« 煮大根が始まりました … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) | トップページ | 福山での夕食は関東煮 … 大衆食堂「稲田屋(いなだや)」(福山) »

会社帰りにゲソづくし … 立呑み「やきや」(荻窪)

げそわさ


 会社帰りに「やきや」にやってきた。

 午後6時半の店内は、今日もやっぱり満員だ。

 かろうじて空いているすき間に入れてもらって、今日もホッピー(320円)でスタートした。

 最初のつまみは、刺身から入ることにする。そうすると選択肢は「いか刺身」(200円)、「いかみみ刺身」(200円)、「げそわさ」(200円)の3品。

 しばらく「げそわさ」を食べていないので、今日は「げそわさ」にした。

 「いか刺身」と「いかみみ刺身」は生のイカが出されるが、「げそわさ」は、ゆで冷ましたゲソが出される。イカ1匹分、つまり足10本分が1人前だ。

『ゲソ、いいねえ。今日はゲソづくしにしてみよう』

 久しぶりにいただいた「げそわさ」が、とにかく美味しくて、そう思い立った。

 2杯めとなるナカ(160円)をもらうと同時に、まだ残っていた「珍味わたあえ」(200円)を注文。

 これはゆで冷ましたゲソを、イカワタで和えたものなんだけど、ふんわりと甘い味付けになっている。この甘さが、イカワタのコクをより増してくれるんですね。

 グイグイとホッピーが進む一品なのだ。

 わりと早い時間帯に無くなってしまうことが多い逸品なので、あれば早めに注文することが大切だ。

 3杯めに注文したのは、これまた大好物の「げそ揚げ」(200円)だ。

 あらかじめ揚げたものが、カウンター上のバットに準備されていて、注文すると、それをお皿に取り分けてくれる。だから注文してから出てくるまでが早いのだ。

 さっきいただいた「珍味わたあえ」の小鉢に残っているイカワタに、この「げそ揚げ」を絡めていただくのが旨いんだなあ。

 そして、ソト1・ナカ4となる4杯めには、「いかげそ焼」(200円)を合わせる。

 「いかげそ焼」は、注文を受けてから、カウンター内の焼き台で、イカゲソを焼きあげてくれる。焼いてるときは、イカゲソがつながった状態になっていて、焼きあがってから、足1本ずつに切り分けてくれるのだ。

 味はタレ焼きで、マヨネーズも添えられる。

 冷たい「げそわさ」、常温の「珍味わたあえ」、同じく常温の「げそ揚げ」と食べてきたので、焼きたて熱々の「いかげそ焼」の熱さもまたうれしい。

 そして、これでゲソ系の4品をすべて制覇することができた。(冬になると「イカ大根」も加わって5品となる。)

 ちなみに「やきや」のイカ料理は、今の時季にはない「イカ大根」も含めて全部で11品で、すべて200円均一。

 ゲソ系の5品以外は、身が「いか刺身」、「自家製塩辛」、「いか納豆」の3品、ミミが「いかみみ刺身」と「いかみみ焼」の2品、そしてアタマの部分を焼いた「いかなんこつ焼」だ。

 どれを食べてもハズレはないので、ぜひあれこれ食べてみてください。

 1時間15分ほど立ち飲んで、4品と4杯。今夜のお勘定は1,600円でした。

 どうもごちそうさま!

Img_4094a Img_4095a Img_4098a
ホッピー / げそわさ / 珍味わたあえ

Img_4100a Img_4103a Img_4106a
げそ揚げ / わたを絡めていただく / いかげそ焼

店情報前回

《平成29(2017)年9月6日(水)の記録》

|

« 煮大根が始まりました … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) | トップページ | 福山での夕食は関東煮 … 大衆食堂「稲田屋(いなだや)」(福山) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65832623

この記事へのトラックバック一覧です: 会社帰りにゲソづくし … 立呑み「やきや」(荻窪):

« 煮大根が始まりました … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) | トップページ | 福山での夕食は関東煮 … 大衆食堂「稲田屋(いなだや)」(福山) »