« 店情報: 北前そば「高田屋(たかだや)」(麹町) | トップページ | 店情報: 洋食「大吉(だいきち)」(浅草橋) »

板盛りせいろがいいね … 北前そば「高田屋(たかだや)」(麹町)

板盛りせいろ


 職場の近くで、どこか新しい店に行ってみよう!

 ということでやってきたのは「北前そば高田屋 麹町得水ビル店」だ。

 案内されたテーブル席に座ると、すぐ横の壁に、「ビールおつまみセット冬」という張り紙を発見。

 17時から20時までの時間限定で、生ビール(ジョッキ、単品なら550円)に、つまみが2品付いて880円というお得なセットだ。

 しかも2品のつまみは、「A.鶏皮ポン酢とコロッケ」、「B.ポテトサラダと赤ウインナー炒め」のどちらか、好きなほうが選べる。

 今日は二人で入ったので、AセットとBセットを1つずつ注文して、4品のつまみを分け合って食べることにした。

 このセットを注文した場合にでも、それとは別にひとり324円のお通しが出される。

 そのお通しもまた17時から20時までは「炙りもの」なんだそうで、生ビールで乾杯するとすぐに、炭火が入った小さなコンロが出され、キノコ2品に「万願寺とうがらし」が出された。

 これを自分たちで炙りながらいただくわけですね。

 ビールとお通しは比較的すぐに出てきたものの、セットのおつまみが出てきたのは約20分後。

 後からわかることなんだけれど、この店は料理の出が、とにかく遅い。

『さっきの注文、通ってるのかなあ。もしかしたら忘れられてるんじゃないの?』

 と思い始めたころに、やっと料理が出てくる。

 店内はお客さんが多くて、『にぎわってるなあ』と思っていたんだけれど、こうやってお客さんが多いのは、料理の出が遅いということが、ひとつの要因かもしれない。料理がなかなか出ないから、客の回転が悪いのだ。

 料理はいいものがそろってるし、味もいいのに、まったく残念な限り。この点はぜひ改善してもらいたいですねえ。

 1杯めの生ビールに続いては「そば茶ハイ」(454円)をホットでもらう。

 他にも「寒ブリ刺身」(972円)や「活イカの沖漬け」(356円)。メニューには載ってない店長お薦めの品である「ハタハタ焼き」や「いぶりがっこのチーズ添え」などをもらって、そば茶ハイを飲み進める。

 最後に「板盛りせいろ」(1人前594円、注文は2人前から)をもらって〆。

 この高田屋の名物だという、黒胡麻を練り込んだ「ごまそば」がうまい。そばは各店舗で打って出してるんだそうな。

 そばを食べた後のつけ汁に、そば湯を足したものが、これまたつまみになる。

 たっぷりと3時間以上楽しんで、お勘定は二人で9,500円(ひとり当たり4,750円)ほどでした。ちょっと高めかなあ。

Img_22011a Img_3787a Img_3783a
「高田屋」 / 壁の貼紙メニュー / お通しの炙りもの

Img_3784a Img_3785a Img_3786a
鶏皮ポン酢 / ポテトサラダ / 赤ウインナー炒め

Img_3788a Img_3789a Img_3791a
コロッケ / ハタハタ焼き / 寒ブリ刺身

Img_3792a Img_3793a Img_3797a
活イカの沖漬け / いぶりがっこのチーズ添え / そばつゆ+そば湯

店情報

《平成30(2018)年1月12日(金)の記録》

|

« 店情報: 北前そば「高田屋(たかだや)」(麹町) | トップページ | 店情報: 洋食「大吉(だいきち)」(浅草橋) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66327560

この記事へのトラックバック一覧です: 板盛りせいろがいいね … 北前そば「高田屋(たかだや)」(麹町):

« 店情報: 北前そば「高田屋(たかだや)」(麹町) | トップページ | 店情報: 洋食「大吉(だいきち)」(浅草橋) »