« 外1中5で酔いに酔う … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) | トップページ | こちらの目玉は焼き鳥 … 立飲「やきや中野店」(中野) »

煮豆富も美味いよねえ … やきとん「たつや」(沼袋)

煮豆富


 前回の記事に続いて、今回もまた煮豆腐である。

 今回は沼袋「たつや」の「煮豆富」(200円)だ。

 豆腐は呑兵衛共通の好物。もつ焼き屋だと、旨みたっぷりの煮込み鍋で、じっくりと煮込まれた豆腐が200円ほど。これは嬉しいよねえ!

 土曜日の今日は、所用で遅くなって、店に着いたのが午後7時半。

 少し遅めの時間なので、空いているかと思いきや、さすがは「たつや」。カウンター席の手前側はずらりと満席で、かろうじて一番奥の一角が2席分ほど空いていて、そこに入れてもらうことができた。

 「たつや」のカウンター席は、カクカクと角(かど)が多いのが大きな特徴。

 真っすぐなカウンター席だと、並んで座って会話ができるのは3人まで。4人以上になると、端っこ同士の人は遠過ぎて話をすることができず、右側と左側とで別のグループのようになってしまう。

 ところが「たつや」の、この角の多いカウンター席だと、その角を挟むように座ることで、4人以上のグループ客でも、みんなで会話を交わすことができるのだ。

 これは店主・藤井龍成さんが、新宿「番番」のカウンターなどをヒントにして、独自に考案したデザインなんだそうだ。

 まずは「黒ホッピーセット」(400円)と「冷製の盛り合わせ」(500円)を注文すると、今日はコブクロ、ガツ、タンの盛り合わせを出してくれた。

 ちなみに「冷製」というのは、「ゆで冷ましたモツ」のことである。

 ナカ(おかわり焼酎、250円)をもらって、焼きものはアブラ、レバ、シロ(各100円)を1本ずつ、味はおまかせで注文すると、アブラはタレで、レバは塩で、シロはミソ(味噌ダレ)で焼きあげてくれた。

 カリッとさせずに、ふんわりと焼きあげたシロに、秋元系ならではのミソ味がよく合うね!

 さらにナカをもらって、つまみは「本日のもつやすめ」から、「なすとトマトの和風マリネ」(250円)を注文した。

 「本日のもつやすめ」というのは、その日その日の日替りメニューなんだけど、『もつやすめ』の名のとおり、モツ料理ではない料理も含まれている。

 たとえば今日はさっき注文したマリネの他に、「わかさぎのつくだに」(200円)、「モロヘイやっこ」(250円)、「春菊のナムル」(200円)、「塩らっきょう」(200円)が並んでいる。

 ここ「たつや」も、毎日のように通うお客さんが多いので、飽きがこないようにいろいろと工夫されてるんでしょうね。

 そして4杯めとなるナカをもらって、久しぶりにこの店の「煮豆富」を注文したのでした。

 名物の「もつカレー」はもちろんだけれど、「煮豆富」を始めとする普通の煮込みも、やっぱりうまいねえ!

 ゆっくりと2時間ほどの酒場浴。今宵のお勘定は2,710円でした。どうもごちそうさま。

Img_3999a Img_3980a Img_3981a
やきとん「たつや」 / 黒ホッピー / 冷製の盛り合わせ

Img_3982a Img_3983a Img_3987a
あぶらタレ / れば塩 / しろ味噌

Img_3988a Img_3991a Img_3997a
本日のもつやすめ / なすとトマトの和風マリネ / 煮豆富に七味唐辛子をかけて

店情報前回

《平成29(2017)年8月26日(土)の記録》

|

« 外1中5で酔いに酔う … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) | トップページ | こちらの目玉は焼き鳥 … 立飲「やきや中野店」(中野) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65808153

この記事へのトラックバック一覧です: 煮豆富も美味いよねえ … やきとん「たつや」(沼袋):

« 外1中5で酔いに酔う … やきとん「秋元屋(あきもとや)」(野方) | トップページ | こちらの目玉は焼き鳥 … 立飲「やきや中野店」(中野) »