した人の分で「煮込み」は終了してしまった。

 「そういうときには、『味噌』です」と宇ち中さん。

 なるほど、その手がありましたか!

 「宇ち多゛」の『味噌』は、「喜よし」や「秋元屋」系列の『液状の味噌ダレ』に浸けて焼いたり、東松山のように焼いた後で『辛い味噌ダレ』をつけて食べたりするのとは違って、素焼きしたもつ焼きに、煮込みの汁(つゆ)をからめて出してくれるもの。だから、もつ焼きなんだけど、なんとなく煮込みのうまさも感じられるのだ。

 今回は「がつ味噌」を注文した。

 そして最後は、我われの間では〆の定番になっている「しろタレよく焼き」で締めくくる。

 カリッと焼けた「しろ」の表面の芳ばしさと、タレの甘み。そしてその内部の柔らかさ。宇ち中さんはこれを、『「宇ち多゛」のデザート』と呼んでいる。

 その「しろタレよく焼き」に合わせて、焼酎を「半分」(100円)だけもらう。

 「半分」といっても、グラスに8~9分めぐらい注いでくれるのが、ありがたい。でも「半分」が注文できるのは、「これで最後」というときだけ。「半分」をもらったあとで、さらにおかわりすることはできません。

 閉店までの1時間半ほどの間に、お新香も含めて「おかず」が5皿と「焼酎」が2杯半、そして「ビール小瓶」で、合計1,900円のところを、「おかず」は宇ち中さんと分けっこしながら食べたので、二人分をすべて合算して3,300円。ひとり当たり1,650円となりました。

 どうもごちそうさま。今夜もたっぷりと満足じゃ!

Img_3570a Img_3577a Img_3573a
ればタレ / 焼酎梅割り / お新香(大根)

Img_3575a Img_3582a Img_3585a
あぶらタレ / しろタレよく焼き / 焼酎半分

店情報前回

《平成29(2017)年8月9日(水)の記録》

|

« 帰省の前に食いだめだ … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) | トップページ | 大きい唐揚を頼むべし … 「鳥房(とりふさ)」(京成立石) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65682269

この記事へのトラックバック一覧です: さらに食いだめは続く … もつ焼「宇ち多゛(うちだ)」(京成立石):

« 帰省の前に食いだめだ … もつ焼き「ホルモン」(沼袋) | トップページ | 大きい唐揚を頼むべし … 「鳥房(とりふさ)」(京成立石) »