« 会社帰りにゲソづくし … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 店情報: やき鳥「鳥好(とりよし)」(福山) »

福山での夕食は関東煮 … 大衆食堂「稲田屋(いなだや)」(福山)

関東煮


 福山にやって来た。

 「自由軒」に行こうか、それとも「稲田屋」に行こうか。

 同行のSさん、Aさんと、ちょっと検討して、お二人がまだ行ったことがないという「稲田屋」に向かうことにした。

 現在の時刻は午後6時半。「稲田屋」は午後7時40分にラストオーダーを迎えるので、あと1時間ちょっとある。急げ急げ。

 到着した「稲田屋」には、先客は8人ほど。我われ3人も、奥のテーブル席に陣取って、まずは大瓶ビール(650円)を、アサヒ(スーパードライ)でもらって乾杯である。

「白・黒1本ずつを、各人にお願いします。ネギ(100円)も1皿。あと肉皿(650円)も1人前、お願いします」

 『白・黒1本ずつ』というのは、この店の名物・関東煮(1本160円)のこと。『白』は牛シロ(腸)、『黒』は牛フワ(肺)である。

 あっという間に出てくる関東煮。

 これはいわゆる牛もつ煮込みなんだけど、ものすごく甘いのが大きな特徴なのだ。

「全部を串から抜いて、最初はそのまま食べてみてください。甘過ぎるようだったら、この刻みネギをかけて、卓上の唐辛子もたっぷりとかけて、よ~くかき混ぜて食べてみてください」

 どれどれ、という感じで、関東煮を口に運ぶSさんとAさん。

「おっ。これは美味しいじゃないか!」

「甘いけど、大丈夫だよ。美味しい、美味しい」

 あぁ、良かった。ひと安心だ。

 ちょうど近くにやって来た大将が、

「甘みはすぐに出せるんだけど、このコクがなかなか出せないんですよね」

 と教えてくれた。ただただ甘いだけじゃダメなんだね。

 大瓶ビールを3人で2本飲んだところで、飲みものを福山の日本酒「天寶一(てんぽういち)」(1合400円)に切りかえる。

 甘い関東煮と肉皿が、日本酒にもよく合うのだ。

 関東煮や漬物(白菜、150円)を追加注文して飲むうちに、そろそろラストオーダーの時間が近づいてきた、Sさんは「肉うどん」(600円)を、Aさんは「かけうどん」(450円)をそれぞれ注文して〆に入る。私はうどんは注文せず、最後に「天寶一」をもう1杯だ。

 1時間ちょっとの、駆け抜けるような「稲田屋」だったけど、初めてのお二人がとても喜んでくれたことに大満足だ。

 お勘定は3人で5,630円(ひとりあたり1,900円弱)でした。どうもごちそうさま。

Img_3738a Img_3740a Img_4431a
大衆食堂「稲田屋」 / 営業時間 / 肉皿

Img_4434a Img_4435a Img_4436a
漬物 / かけうどん / 肉うどん

店情報前回

《平成29(2017)年9月25日(月)の記録》

|

« 会社帰りにゲソづくし … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 店情報: やき鳥「鳥好(とりよし)」(福山) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65837063

この記事へのトラックバック一覧です: 福山での夕食は関東煮 … 大衆食堂「稲田屋(いなだや)」(福山):

« 会社帰りにゲソづくし … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | 店情報: やき鳥「鳥好(とりよし)」(福山) »