« 具沢山のポテトサラダ … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) | トップページ | いかしょうが棒で締め … 立呑み「やきや」(荻窪) »

真鯛の刺身には熱燗だ … 「竹よし(たけよし)」(都立家政)

真鯛刺身(小)


 瀬戸内で生まれたからか、今でも刺身というと真鯛(まだい)というイメージが強い。

 今日も「真鯛刺身」(850円)を、小盛り(600円)で造ってもらって、「菊正宗」(350円)の熱燗と合わせる。

 鯛の刺身にはやっぱり熱燗なんだ。

 呉にいるときに、90歳を過ぎたぐらいのベテラン呑兵衛の爺さんが、いつも鯛の刺身で、「白牡丹」の熱燗を飲んでいたことを思い出す。

 甘口の「白牡丹」は、熱燗にするとうまい。

 熱燗なので、口の近くにもってきた瞬間に、日本酒の強烈な香りが鼻からも入ってきて、がつんと強いアルコールを感じる。

 「燗酒が苦手」という人の多くは、このガツンと強いアルコール感がいやなんだろうな。

 しかしそこは甘口の「白牡丹」。口の中から喉の奥へと行くうちに、ほんわりとした甘みが口の中を満たしていくのだ。

 そこへ、キリッと冷えた鯛の刺身をひと切れ。

 ックゥ~ッ。たまらんねぇ。

 今日は、甘口ではない「菊正宗」の燗酒だけれど、それでもよく合う。

 とそこへ、店内に入ってこられたのは、かつての大常連・O島さんだ。あれれ? 広島にいらっしゃるんじゃなかったっけ?

「今日は仕事の関係でこっちに出てきたんですよ」

 O島さんは、もともと東京に本社がある会社から広島に出向されていたが、定年を迎えて、広島の会社に移られたとのこと。ご実家は東京にあるものの、今は広島が活動の拠点だそうだ。

 いろいろと積もる話に花が咲く。

 たまたま帰省された機会に、ご一緒させていただくことができて、本当に良かったなあ。

 最後に、店主が趣味で作ったという手作り羊羹(ようかん)をいただいて〆。

 真鯛刺身(小)に燗酒2杯でのお勘定は1,300円でした。どうもごちそうさま。

Img_9888a Img_9902a Img_5901b
「竹よし」 / 菊正宗(燗酒) / 手作りの羊羹

店情報前回

《平成29(2017)年12月24日(日)の記録》

|

« 具沢山のポテトサラダ … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) | トップページ | いかしょうが棒で締め … 立呑み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66231872

この記事へのトラックバック一覧です: 真鯛の刺身には熱燗だ … 「竹よし(たけよし)」(都立家政):

» まぐろいろいろ日曜日 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) [居酒屋礼賛]
 「竹よし」の直近の情報がわかるブログ、「竹よし便り。」に掲載された、『日曜日はまぐろの日になりました』という記事を見て、日曜日の今日、さっそく出かけてみた。  店に着いたのは午後6時半。  カウンター中央部には3人連れの先客がいて、私はその入口側に陣取った。  すぐにおしぼりを出してくれるチクちゃんは、「竹よし便り。」の著者&管理人で、金曜日と日曜日にこの店を手伝っている。  まずは「ビール(中... [続きを読む]

受信: 2018.01.26 12:56

« 具沢山のポテトサラダ … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) | トップページ | いかしょうが棒で締め … 立呑み「やきや」(荻窪) »