« 2017年11月 | トップページ

2017年12月

香川県に来たらこれ! … 骨付鳥「寄鳥味鳥(よりどりみどり)」(高松)

親どり


 香川県丸亀市の骨付鳥「一鶴」で始まった『骨付鳥(ほねつきどり)』は、今や香川県を代表するご当地料理として、香川県内のあちこちで食べることができる。

 今日は高松駅からもほど近い「寄鳥味鳥」にやって来た。

 ビルの2階にある店舗は、入口右手がカウンター席と厨房、左手がテーブル席、座敷席になっている。

 2人で入った我われは、「テーブルでも、カウンターでも、お好きなほうに」と言われ、カウンター席を選択。

 まずは生ビール中(550円)をもらって乾杯し、つまみには骨付鳥の「若どり」(880円)、「親どり」(880円)を1本ずつの他、その骨付鳥を待つ間用に、「しょうゆ豆」(450円)、「ポテトサラダ」(450円)を注文した。

 「しょうゆ豆」もまた、香川県の郷土料理のひとつ。炒った乾燥そら豆を、砂糖・醤油・みりん・唐辛子を合わせたタレに一晩漬けたもの。おかずとしてごはんによく合い、つまみとしてお酒によく合うのだ。

 注文を受けてから、オーブンでじっくりと焼き上げる骨付鳥は、できあがるのに時間がかかる。2杯めの生ビールを飲んでいる途中で出てきた。

 「若どり」はやわらかくてジューシーなのが、「親どり」は歯ごたえ十分で、旨みたっぷりなのが特徴。

 1本のボリュームが大きいので、ひとりだと、どちらか1本しか食べることができないが、2人以上であれば両方を食べ比べることができる。

 スパイシーな味付けが骨付鳥の特徴なんだけど、ウェッティーな「一鶴」に比べると、こちら「寄鳥味鳥」の骨付鳥はドライで、カラッとした仕上がりだ。

 飲みものを芋焼酎「霧島」(450円)のロックに切り替えて、つまみには「冷やしトマト」(400円)を追加。

 カウンター上には、「なすの揚煮」(450円)や「あじの南蛮漬」(500円)、さらには「かわ酢」(450円)の材料となるカラリと揚げた鳥皮などが入った大皿が、全部で4~5皿並んでいて、注文を受けて、そこから取り分けてくれる。

 店内は8割ほどの入りと、けっこう人気店のようだ。

 最後に「高菜めし(汁付)」(500円)で締めくくって、2時間ほどの滞在。お勘定は二人で8,060円(ひとり当たり4,030円)でした。ごちそうさま。

Img_5553a Img_5554a Img_5557a
しょうゆ豆 / ポテトサラダ / 若どり

Img_5560a Img_5563a Img_5564a
芋焼酎ロック / 冷やしトマト / 高菜めし(汁付)

店情報

《平成29(2017)年12月4日(月)の記録》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

店情報: 骨付鳥「寄鳥味鳥(よりどりみどり)」(高松)

