« 今年も川名に集まって … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 常連たちが続々と集結 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

二次会は新年2度めの … 「ふみ屋」(阿佐ヶ谷)

豚のしっぽ煮


 焼鳥「川名」を出て、二次会として向かったのは元日にも伺った「ふみ屋」である。

 今夜もまた大勢のお客さんたちでにぎわっている中、なんとか奥の座敷席を囲むことができ、思い思いの飲みものを注文して飲み始める。

 私は黒ホッピーセット(400円)をもらった。

 まだお正月三が日の期間中ながら、「本日のおすすめ」メニューは元日のものと異なっていて、今日は「スミイカ」(550円)や「ちょと厚めなハムカツ」(300円)、「豚のしっぽ煮」(430円)なんかが並んでいる。

 このメンバーだと、やっぱり「豚のしっぽ煮」をもらうよねえ。

 豚の尻尾というと、私のなかでは横浜「味珍(まいちん)」祐天寺「ばん」がオンリー2の二大巨頭。他の店でお目にかかったことがない。まさかここで豚の尻尾が食べられるとは思わなかった。

 新年早々、これはうれしいサプライズだ。ぜひとも「ふみ屋」のレギュラーメニューにしてもらいたいなあ。

 さらには串焼きも「クリカラ」(1本300円)や「ねぎま」(1本300円)などをいただきながら、2時間ちょっとのお楽しみタイム。

 お勘定はひとり3,300円ほどでした。どうもごちそうさま。

Img_6121b Img_6122b Img_6126b
黒ホッピーセット / なます(お通し) / 豚のしっぽ煮

Img_6128b Img_6129b Img_6130b
クリカラ2本 / ねぎま2本 / 二次会のメンバー

店情報前回

《平成30(2018)年1月3日(水)の記録》

|

« 今年も川名に集まって … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 常連たちが続々と集結 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66281856

この記事へのトラックバック一覧です: 二次会は新年2度めの … 「ふみ屋」(阿佐ヶ谷):

« 今年も川名に集まって … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 常連たちが続々と集結 … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »