« いかげそ焼でホッピー … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 会社帰りにゲソづくし … 立呑み「やきや」(荻窪) »

煮大根が始まりました … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政)

煮大根


「煮大根、始めましたよぉ~っ!」

 という店主・アキさんの言葉に、さっそくその煮大根(200円、以下すべて税抜き表記)を注文した。

 この店の煮大根は、私の大好物の一品。もつ煮込みの鍋で、じっくりと煮込まれた、言わば「モツ大根」なのだ。

 「ブリ大根」、「イカ大根」も、もちろんいいんだけれど、我われ、もつ好きには、やっぱり「モツ大根」だよねえ。

 もつ煮込みの煮汁をたっぷりと吸った大根が、モツ以上にモツらしい旨みを提供してくれるのだ。

 この店の煮大根は、もともと冬場だけのメニューだったんだけど、あまりにファンが多いので、早めに復活させてくれたんだそうな。ありがたいことである。

 ホッピー(380円)の最初の1杯を煮大根でいただいたあと、ナカ(おかわり焼酎、250円)をもらって、レバ、ハラミ、テッポー(各100円)を1本ずつ、味付けを指定せずに注文すると、レバ塩ねぎ、ハラミポンズ、テッポー正油という味付け(=ホワイトボードに記載されているオススメの味付け)で焼き上げてくれた。

 3杯めに合わせて春雨サラダ(300円)をもらうと、この春雨サラダがパクチーが効いててボリュームたっぷり。

 さらに、しめじ肉まき(150円)も追加注文した。

 ソト1・ナカ4となるナカをもらって、最後はハムキャベツ(200円)で締めくくる。

 ハムキャベツと言えば、渋谷「富士屋本店」の名物だが、ここ「弐ノ十」にもあるんですねえ。

 ゆっくりと2時間弱楽しんで、今日のお勘定は2,460円(2,280円+消費税)なり。どうもごちそうさま!

Img_4074a Img_4076a Img_4078a
レバ塩ねぎ / ハラミポンズ / テッポー正油

Img_4079a Img_4082a Img_4085a
春雨サラダ / しめじ肉まき / ハムキャベツ

店情報前回

《平成29(2017)年9月3日(日)の記録》

|

« いかげそ焼でホッピー … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 会社帰りにゲソづくし … 立呑み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65826419

この記事へのトラックバック一覧です: 煮大根が始まりました … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政):

« いかげそ焼でホッピー … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 会社帰りにゲソづくし … 立呑み「やきや」(荻窪) »