    寄鳥味鳥
  • 店名: 骨付鳥「寄鳥味鳥」
  • 電話: 087-822-8247
  • 住所: 760-0024 香川県高松市兵庫町1-24 木村屋ビル2階
  • 営業: 17:00-22:20LO(日祝は -22:00LO)、土休(三連休の場合は土曜営業、連休最終日休)
  • 場所: JR高松駅から徒歩約10分(750m)。
  • メモ: 昭和60(1985)年創業。カウンター席とテーブル席で合計40席。
    〔骨付鳥〕若どり880、親どり880。
    〔付出し特急便〕黒枝豆400、もろきゅう400、冷やしトマト400、冷やっこ400、ほうれん草ごま和え450、かわ酢450、じゃこおろし450、おろしかいわれ450、もずく450、しょうゆ豆450、たこわさび450、さしみくらげ450、ボイルソーセージ450。
    〔サラダ〕ポテトサラダ450、なすの中華風サラダ500、ツナと大根のサラダ600。
    〔一品料理〕なすの揚煮450、月見とろろ450、ずり炒め450、麻婆春雨450、あじの南蛮漬500、とり団子500。
    〔お食事〕とりめし(汁付)500、高菜めし(汁付)500、さけ茶漬500、のり茶漬(梅入り)500。
    〔飲みもの〕生ビール(キリンラガー樽生)大900・中550・小450、瓶ビール(キリン一番搾り)550、焼酎(二階堂(麦)/黒霧島(芋)、水割/湯割/ソーダ/ロック)450・(五合ボトル)3,300、ウイスキー(富士山麓強炭酸ハイボール)450、酎ハイ(レモン/カルピス)450、梅酒(にごり梅酒鶯宿、ソーダ/ロック)500、カクテル(カシスソーダ/カシスオレンジ/カシスグレープフルーツ)500、スミノフレモネード500、リキュール(すだち酒)700、清酒(芳水、燗/常温/冷)大800・小450、骨付鳥に合うお酒「讃岐くらうでぃ」(グラス)450・(瓶)2,000、ノンアルコール・ビールテイスト飲料400、ソフトドリンク各250、オリーブサイダー350。(2017年12月調べ)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

黒糖焼酎と鳥皮ポン酢 … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政)

鳥皮ポン酢


 博多ラーメン「ばりこて」の都立家政店にやって来た。

 カウンター11席のみの店内には先客は5名ほど。それぞれが美味しそうにラーメンを食べている。

 私はそのカウンターの隅っこに座って、黒糖焼酎(400円)をロックでもらい、つまみには「鳥皮ポン酢」(300円)を選択した。

 ここの黒糖焼酎は奄美大島の「里の曙(さとのあけぼの)」。

 黒糖焼酎は、その名のとおり、サトウキビの搾り汁から作る黒砂糖を原料とした蒸留酒。つまり西インド諸島原産のラム酒や、ブラジル原産のカシャーサなどの親戚となるお酒なのだ。

 ただし国税庁の取り決めによって、この黒糖焼酎を製造することができるのは、奄美群島に限られているのである。

 つまみはというと、今いただいている「鳥皮ポン酢」以外にも、「味噌ずり」「がめ煮」「もつ煮込み」「めんたいポテト」「レンコンつくね」「めんたいだし巻」という手作りつまみ合計6種類が、それぞれ1品300円で用意されている他、「ひとくちめんたい」(160円)という軽めのつまみもある。

 だからラーメン屋ながら、割りと本気でお酒を飲むこともできるのだ。

 先客の男性3人組が席を立ち、入れ替わるように男女のカップルが入ってきて、ビールと餃子を注文した。

 そうだ。この店には餃子もあったなあ。

 「博多焼きぎょうざ」が8個で320円、「茹でぎょうざ」は5個で320円だ。

「こっちの焼き餃子をお願いします。黒糖焼酎もおかわりをください」

 思わず私も便乗注文した。

 餃子もまた手作りだ。カウンターで飲んでいると、餃子を仕込んでいる様子を見かけることも多い。それを注文を受けてから焼き上げてくれる。

 大きさが「ひと口大」と小さいのが、博多餃子の特徴。メニューでは8個になっているが、出てきた餃子は1皿10個だった。

 これでもうお腹は十分なんだけど、ここに来ると、やっぱりラーメンも食べたい。

 基本の「博多ラーメン」(650円)を、麺のゆで加減は『ばりかた』でお願いして〆とした。

 さっくりと1時間ほど楽しんで、お勘定は2,070円でした。どうもごちそうさま。

Img_5381a Img_5386a Img_5387a
「ばりこて」 / 黒糖焼酎ロック / おつまみメニュー

Img_5388a Img_5391a Img_5394a
全体のメニュー / 博多焼きぎょうざ / 〆の博多ラーメン

店情報前回

《平成29(2017)年11月18日(土)の記録》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お袋の味?新作つくね … やきとん「すっぴん酒場」(野方)

おっかあつくねを焼く店主


 「すっぴん酒場」の新作つくねは、「おっかあつくね」(1本150円)。

 これは串の周りに棒状になるように成型したつくねを、さらに網脂(あみあぶら)でくるんで焼いたもの。

 つくねの表面が、網脂の脂肪でやさしく包まれているから「おっかあつくね」という名前にしたんだって。

 「すっぴん酒場」の目玉メニューのひとつが「つくね」。普通の「つくね」(100円)に始まって、「おやじつくね」(150円)、「たたきつくね」(150円)、「チーズつくね」(150円)がある他、「ねぎおやじ」(150円)、「れんこん」(150円)、「ピーマン肉詰」(200円)にも、つくねが使われている。

 それぞれで味わいが異なるので、ぜひいろいろと試してみてください。

 金曜日の今日は、仕事の帰りに「すっぴん酒場」にやって来た。

 今年は通勤経路である中央線沿線で飲むことが多くなってるんだけれど、「すっぴん酒場」などのある野方は、中央線・高円寺駅から歩いても20分ほど。意外と近いのだ。

 そして今日もいつものように黒ホッピー(450円)を注文すると、すぐにお通し(100円)のお新香を出してくれた。

 つまみも、これまたいつものように、レバ、シロ、チレ(各100円)から始めようと思ったのだが、前回いただいた「ちゃんと炙りレバー」(1人前2本で350円)が美味しかったことを思い出して、まずはそれからスタートし、そのあとシロとチレをもらうことにした。

 その後、3杯めとなるナカ(250円)とともに、冒頭でご紹介した「おっかあつくね」を注文。

 最後は「ピータンピーマン」(200円)をもらって、2時間弱の立ち飲みタイム。

 ソト1・ナカ4での総支払額は2,200円でした。どうもごちそうさま。

Img_5539a Img_5523a Img_5524a
「すっぴん酒場」 / 黒ホッピー / お通しのお新香

Img_5528a Img_5529a Img_5531a
ちゃんと炙りレバー / ちれ / しろ

Img_5535a Img_5538a Img_5525a
おっかあつくね / ピータンピーマン / 12月のお休み

店情報前回

《平成29(2017)年12月1日(金)の記録》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イカ大根が250円に … 立呑み「やきや」(荻窪)

いか大根


 八戸出張から東京に戻ってきたその足で、荻窪「やきや」にやって来たら、なんと、「いか大根」(250円)が始まっていた!

 聞けば今週の月曜日(11月27日)から始まったんだそうな。

 つい先日、中野「やきや」の大将から「今月(11月)中にはイカ大根を始めたいと思ってるんだけどねぇ……」という話と伺って楽しみにしていたのでした。

 そのときに、「200円の価格を維持したままイカ大根を出すのはむずかしいかもしれない」ともおっしゃっていたのですが、250円に決まったんですね。

 さっそくホッピー(320円)とともに、そのイカ大根を注文すると、出てきたイカ大根は、大きくカットした大根2切れと、添えられるイカゲソは、なんとイカ1尾分。つまい足10本分だ!

 イカ大根が200円だった前シーズンまでは、大根は同じく2切れだったものの、イカゲソは足2本分ぐらいだった。大根ひと切れの大きさも、前より大きくなってるよなあ。

 そう考えると、あまり値上げにはなっていないのかも!

 けっきょく、このイカ大根だけで、ホッピー3杯(セット1+ナカ2)を飲むことができた。

 最後にもう1杯、ナカ(160円)をもらって、〆のつまみには「自家製塩辛」(200円)を注文。

 ソト1・ナカ4に、料理が2品で、1時間半の立ち飲みタイム。今夜のお勘定は1,250円でした。どうもごちそうさま。

Img_5519a Img_5514a Img_5517a
いか大根が始まった! / ホッピー / 自家製塩辛

店情報前回

《平成29(2017)年11月29日(土)の記録》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