« 閉店間際にすべり込み … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | スッポン鍋が850円 … 鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽) »

今年納めの自家製塩辛 … 立呑み「やきや」(荻窪)

今年納めの自家製塩辛


 仕事納めの今日、職場のみんなと飲んだあと、二夜連続で荻窪「やきや」にやってきた。

 「やきや」は今夜が年内最終営業日。それもあってか、午後9時過ぎにもかかわらず、店内はほぼ満員だ。

 ちょうどお勘定をしているお客さんがいたので、その人と入れ替わるように立ち、燗酒(250円)と「自家製塩辛」(200円)を注文すると、なんと塩辛はこれで売り切れ。

 荻窪店で塩辛が売り切れたところを見るのは、これが初めてだ。年末最終営業だから、少なめの仕込みにしてたんだろうな。

 塩辛が売り切れるぐらいだから、他のイカ料理もほぼ売り切れで、残っているのは「いか刺身」(200円)だけという状況。なくなってしまわないうちに、「いか刺身」ももらっておくことにした。

 今年(2017年)、もっともよく通った酒場がここ、荻窪「やきや」なんだけど、その回数はというと合計34回。中野「やきや」を含めても38回で、平均すると10日に1回のペースだ。

 2番めに多かったのが野方「すっぴん酒場」の27回。こちらは14日(2週間)に1回ほどのペースだ。

 これらの回数は、けっして多いとは言えない。

 なにしろ荻窪「やきや」も、中野「やきや」も、そして野方「すっぴん酒場」も毎日のようにやって来る常連さんが多いからだ。

 いずれも立ち飲み屋さんなのが特徴的なところだろうか。サッと飲んでスッと帰るのに、立ち飲み屋は本当に向いているのだ。

 ちなみに2017年に出かけた酒場の総軒数はのべ391軒。店の数は200軒だった。

 2016年も総軒数はのべ391軒と、2年連続でぴたりと同じ軒数だったんだけれど、店の数は2016年は233軒と30軒以上多かった。つまり2017年のほうが、同じ店に通った回数が多いということだ。

 閉店時刻の午後11時までゆっくりと楽しんで、燗酒3杯・イカ料理2品でのお勘定は1,150円。

 今年もたいへんお世話になりました。どうもごちそうさま。

 荻窪および中野の「やきや」の来年の営業は1月11日(木)からの予定です。

Img_5939a Img_5935a Img_5938a
「やきや」 / 自家製塩辛 / いか刺身

店情報前回

《平成29(2017)年12月28日(木)の記録》

|

« 閉店間際にすべり込み … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | スッポン鍋が850円 … 鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66235483

この記事へのトラックバック一覧です: 今年納めの自家製塩辛 … 立呑み「やきや」(荻窪):

» 自家製塩辛&いか刺身 … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 12月29日(金)から1月10日(水)まで、13日間の年末年始休業を終えて、荻窪と中野の「やきや」の今年の営業が始まった。  この再開の日を待ちわびていた常連さんが多いに違いない。  荻窪駅から店へと向かいながら、入れるかどうかとやきもきしていたんだけど、店に着く直前に、ひとりのお客さんが「やきや」から出てきた。  やった。少なくともひとりは入れそうだ。  店内に入ってみると、カウンターの一番奥... [続きを読む]

受信: 2018.01.22 07:00

« 閉店間際にすべり込み … 立呑み「やきや」(荻窪) | トップページ | スッポン鍋が850円 … 鯉とうなぎの「まるます家」(赤羽) »