« 鳥好で晩しゃくセット … やき鳥「鳥好(とりよし)」(福山) | トップページ | 1年ぶりに呉で飲む! … ビヤハウス「オオムラ亜(おおむら・あ)」(呉) »

おでんの後は瀬戸の幸 … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山)

おでんの豆腐


 福山に来たら、ここも絶対に外せない。福山を代表する大衆食堂「自由軒」だ。

 その創業は昭和26(1951)年というから、今年で創業66年だ。

 洋食とおでんは、創業当初からこの店の二枚看板だったんだって!

 店内はコの字カウンター20席程度。2階にも20席ほどの座敷席があるのだが、今は1階のみで営業しているそうだ。

 入口を入るとちょうど目の前、コの字カウンターの一番手前のところに、おでん鍋が据えつけられているので、店に入るとすぐに、おでんが目に飛び込んでくる。

 ここに来ると、おでんの豆腐(150円)とスジ(300円)は外せない。

 同行者と3人でやってきた今日は、まずスーパードライを大瓶(600円)でもらって、おでんの豆腐を人数分(3個)、スジはとりあえず1人前を出してもらった。

 豆腐は3分の1丁分の大きさなので、ひとり1個でちょうどいいぐらい。

 スジ(おでんの牛スジ)は好き嫌いがあるといけなので1人前だけもらったのだが、まったくいらぬ心配で、あっという間に空になった。

 スジそのものもさることながら、上からかけてくれる、おでん専用の味噌がうまいからねえ。ちなみに豆腐も、その味噌ダレでいただきました。

 そのスジを、おかわりでもらってもいいんだけれど、せっかくなので、「自由軒」らしいもの、福山(広島県)らしいものをいただくことにした。

 「自由軒」らしいものの筆頭格が「キモテキ」(530円)だ。

 キモテキという名称は、「キモ(レバー)のステーキ」の略称だろうと思うが、その実態は薄くスライスした牛レバーのケチャップ炒めである。

 福山らしいものとしては、「ねぶと唐揚」(400円)と「ちいちいいか辛子みそ」(500円)を注文。

 「ねぶと」の正式名称は「テンジクダイ」。呉あたりでは「めんぱち」と呼ばれている小魚で、頭を取って、唐揚げにしていただくことが多い。これがうまいっ。

 「ちいちいいか」は、「瀬戸内海のホタルイカ」とも呼ばれる、胴の長さが8センチほどの小さなイカのこと。正式名称は「ベイカ」らしいが、「ベカ」(岡山)、「ベコ」(大分)、「ミミイカ」(香川)などとも呼ばれるそうだ。

 瀬戸内海の他に、九州の有明海でもとれるようだ。

 今日は、ゆで冷ましたものを辛子酢味噌でいただいたが、天ぷらにしたり、煮付けにしたりしても美味しい。

 こうなると飲み物は日本酒だ。今日も福山の「天寶一(てんぽういち)」を、私は燗で、他の二人は常温でいただく。燗酒は、おでん鍋についている燗づけ用の孔に、チロリを差し込んでつけてくれる。

 つまみは「おばいけ」(500円)と「れんこん天ぷら」(400円)を追加する。

 「おばいけ」は、漢字で書くと「尾羽毛」。クジラの尾に近い部分の肉を、塩で漬けたあと、薄く切って熱湯をかけ、冷水でさらしたものなんだそうな。「さらしくじら」と呼ぶ地域も多いらしい。

 我われが子供のころ、クジラの肉は筋っぽくて硬いものが多かったんだけど、オバイケは当時から(今ほどではないものの)軟らかかった。だから、けっこう好きだったなあ。懐かしい味と食感だ。

 そしてレンコン。収穫が始まったばかりの9~10月は、新レンコンの季節でもある。これをサッと天ぷらにして、塩でいただく。うまくないはずがない。

 3杯(3合)めの日本酒をたのんだところで、〆の食事も兼ねて、「ヤキメシ」(580円)と「オムライス」(630円)を注文する。

 ここの「ヤキメシ」は、色合いも濃くて、ちょっとスパイシー。いかにも「洋食屋さんの焼きめし」という味わいなのがいいね!

 そしてぷっくらとボリューム感のある「オムライス」。

「ヤキメシとオムライスと両方とも注文すると、おじさん3人には、ちょっと多いかもなあ……」

 と、ちょっと心配だったんだけれど、これまたまったく要らぬ心配であった。ペロリと完食した。

 1時間半ほどの晩酌タイム。今宵のお勘定は3人で7,730円(ひとり2,580円ほど)でした。どうもごちそうさま。

Img_8041a Img_8036a Img_4466a
洋食・おでん「自由軒」 / おでん鍋 / 豆腐(おでん)

Img_4469a Img_4471a Img_4473a
スジ(おでん) / キモテキ / ねぶと唐揚

Img_4474a Img_4476a Img_4477a
天寶一(燗) / ちいちいいか辛子みそ / おばいけ

Img_4478a Img_4479a Img_4480a
れんこん天ぷら / ヤキメシ / オムライス

店情報前回

《平成29(2017)年9月27日(水)の記録》

|

« 鳥好で晩しゃくセット … やき鳥「鳥好(とりよし)」(福山) | トップページ | 1年ぶりに呉で飲む! … ビヤハウス「オオムラ亜(おおむら・あ)」(呉) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65859553

この記事へのトラックバック一覧です: おでんの後は瀬戸の幸 … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山):

» バスを待つ時間の中で … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) [居酒屋礼賛]
 出張のための前日移動で、福山駅に到着したのは日曜日の午後3時前。この先、さらに高速バスで移動するんだけれど、その出発時刻までは、まだ1時間ほどの時間がある。  というか、この時間を利用して、福山駅近くで軽く一杯飲めるように、あえて1時間早い、この新幹線を選んでやって来たのでした。  向かった先は、福山駅から歩いて5分ほどの洋食とおでんの店、「自由軒」である。  「自由軒」の定休日は火曜日。それ以... [続きを読む]

受信: 2017.11.25 09:45

« 鳥好で晩しゃくセット … やき鳥「鳥好(とりよし)」(福山) | トップページ | 1年ぶりに呉で飲む! … ビヤハウス「オオムラ亜(おおむら・あ)」(呉) »