« さらにハシゴ酒は続く … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政) | トップページ | 具沢山のポテトサラダ … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) »

イカ刺身をワタ醤油で … 立呑み「やきや」(荻窪)

イカ刺身をワタ醤油で

 しょっちゅう来てるのに、来るたびに新発見がある荻窪「やきや」。

 今日の新発見は、ワタ醤油でいただくイカ刺身だ。

 と言っても、最初からワタ醤油が用意されているわけではない。

 まずは「自家製塩辛」(200円)をもらって、それを食べ終えたあとに小鉢に残っている塩辛のイカワタに、ちょっと醤油を入れて、それで「いか刺身」(200円)をいただくのである。

 わりと淡白なイカ刺身に、イカワタのコクが加わることで、味わいがより増すのだ。

 う~む。この食べ方もいいねえ。

 金曜日の今日は、「やきや」に到着したのが午後7時半。

 いつものようにホッピー(320円)をもらい、すでにいろんな料理が売り切れている中、ラッキーにもまだ「いか大根」(250円)が残っていたので、それからスタート。

 イカ大根1人前には、大きくカットした大根が2個と、イカゲソが1匹分。つまりゲソ10本分が盛られているもんだから、ボリュームたっぷり。

 この1品で、ホッピーが3杯飲める。

 イカ大根を食べ終えたところで、ソト1・ナカ4の4杯めとなるナカ(160円)をもらって、つまみには「自家製塩辛」をもらった。

 その塩辛を食べ始めたときに、私のとなりで、先に塩辛を食べていた常連さんが、「げそわさ」(200円)を注文した。

 そして、その塩辛のワタが残った器に醤油を入れて、ゲソワサを食べ始めたのだ。

「なるほど。この食べ方は気がつかなかったですねえ」と声をかけると、

「肝醤油と同じようなもんですかねえ。イカワタの旨みがいいんですよ」と教えてくれた。

 これがもう見るからに旨そうなのだ。

 で、すでに自分の定量である4杯分のホッピーを飲み終えたところだったけれど、改めて燗酒(250円)をもらって、「いか刺身」(200円)を追加注文したのでした。

 「珍味わたあえ」の残りダレでいただく刺身も美味いけど、「自家製塩辛」の残りワタでいただく刺身も素晴らしい。いい食べ方を教えていただき、ありがとうございます。

 午後10時まで、ゆっくりと2時間半も立ち呑んで、今夜のお勘定は1,700円でした。どうもごちそうさま。

Img_5849a Img_5851a Img_5853a
ホッピー / いか大根 / 自家製塩辛

Img_5855a Img_5859a Img_5861a
燗酒 / いか刺身(生姜) / わた醤油でいただく

店情報前回

《平成29(2017)年12月22日(金)の記録》

|

« さらにハシゴ酒は続く … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政) | トップページ | 具沢山のポテトサラダ … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66224601

この記事へのトラックバック一覧です: イカ刺身をワタ醤油で … 立呑み「やきや」(荻窪):

» いかしょうが棒で締め … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 荻窪「やきや」のイカ料理のひとつ、「いかしょうが棒」(200円)。  イカの身を練り込んだ棒状のさつま揚げで、注文を受けてから焼き台で炙り、おろし生姜を添えて、1本丸ごとの状態で出してくれる。  上の写真は、食べやすいように箸で二つに切り分けて、おろし生姜に醤油をかけたところだ。  いいつまみになるし、ボリュームもたっぷりだ。  月曜日の今日は、ホッピー(320円)と「自家製塩辛」(200円)か... [続きを読む]

受信: 2018.01.04 07:58

« さらにハシゴ酒は続く … 博多ラーメン「ばりこて」(都立家政) | トップページ | 具沢山のポテトサラダ … やきとん「弐ノ十(にのじゅう)」(都立家政) »