« さすが大阪、安いなあ … 「銀座屋(ぎんざや)梅田店」(西梅田) | トップページ | 金宮焼酎をお茶割りで … もつやき「石松(いしまつ)」(中野)ほか »

枝豆は夏場のレアもの … 立呑み「やきや」(荻窪)

枝豆でホッピー


 夏場にしかない「やきや」のメニュー。それが「枝豆」(170円)だ。

 冬場だけの名物「いか大根」(200円)ほどのインパクトはないものの、「枝豆」もまた、メニューに登場すると多くのお客が注文する人気の品である。

 夏場の今、メニューの「いか大根」のところに小さな紙が貼られて、見えなくなっているように、夏場以外は、「枝豆」のところにも紙が貼られて、その存在は隠されている。

 たとえ夏場になっても、「枝豆」はいつもあるわけではない。

 なにしろ170円という販売価格に見合った原価にならないといけない。

「この仕入価格であれば、お店で出しても大丈夫!」

 となって初めて、「やきや」のメニューとして登場するのでした。

 そう考えると、「やきや」の枝豆というのは、けっこうレアものかもしれないなあ。

 仕事帰りの今日は、午後6時半ごろ「やきや」に到着。

 毎度のことながら、この時間帯の「やきや」はほぼ満席。両側の人たちに少しずつ寄ってもらって、入口を入った目の前の、カウンターの角の位置に立つことができた。

 まずはホッピー(320円)をもらって、そのホッピーが出されたところで、1品めのつまみとして「珍味わたあえ」(200円)を注文した。

 人気の「珍味わたあえ」は、早い時間に無くなることが多い品なんだけど、今日はまだ残っていた。(そしてこの後、すぐに売り切れました。)

 ナカ(160円)をもらって、2品めは「げそ揚げ」(200円)。「珍味わたあえ」の、具を食べた後のタレをまぶしながらいただくのが、マイ・フェイバリットだ。

 さらにホッピー3杯めとなるナカをもらって「穴子きゅうり」(170円)。これは刻み穴子と刻みキュウリに、甘めのタレをかけた一品。夏は穴子だね!

 そして4杯め(ソト1・ナカ4)のナカをもらって、最後に注文したのが「枝豆」(170円)だったのでした。

 イカ料理は、このところの不良の影響を受けて200円になったんだけれど、他の料理は相変わらず170円というのがすごいよね。

 1時間ちょっとの立ち飲みタイム。今夜のお勘定は1,540円でした。どうもごちそうさま!

Img_3837a Img_3823a Img_3825a
立呑み「やきや」 / ホッピー / 珍味わたあえ

Img_3827a Img_3830a Img_3832a
げそ揚げ / 穴子きゅうり / 枝豆

店情報前回

《平成29(2017)年8月22日(火)の記録》

|

« さすが大阪、安いなあ … 「銀座屋(ぎんざや)梅田店」(西梅田) | トップページ | 金宮焼酎をお茶割りで … もつやき「石松(いしまつ)」(中野)ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65759186

この記事へのトラックバック一覧です: 枝豆は夏場のレアもの … 立呑み「やきや」(荻窪):

» いかげそ焼でホッピー … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 久しぶりに中野の「やきや」に行った週末は、今度は荻窪の「やきや」である。  「やきや」は中野店と荻窪店の2軒しかない。  中野店は大将(ご主人)が中心になって、荻窪店は女将さん(奥様)が中心になって、どちらもスタッフを含めて3名ずつで切り盛りしているのだ。  土曜日の今日は、店に到着したのが午後7時半。  ホッピー(320円)をもらって、つまみを選ぶものの、すでに「げそ揚げ」(200円)や「みみ... [続きを読む]

受信: 2017.09.21 21:51

« さすが大阪、安いなあ … 「銀座屋(ぎんざや)梅田店」(西梅田) | トップページ | 金宮焼酎をお茶割りで … もつやき「石松(いしまつ)」(中野)ほか »