« ハシゴ酒の終点はここ … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) | トップページ | スコッチ・ハイボール … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) »

自家製塩辛&いか刺身 … 立呑み「やきや」(荻窪)

自家製塩辛&いか刺身


 12月29日(金)から1月10日(水)まで、13日間の年末年始休業を終えて、荻窪と中野の「やきや」の今年の営業が始まった。

 この再開の日を待ちわびていた常連さんが多いに違いない。

 荻窪駅から店へと向かいながら、入れるかどうかとやきもきしていたんだけど、店に着く直前に、ひとりのお客さんが「やきや」から出てきた。

 やった。少なくともひとりは入れそうだ。

 店内に入ってみると、カウンターの一番奥(立ち飲みテーブルのすぐ手前)に、ひとり分の空間がポツンと空いている。なるほど、さっき出ていったお客さんは、ここで飲んでたのか。

 さっそくその場所に立ち、いつものようにホッピー(320円)をもらい、今年、第1品めのつまみとして、「げそ揚げ」(200円)を注文する。

 ここしばらく、「げそ揚げ」が残ってる時間に来れなかったので、「げそ揚げ」も久しぶりだ。

 やっぱりここの「げそ揚げ」はうまいなあ。ホッピーにピッタリだ。

 この「げそ揚げ」は、開店前に揚げて、カウンター上のバットにどっさりと置かれているものを、注文を受けて、ひとり分ずつ、お皿に取り分けてくれる。

 つまり、『揚げたての熱々』ではなくて、『揚げおいて、しなっとした状態』なのだ。それがむしろいいように思う。食べやすいし、味がよくしみている。

 ホッピーのナカ(160円)をもらって、2品めは「いかみみ焼」(200円)を注文した。

 「いかみみ焼」は、注文を受けてから、イカのエンペラ2枚を焼き台でタレ焼きにし、それを細く切り分け、マヨネーズを添えて出してくれる。

 ミミは、刺身にしても、焼いてもいいね。

 今日は年明け初営業ながら、すべてのメニューがそろってるようなので、2品めをミミにしてみたのでした。

 全品がそろっているのなら、ゲソ、ミミ、そして身(み)のすべてを網羅したいもんね。

 ゲソ、ミミと食べてきたので、今度は身だ。

 3杯めとなるナカをもらって、「自家製塩辛」(200円)と「いか刺身」(200円)の2品を一気に注文した。両方とも身である。

 なぜこの2品をいっぺんにもらったかというと、元日に「鳥もと2号店」でいただいた、スルメイカ酒盗和えが美味しかったので、ここ「やきや」でも、イカ刺身の塩辛和えをやってみようと思っているのだ。

 まずはイカ刺身に、塩辛をひと切れのせて、一緒に食べてみる。

 う~む。なるほどなあ。

 ここ「やきや」の塩辛は、かなりフレッシュ系で、塩味もそれほど強くない。だから塩辛だけでもグイグイと食べることができるのだ。

 でもこうやって、刺身と一緒に、刺身の味付けとして楽しもうと思うとすると、残念ながら、ちょっと塩っけが足りないなあ。

 イカ刺身の皿についている醤油入れに醤油を入れて、練りワサビも溶き込み、そのワサビ醤油にちょっと刺身を浸してから、塩辛と一緒に食べてみる。

 ははぁ~ん。こうすると確かに美味しくなったけど、刺身の味わいと、塩辛の味わいは明らかに違っていて、お互いを高めあう状態にはならないようだ。

 結論として、ここの塩辛はやっぱり塩辛として、なにも混ぜずにいただくのがいちばん美味しい。

 そしてその塩辛を食べ終えて、小鉢に残ったイカワタに醤油をちょっと加えて、それでイカ刺身をいただくと、イカ刺身にイカワタのコクが加わって、これも美味くなる。

 つまりは、少し前からやっていた「塩辛のあと、ワタ醤油で刺身」というやり方が間違ってなかったってことだ。

 「鳥もと2号店」のは、酒盗の味(塩っけ)が強かったから、あれで良かったんだね。

 ナカをもう1杯もらって、いつものようにソト1・ナカ4で、イカ料理が4品。

 1時間ちょっと立ち飲んでのお勘定は1,600円でした。

 どうもごちそうさま。今年もよろしくお願いします。

Img_6246a Img_6234a Img_6233a
立呑み「やきや」 / ホッピー / げそ揚げ

Img_6237a Img_6238a Img_6240a
いかみみ焼 / 自家製塩辛 / いか刺身

Img_6243a Img_6244a Img_6245a
塩辛を刺身にのせて / ワサビ醤油&塩辛で / やっぱりワタ醤油が良かった

店情報前回

《平成30(2018)年1月11日(木)の記録》

|

« ハシゴ酒の終点はここ … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) | トップページ | スコッチ・ハイボール … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66306321

この記事へのトラックバック一覧です: 自家製塩辛&いか刺身 … 立呑み「やきや」(荻窪):

» 久しぶりに焼き台の前 … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 仕事帰りに荻窪「やきや」に到着したのは午後7時前。  入ってすぐの、カウンターの角のところが空いていたので、今日はここで飲むことにした。  足しげく通っている「やきや」だけれど、この入口に近いポジションに立つことができたのは久しぶりだなあ。  ここに立つと、ちょうど目の前が焼き台だ。ここでイカが焼かれていく様子を見ているのが楽しいのだ。  イカが焼き上がってくると、とても芳ばしくて、いい香りがし... [続きを読む]

受信: 2018.01.24 07:50

« ハシゴ酒の終点はここ … 居酒屋「満月(まんげつ)」(鷺ノ宮) | トップページ | スコッチ・ハイボール … 居酒屋「ペルル」(鷺ノ宮) »