« 枝豆は夏場のレアもの … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 外1中5で酔いに酔う … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) »

金宮焼酎をお茶割りで … もつやき「石松(いしまつ)」(中野)ほか

牛ハツ炙りとお茶割り


 久しぶりの「石松」は、いつもどおり満席で、カウンターの一番奥に補助席を出してもらって、なんとか入店することができた。

 いつものようにボトルキープしている金宮焼酎をお茶割りで飲み始めると、まずはお通しとして、「牛ハツ炙り(おろしニンニク添え)」を出してくれた。いい色合いだ!

 そしてもつ焼きは、これまたいつものように、他のお客さんが注文して、今まさに下ごしらえをしようとしているものを、次々と便乗注文する。

 ここ「石松」では、注文を受けてから、もつを大きなかたまりから切り分けて串に刺し、それを炭火で焼き上げてくれる。事前に作り置きすることはしていないのだ。

 まずは「かしら」(100円)と「牛ミノ」(150円)がやってきた。

 この店の焼きものは大きく4つのジャンルに分けられている。豚の「もつやき」と、鶏の「やきとり」、牛の「牛やきもの」、そして「お野菜」だ。

 「もつやき」が9種類、「やきとり」が4種類、「牛やきもの」が3種類、「お野菜」が8種類なので、焼きものは全部で24種類。

 これに「お刺身他」の7種類が加わって、料理全体では31種類となる。

 飲みものはビール、日本酒、焼酎。割りものはホッピーやお茶。焼酎はボトルキープすることもできる。

 続いては「てっぽう」(100円)と「しろ」(100円)がやってきた。

 味付けは特に指定せず、店主・三浦さんにおまかせにしておいたところ、「てっぽう」は醤油で、「しろ」はタレで焼きあげてくれた。

 ックゥ~ッ! どうよ、この絶妙な焼き具合。焼き職人・三浦さんならではだ。さすがですねぇ。

 「たん」(100円)と「レバー」(100円)は、ともに塩焼き。

 そして最後にいただいた「がつ」(100円)は、醤油焼きで仕上げてくれた。

 ゆっくりと2時間弱の酒場浴。今夜のお勘定は、なんと950円でした。

 キープボトルがあるので、申しわけないほど安いお勘定になるのです。次回はボトルが空きそうだ。

 「石松」を出て、西武新宿線・新井薬師前から鷺ノ宮へ。「ペルル」へと向かう。

 ここにもキープボトルがあるので、お勘定は500円。

 2軒合わせても1,450円という、かつてないほどの値段で、金曜日のハシゴ酒を終えたのでした。

Img_3175a Img_3160a Img_3162a
もつやき「石松」 / 焼酎のお茶割り / お通しの牛ハツ炙り

Img_3164a Img_3165a Img_3168a
かしら / 牛ミノ / メニュー

Img_3166a Img_3169a Img_3171a
てっぽう / しろ / たん

Img_3172a Img_3174a Img_3177a
レバー / がつ / 鷺ノ宮「ペルル」でウイスキー

・「石松」の店情報前回) / 「ペルル」の店情報前回

《平成29(2017)年7月28日(金)の記録》

|

« 枝豆は夏場のレアもの … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 外1中5で酔いに酔う … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65773856

この記事へのトラックバック一覧です: 金宮焼酎をお茶割りで … もつやき「石松(いしまつ)」(中野)ほか:

« 枝豆は夏場のレアもの … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 外1中5で酔いに酔う … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) »