« チェーン居酒屋の原型 … 炭火串焼「テング酒場」(麹町) | トップページ | イカ大根が250円に … 立呑み「やきや」(荻窪) »

ブリ大根の季節が到来 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷)

ぶり大根煮


 開店時刻の午後4時ちょうどに「川名」に入店。久しぶりの「ヨジカワ」である。

 さっそく赤ホッピー(411円)をもらうと、お通し(サービス)はミカン。

 ここのホッピーは「赤」と「黒」という風に、その王冠の色で呼び分けている。つまり赤ホッピーというのは、通常の白ホッピーのことです。

 さてつまみ。

 ホワイトボードに手書きされた日替りメニューを確認すると、「あんこう肝」(346円)、「ぶり大根煮」(389円)といった冬期メニューが並んでいる。ちょっと迷ってブリ大根をもらうことにした。

 出てきたのは、大きなお皿にたっぷりと盛られたブリ大根。さすが「川名」だ。

 ブリと一緒に煮こまれた、この大根が美味いんだよねえ。

 大根は、ブリと煮込んでも、イカと煮込んでも、モツと煮込んでも、それぞれにいい味わいを提供してくれる。すばらしい食材だなあ。

 私のすぐ後に入って来た人もブリ大根を注文すると、それでブリ大根が売り切れた。

 なにしろボリュームがあるので、ブリ大根を半分ぐらい食べたところで1杯めのホッピーがなくなり、ナカ(368円)をもらう。「川名」のナカも、焼酎が多いぞ!

 3杯めとなるナカに合わせて、「牛すじ煮込み」(324円)を注文。

 「川名」オリジナルの煮込みは「豚軟骨もつ煮込み」なんだけど、下ごしらえに時間がかかるんだそうで、煮込みがよく出る冬場は出していないのでした。

 その代わりに冬場に出されるのが「牛すじ煮込み」。これはこれで美味しくて、私はこっちも好きだなあ。

 とそこへ、「川名」の常連さんで、今は祐天寺のほうに引っ越しているK松さんが入って来た。出張の帰りにここに立ち寄られたとのことで、積もる話に花が咲く。

 4杯めには、「牛タンつくね串」(130円)と「鳥中おち串」(130円)を1本ずつ。

 牛タンつくね串は、初めてお目にかかる品。つくねの中に小さく刻んだ牛タンが入っててスパイシー。そのスパイシー感がいい。

 2本の串焼きを、あっという間に食べ終えて、さらに「辛キムチ」(195円)を追加注文した。

 もともと「川名」には「キムチ」(173円)というメニューはあったんだけど、「辛キムチ」は初めて見た。

 この「辛キムチ」がビリビリと濃厚で、しかもホントに辛くて、これだけで2~3杯はいけそうだ。

 でもすでに4杯めなので、なんとかホッピーの残りの量の中で食べ切った。

 7時前まで、3時間弱の酒場浴。今宵のお勘定は1,791円でした。どうもごちそうさま。

 なお「川名」は2017年12月4日(月)~12日(火)までの9日間、毎年恒例のウインターバケーションに入ります。

 そしてなんと2018年1月1日(月)と2日(火)は、普通に定休日です。元日、どこで飲もうかなあ……。

Img_1588a Img_5482a Img_5484a
「川名」 / お通しとホッピー / 今日のメニュー

Img_5489a Img_5491a Img_5492a
牛すじ煮込み / 牛タンつくね串、鳥中おち串 / 辛キムチ

店情報前回

《平成29(2017)年11月25日(土)の記録》

|

« チェーン居酒屋の原型 … 炭火串焼「テング酒場」(麹町) | トップページ | イカ大根が250円に … 立呑み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66101770

この記事へのトラックバック一覧です: ブリ大根の季節が到来 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷):

« チェーン居酒屋の原型 … 炭火串焼「テング酒場」(麹町) | トップページ | イカ大根が250円に … 立呑み「やきや」(荻窪) »