« 真鯛の刺身には熱燗だ … 「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 今夜は中野で途中下車 … 立飲「やきや」(中野) »

いかしょうが棒で締め … 立呑み「やきや」(荻窪)

いかしょうが棒


 荻窪「やきや」のイカ料理のひとつ、「いかしょうが棒」(200円)。

 イカの身を練り込んだ棒状のさつま揚げで、注文を受けてから焼き台で炙り、おろし生姜を添えて、1本丸ごとの状態で出してくれる。

 上の写真は、食べやすいように箸で二つに切り分けて、おろし生姜に醤油をかけたところだ。

 いいつまみになるし、ボリュームもたっぷりだ。

 月曜日の今日は、ホッピー(320円)と「自家製塩辛」(200円)からスタートした。

 1杯めのホッピーとともに塩辛を食べ終え、ナカ(160円)と「げそわさ」(200円)をもらう。

 そしてその「げそわさ」はもちろん、塩辛の器に残ったイカワタに醤油を加え、練りワサビも溶き込んでいただく。前回、常連さんに教えてもらった食べ方だ。

 「げそわさ」を食べ切っても、まだイカワタ醤油が残っている。これをなんとかしようと、3杯めとなるナカと合わせて「いか納豆」(200円)を注文した。

 「いか納豆」は、小さくカットしたイカの刺身(普通のイカ刺身とは部位が違う)と納豆、刻みネギに、練りワサビが添えられている。

 普通はこれに醤油をかけてかき混ぜるんだけど、その醤油の代わりに、このイカワタ醤油を使ってみる。

 う~む。

 納豆がもともとコクが強いから、イカワタ醤油のワタの風味がそのコクに紛れちゃってるなあ。

 でも、塩辛の器に残っていたワタ醤油がきれいになくなったのがうれしい。まさに一滴も残さず完食だ。

「みなさん、いろんな工夫をして、『えぇ~っ! そこまでしますか!?』っていうぐらい、徹底した食べ方をしてくれるのよ」

 と女将さんも笑っている。

 そして4杯め(ソト1・ナカ4)となるナカをもらって、最後の〆に「いかしょうが棒」を注文したのだった。

 1時間半ほどの立ち飲みタイム。4杯と4品でのお勘定は1,600円でした。どうもごちそうさま。

Img_5903a Img_5905a Img_5907a
ホッピー / 自家製塩辛 / げそわさ+塩辛の残りワタ

Img_5912a Img_5914a Img_5917a
ワタ醤油+いか納豆 / かき混ぜていただく / いかしょうが棒

店情報前回

《平成29(2017)年12月25日(月)の記録》

|

« 真鯛の刺身には熱燗だ … 「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 今夜は中野で途中下車 … 立飲「やきや」(中野) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66225498

この記事へのトラックバック一覧です: いかしょうが棒で締め … 立呑み「やきや」(荻窪):

» 閉店間際にすべり込み … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 今日も今日とて職場のメンバーとちょっと飲んだあと、荻窪「やきや」にやってきた。  昨夜は中野「やきや」でイカ塩辛を食べることができなかったので、今日はぜひ塩辛が食べたいところ。  店に着いたのは午後10時20分。閉店時刻まであと40分しかない。  さっそく燗酒(250円)をもらって、自家製塩辛(250円)を注文すると、やっぱりこっち(荻窪店)だと大丈夫だった。  荻窪店で『塩辛がない』という状態... [続きを読む]

受信: 2018.01.06 15:19

« 真鯛の刺身には熱燗だ … 「竹よし(たけよし)」(都立家政) | トップページ | 今夜は中野で途中下車 … 立飲「やきや」(中野) »