« 1年ぶりに呉で飲む! … ビヤハウス「オオムラ亜(おおむら・あ)」(呉) | トップページ

とり屋で旧交を温める … 居酒屋「かしま支店」(呉)

串の盛り合せ


 「オオムラ亜」での『ひとりゼロ次会』を終えて、向かう先は「かしま支店」である。

 飲み会は午後6時からの予定なのに、10分前に店に着くと、ほとんどのメンバーが到着していて、しかもすでに飲み始めていた。

「乾杯するたびに、ひとりずつ増えるのぉ。浜田も『生』でええか? おねえさん、『生』、もう1つちょうだいや」

 ということで、私も生ビールをもらって、みんなと乾杯すると、案の定、その途端に新たに二人がやってきて、今日のメンバーが全員そろった。

 どんなメンバーかというと、さかのぼること35年ほど前。呉の同じ独身寮で過ごしていたメンバーなのである。そのころの寮長も来てくれた。

 当時、若くてピチピチ(?)だったメンバーも、何人かはすでに定年になっていたりして、すっかりいいおじさんになってしまっている。それでも、このメンバーで集まると、ピチピチだった当時の感覚がよみがえるから面白いよねえ。

 ここ「かしま支店」は、当時、自治会長(=われら寮生の代表)として活躍されていたTさんの行きつけのお店。東京から戻ってくると、よくこの店で宴会を開いてくれるのでした。

 ここも「本家鳥好」(昭和26年創業)をルーツとする、呉独自の『焼鳥と活魚の店』の1軒だ。

 この系統の店は、「鳥好」「三とり」「鳥八」「鳥晃」「鳥乃家」などと、『鳥・とり』の字が付くお店が多かったので、昔から、総称して『とり屋』と呼ばれることが多かった。

 『焼鳥と活魚の店』という、うたい文句どおり、表面上の大きな特徴は、『焼鳥』と、店内の生簀(いけす)で泳いでいる『活魚』の二枚看板となっていること。そして『鶏皮の味噌煮』があること。

 東京下町の大衆酒場で、店に入るなり「チューハイと煮込み!」と注文する人が多かったのと同じように、呉の『とり屋』では、店に入るなり「生と味噌!」(=生ビールと鶏皮の味噌煮)と注文する人が多かったのだ。

 もつ煮込みも、鶏皮の味噌煮も、煮込み鍋で煮込まれているものを、小鉢や小皿についでくれるだけなので、出が早い。最初の1品としてちょうどいいのである。

 現在は、下町の大衆酒場や呉の『とり屋』でも、お通し(つき出し)が出される店もあったりするので、昔ほど「よく聞くフレーズ」ではなくなってきたようだ。

 そんな表面上の特徴とは別に、裏に隠れた大きな特徴もある。

 それは、『とり屋』の経営者に、鹿島(呉市倉橋町)出身の人が多いこと。

 これは「本家鳥好」の創業者・長尾一良さんが、同じ倉橋町の室尾出身だったり、その跡を継いだ二代目店主・上瀬弘和さんが鹿島出身だったりしたことによるもののようだ。

 大人気だった『とり屋』は、鹿島出身の若者にとっても、いい就職先だったのだ。

 ここ「かしま支店」の店名も、その鹿島に由来している。

 そして、この店を始め、『とり屋』各店で出される新鮮な魚介類も、鹿島から直送されてきたものなのである。

 積もる話はつきないが、みなさん明日も仕事なので、午後8時半ごろ、お開きとした。
 平日の夜にもかかわらず、ありがとうございました。>みなさん

Img_4510b Img_4507b Img_4512b
「かしま支店」 / 店の向かいが広い更地になっていた! / 店頭のメニュー

Img_4514b Img_4520b Img_4521b
刺身盛り合わせ / サービスの魚あら味噌汁 / 今宵のメンバー

店情報前回

《平成29(2017)年9月28日(木)の記録》

|

« 1年ぶりに呉で飲む! … ビヤハウス「オオムラ亜(おおむら・あ)」(呉) | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/65898878

この記事へのトラックバック一覧です: とり屋で旧交を温める … 居酒屋「かしま支店」(呉):

« 1年ぶりに呉で飲む! … ビヤハウス「オオムラ亜(おおむら・あ)」(呉) | トップページ