« カラスの行水な酒場浴… 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 店情報: 北前そば「高田屋(たかだや)」(麹町) »

まぐろいろいろ日曜日 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政)

ねぎま鍋


 「竹よし」の直近の情報がわかるブログ、「竹よし便り。」に掲載された、『日曜日はまぐろの日になりました』という記事を見て、日曜日の今日、さっそく出かけてみた。

 店に着いたのは午後6時半。

 カウンター中央部には3人連れの先客がいて、私はその入口側に陣取った。

 すぐにおしぼりを出してくれるチクちゃんは、「竹よし便り。」の著者&管理人で、金曜日と日曜日にこの店を手伝っている。

 まずは「ビール(中)」(500円)を、赤星(=サッポロラガー)で出してもらって、ゆっくりとホワイトボードメニューを確認する。

 その中の『まぐろいろいろ』と書かれた部分には、頬肉塩焼(500円)、脳の身さしみ(1,000円)、目玉とやさい(500円)、ねぎま串焼き(350円)、ねぎま鍋(700円)、かじきしょうが焼(500円)、まぐろ山かけ(500円)、角煮(300円)の8品が並んでいる。

 外が寒かったこともあって、「ねぎま鍋」に強く心を引かれ注文。

 その「ねぎま鍋」のでき上がりを待つ間用に、チクちゃん手作りの「やきとん屋のおしんこ」(200円)ももらうことにした。

 チクちゃんは以前、某やきとん店の手伝いをしていたこともあって、そのレシピそのままに、このお新香を作ってくれたんだそうな。どうりで、なじみのある味わいだ(笑)。

 となりの3人連れの前には、「目玉とやさい」が出される。

 そう。この「目玉とやさい」も迷ったんだ。もつ好きには絶好の一品である。

 中瓶のビールを飲み終えるころ、「ねぎま鍋」が出てきた。

 「ねぎま鍋」は8~9割がた火が通った状態で出され、目の前の固形燃料のコンロで最後の仕上げをする。

 本来の「ねぎま鍋」は、ネギとマグロだけのシンプルなものだけど、ここの「ねぎま鍋」には、それ以外にも豆腐や、しらたきなどが入っている。

 この「ねぎま鍋」に合わせるお酒として、「酔鯨」(500円)の冷酒を選んだ。

 ねぎまをつまみにチビチビと飲(や)りながら、改めてメニュー全体をながめてみると、「あんこう鍋」(1,000円)もある。寒い冬の間に、この「あんこう鍋」も食べておかなきゃなあ。

 となりの3人連れは、天ぷらの盛り合わせを注文。

 天ぷらは、今日のメニューには載ってないんだけれど、昔から「竹よし」の看板メニューのひとつ。魚や野菜をいろいろと混ぜて出される天ぷらが美味しそう。

 「酔鯨」のあとの飲みものとして、「菊正宗」の燗酒を大徳利(700円)でもらう。

 ゆっくりと3時間ほど楽しんで、今日のお勘定は2,600円なり。

 「ごちそうさん」と店を出て、自宅へと向かう道すがら、なんだか急にラーメンが食べたくなって、「福しん」に寄り道。もっともシンプルな「手もみラーメン」(390円)をいただいた。

 う~む。ここでラーメンを食べるぐらいなら、「ねぎま鍋」の残り汁で、雑炊を作ってもらえばよかったなあ。反省、反省。

Img_6351a Img_6353a Img_6357a
「竹よし」 / ビール(中)を赤星で / まぐろいろいろメニュー

Img_6355a Img_6362a Img_6365a
やきとん屋のおしんこ / 酔鯨(冷酒) / ねぎま鍋

Img_6367a Img_6370a Img_6374a
まぐろ、ねぎ、豆腐 / 菊正宗(燗酒) / 「福しん」の手もみラーメン

店情報前回

《平成30(2018)年1月21日(日)の記録》

|

« カラスの行水な酒場浴… 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 店情報: 北前そば「高田屋(たかだや)」(麹町) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66322971

この記事へのトラックバック一覧です: まぐろいろいろ日曜日 … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政):

» なんばんみそきゅうり … 魚料理「竹よし(たけよし)」(都立家政) [居酒屋礼賛]
 「すっぴん酒場」で、ホッピーを5杯(ソト1・ナカ5)もいただいちゃったもんだから、もうすっかり酔っぱらいである。  こうなると道路のあちこちに雪が残っている状態の、夜の寒さもあまり気にならず、トコトコと都立家政へと向かう。  「すっぴん酒場」がある野方から、都立家政までは、西武新宿線で1駅なんだけど、距離で言うと0.9キロしかない。歩いても15分ほどで着いてしまうのだ。  酔っぱらってるし、お腹... [続きを読む]

受信: 2018.02.03 13:42

« カラスの行水な酒場浴… 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) | トップページ | 店情報: 北前そば「高田屋(たかだや)」(麹町) »