« げそ揚げをタレかけで … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 店情報: 「銀座屋(ぎんざや)梅田店」(西梅田) »

カルニ・セッカのピザ … ブラジル料理「カフェ・ド・セントロ」(日比谷)

カルニ・セッカのピザ


 お店のおねえさんにすすめられて、はじめて「カルネセッカとクリームチーズのピザ」(842円、以下すべて税込表記)を注文してみると、これが大正解。すごく美味しくて、あっという間に食べ終えた。

 カルニ・セッカ(カルネセッカ)と言うのは干した牛肉のこと。牛肉をよく食べるブラジルには、その保存のために昔から干し肉もよく作られていた。

 大きく分けると、軽~く一夜干し程度に干したカルニ・ジ・ソウ(直訳すると「太陽の牛肉」)と、半乾燥状態になったシャルキ(英語だとジャーキー)、そしてカチカチになるまで完全に干したカルニ・セッカに分けられる。

 今回のピザには、このカルニ・セッカが入ってる。

『なぜ、ブラジル料理屋なのにピザなの?』

 という疑問もあるでしょうが、ブラジルではピザもよく食べるんです。

 私自身、ブラジルに単身赴任して、まずまっ先に連れて行ってもらったのが、「ジロ・プライア」という、ピザ・レストランだった。ブラジルで開催されたワールドカップを観戦しながらいただいた、この店での料理が、記念すべきブラジルでの第1食めとなった。(そのときのブログ記事

 その後もピザは、あちこちのレストランで見かけたものでした。マルゲリータをよく食べたなあ。

 今日は5人で「カフェ・ド・セントロ」にやって来て、生ビール(プレミアムモルツ、540円)で乾杯したあとは、ボトルキープしているカシャーサ「ベーリョ・バヘイロ・ゴールド(Belho Barreiro Gold)」(1本3,024円)に、カットライム(378円)と氷をもらって、カイピリーニャを作る。

 つまみは揚げタコ(626円)、ポテトフライ(410円)、ブラジルMIXサラダ(735円)からスタートして、いつものように牛ステーキも焼いてもらう。今日は赤身の多い牛ランプステーキ(600g、2,354円)にした。

 さらには牛テールの柔らか煮「ハバーダ」(1,706円)や、鶏肉のコロッケ「コシーニャ」(518円)、干し鱈のコロッケ「ボリーニョ・ジ・バカリャウ」(540円)、そして「カルネセッカとクリームチーズのピザ」へと食べ進む。

 すっかりお腹が膨れたところで、あとはポルトガル産オリーブ盛(410円)、イタリア産ドライトマトハーブオイルマリネ(518円)、ミックスナッツ(410円)、もっちもちチーズパン(ポンジケージョ、1個97円)、ミナスチーズ(540円)、タピオカ芋(マンジョッカ)のカリカリフライ(626円)といった、つまみつまみした料理をたのんで、ひたすら飲んだ。

 たっぷりと4時間近く楽しんで、カシャーサのボトルも2本。お勘定は5人で21,877円(ひとりあたり4,375円)でした。どうもごちそうさま。

Img_3775a Img_3776a Img_3778a
生ビールで乾杯 / 揚げタコ / たっぷりポテトフライ

Img_3779a Img_3793a Img_3782a
ボトルのセットをもらって / カイピリーニャ / ブラジルMIXサラダ

Img_3787a Img_3786a Img_3789a
牛ランプステーキ600g / ヴィナグレッチ&ファロッファ / ハバーダ

Img_3792a Img_3790a Img_3794a
干し肉のピザ / 干し鱈のコロッケ&鶏肉のコロッケ / ドライトマト

Img_3795a Img_3796a Img_3797a
MIXナッツ&オリーブ盛 / ポンジケージョ / タピオカ芋のフライ

Img_3798a Img_3799a Img_3801a
ミナスチーズ / 本日のメンバー / 2本のボトルが空きました

店情報前回

《平成29(2017)年8月18日(金)の記録》

|

« げそ揚げをタレかけで … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 店情報: 「銀座屋(ぎんざや)梅田店」(西梅田) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65710706

この記事へのトラックバック一覧です: カルニ・セッカのピザ … ブラジル料理「カフェ・ド・セントロ」(日比谷):

« げそ揚げをタレかけで … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 店情報: 「銀座屋(ぎんざや)梅田店」(西梅田) »