« 冬はダシで食す湯豆腐 … 煮込みや「まる。」(荻窪) | トップページ | 寒い夜に煮込みが旨い … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

白糠漁港のたこまんま … やきとり「鳥もと本店」(荻窪)

たこまんま


「次は北口側に行きましょう!」

 煮込みや「まる。」を出たところで、あっという間に、そんな流れが確定した。

 1軒めの立呑み「やきや」も、2軒めの煮込みや「まる。」も、荻窪駅の南口側にある。

 他にも、酒処「かみや」や、ちょい呑み「つまみや」などが、荻窪駅南口の酒場です。

 では北口側はどうか。

 やきとり「鳥もと」の本店と支店、うなぎの「川勢」もつ焼き「カッパ」居酒屋「田中家」、そして最近では立ち飲み酒場「よるべ」などが、北口側を代表する酒場の数々です。

 そんな中、JR中央線を地下道でくぐって北口側に抜け、今宵、向かった3次会の先は「鳥もと本店」でした。

 4人で1卓を囲み、酎ハイ(400円)で乾杯。

 つまみはなんといっても、北海道は白糠(しらぬか)漁港直送の新鮮な魚介類と、直営農園から直送されてくる完全無農薬野菜。

 今や、創業当時からの「やきとり」よりも、この魚介類と野菜のほうが人気があるほどだ。

 北海道直送の魚介類からは「たこまんま(=タコの卵)」(400円)と「はっかく、マツカワ、おひょうハーフ三点盛」(1,200円)を、無農薬野菜からは「行者にんにく正油漬」(400円)、「ねぎぬた」(300円)、「里芋煮」(300円)を、それとは別に一品料理のジャンルから、「鳥ハツのリエット」(500円)を注文した。

 これが美味いんだよねえ。

 「鳥もと」と言えども、荻窪駅を出てすぐのところから、現在の場所に移ってきたときには、お客さんの数が5分の1から、6分の1ぐらいに減ったんだそうな。

 それをなんとかしようと取り入れたのが北海道産の魚介類と、直営農園の完全無農薬野菜だったんだって。(詳細は「なみじゃない、杉並!」の記事を参照ください。)

 ふと気がつけば、もう午後11時半。そろそろ帰らなきゃ!

 お勘定は、ひとり1,500円ずつぐらいだったような。。。

Img_6456c Img_6438c Img_6439c
やきとり「鳥もと」本店 / 今日の魚介メニュー / 今日の野菜メニュー

Img_6440c Img_6441c Img_6443c
酎ハイ / たこまんま(卵) / 鳥ハツのリエット

Img_6444c Img_6445c Img_6449c
行者にんにく正油漬 / ねぎぬた / はっかく、マツカワ、おひょうハーフ三点盛

Img_6452c Img_6453c Img_6454c
里芋煮 / ごちそうさまでした / 三次会のメンバー

店情報前回

《平成30(2018)年1月25日(木)の記録》

|

« 冬はダシで食す湯豆腐 … 煮込みや「まる。」(荻窪) | トップページ | 寒い夜に煮込みが旨い … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66332831

この記事へのトラックバック一覧です: 白糠漁港のたこまんま … やきとり「鳥もと本店」(荻窪):

« 冬はダシで食す湯豆腐 … 煮込みや「まる。」(荻窪) | トップページ | 寒い夜に煮込みが旨い … やきとん「すっぴん酒場」(野方) »