« 店情報: やき鳥「鳥好(とりよし)」(福山) | トップページ | おでんの後は瀬戸の幸 … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) »

鳥好で晩しゃくセット … やき鳥「鳥好(とりよし)」(福山)

鳥好晩しゃくセット


 福山にも「鳥好」あり。

 前々からその存在は知ってたんだけれど、やって来たのは今日が初めてだ。

 同行者と3人で、小上がりの4人用座卓を囲み、まずは「お得な鳥好晩しゃくセット」(1,000円、以下、価格はすべて税込み表記)を注文した。

 この晩酌セットは、「キリン生ビール(中)」(単品500円)に、焼き鳥が「串(ねぎま)」(単品150円)と「つくね」(単品150円)。さらに「冷やっこ」(単品250円)のハーフと、「枝豆」(単品300円)のハーフで構成されている。

 ハーフサイズの分を、単品の半額ずつとして合計すると1,075円分となる。

 実際にはハーフサイズという設定はないし、焼き鳥も注文は1種2本からとなるので、単品同士の組み合わせでこのセットを作りあげることはできない。まさに「鳥好晩しゃくセット」だけの、お得な組み合わせなのでした。

 「鳥好」と言えば、その原点は呉の「本家鳥好」。戦後すぐ、昭和25~26年ごろの創業である。(ことの詳細は当ブログのこちらの記事をどうぞ→とり屋創業の真相は?!

 そこを起点に、呉市内に何軒かの「鳥好」ができ、広島市内にも広がって、と徐々に各地に広まっていったもののようだ。

 そしてここ、福山の「鳥好」の創業は、「本家鳥好」創業から15年後の、昭和41(1966)年。今年で創業51年である。

 この地で50年となると、これはもう、すっかり地元の老舗である。その暖簾(のれん)にも、「福山名物 鳥好」と、堂々と染め抜かれている。

 しかし! 「鳥好」ならではのメニューは、ここ福山にもありますねえ。

 さっそくその中から、『鳥好名物』と書かれた「ささ天」(1本160円)と、これもまた他では見たことがない「串かつ」(1本150円)を、それぞれ人数分(3本)ずつ注文する。

「串カツなんて、どこにでもあるでしょう?」

 とお思いになるかもしれないが、「鳥好」の「串かつ」は、焼き鳥の「串(=ねぎま)」をカツに揚げたもの。呉が「鳥好」流の「串かつ」なのだ。ウスターソースをかけていただくのがうまい。

 飲みものを福山の酒「「天寶一(てんぽういち)」(450円)の燗酒に切り替えて、つまみには、瀬戸内海の海の幸、「小いわし天ぷら」(550円)と「たこ天ぷら」(550円)をいただく。

 さらに、これまた「鳥好」の名物である「どて煮」(鶏皮の味噌煮、400円)をもらって、飲みものは「ウキウキレモン酒(ソーダ割り)」(400円)だ。

 そして最後は「焼めし」(500円)で〆るのも、「鳥好」の定番だ。

 「本家鳥好」(呉)の「やきめし」もうまいが、こちら福山「鳥好」の「焼めし」もいいねえ!

 さっくりと1時間半ほど楽しんで、今夜のお勘定は3人で8,080円(ひとりあたり2,690円ほど)でした。どうもごちそうさま。

鳥好 Img_4464a Img_4443a
「鳥好」 / のれんには「福山名物」 / 生ビールで乾杯

Img_4446a Img_4455a Img_4447a
枝豆(ハーフ) / 冷やっこ(ハーフ) / 串・つくね

Img_4449a Img_4451a Img_4452a
ささ天 / 串かつ / 串かつにはソースをかけて

Img_4454a Img_4456a Img_4457a
小いわし天ぷら / 「天寶一」燗酒 / たこ天ぷら

Img_4459a Img_4460a Img_4462a
どて煮 / うきうきレモン酒(ソーダ割り) / 焼めし

店情報

《平成29(2017)年9月26日(火)の記録》

|

« 店情報: やき鳥「鳥好(とりよし)」(福山) | トップページ | おでんの後は瀬戸の幸 … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65847982

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥好で晩しゃくセット … やき鳥「鳥好(とりよし)」(福山):

« 店情報: やき鳥「鳥好(とりよし)」(福山) | トップページ | おでんの後は瀬戸の幸 … 洋食・おでん「自由軒(じゆうけん)」(福山) »