« 店情報: BAR「乃方(のがた)」(野方) | トップページ | にっきーさんと新年会 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

新年初カイピリーニャ … BAR「乃方(のがた)」(野方)

カイピリーニャ


 日付けが変わった午前0時に「すっぴん酒場」を出て、自宅が近い荒木マタエモンさんと一緒に、みつわ通りを若宮方面(野方駅から離れる方向)へと進むこと約100m。

「もう1軒、寄って帰りましょう」

 荒木さんからそう声がかかった。

 見ると、右手に怪しげなバーがある。

 さっそく店内へと進むと、そこはカウンター16席のみの、ゆったりとしたバー空間。

 その中央あたりに陣取って、荒木さんは「オールドパー」(ブレンデッド・スコッチ)のロック、私は「メーカーズマーク」(バーボン)のソーダ割りをもらって乾杯した。

 その昔、この近くに「ピュアー」という小さなバーがあって、よく通ったものだった。残念ながら「ピュアー」は、10年ほど前(2008年末)に閉店し、その後は、この近くでバーに立ち寄ることはなかった。

 ここ「BAR乃方」は、2年前、2016年3月にオープンしたそうだ。(店主の顔に見覚えがあると思ったら、都立家政のバー「宵(よい)」のマスターだった方なんですね!)

「カシャーサも置いてますか?」

 と尋ねてみると、あるという返事だったので、2杯めにはカシャーサのカクテル、「カイピリーニャ」を、砂糖抜きで作ってもらった。

 そう、これこれ!

 このライムの緑色と、液体の黄色が、ブラジルの国旗と同じ色合いになるんですね。

 ブラジルでは、ライムじゃなくてブラジルレモンを使うので、液体がもっと黄色くなって、まさにブラジル国旗になる。(→参考記事

 カシャーサ(ピンガとかカニーニャと呼ぶ人もいる)は、サトウキビを原料として作られるブラジル原産の蒸留酒。

 同じ原料で作るラム酒の親戚のようなものなんだけど、味わいは明らかに違う。

 通常売られているものは、そんなに高級なお酒ではなくて、今日いただいている「51(シンクエンタ・イ・ウン)」や、北東部・レシフェなどでよく飲まれている「ピトゥ」などは、1リットル瓶が7レアル(250円)ほど。まったく庶民のお酒なのだ。

 これにちょっとブラジルレモンを搾り入れるだけで、ぐんと味わいが良くなるし、さらにクラッシュド・アイスをたっぷりと入れ、本当は砂糖も加えると「カイピリーニャ」となる。ものすごく甘いカクテルだ。

 グイグイと飲みたいときは、このカクテルから砂糖を抜いてもらう。

 この砂糖抜きの飲み方は、ブラジルでも好まれている。

 「カイピリーニャ」を注文すると、「コン・アスーカ? オ・セン・アスーカ?(砂糖を入れますか? それとも砂糖なし?)」と確認されるほど。

 ほとんどの呑兵衛は「カイピリーニャ・セン・アスーカ(砂糖抜き)」だ。

 今年初の「カイピリーニャ・セン・アスーカ」。これも美味しいなあ。

 ゆっくりと1時間半ほどくつろいで、お勘定をしようと思ったら、さっきお手洗いに行っている間に荒木さんが払ってくれていた。

「今日はこの店のご紹介ということで。ぜひまた来てください」

 と荒木さん。新年早々、ありがとうございます。どうもごちそうさま。

Img_6178c Img_6179c Img_6181c
店頭の手書き看板が目印 / BAR乃方 / スコッチ&バーボン

店情報

《平成30(2018)年1月5日(金)の記録》

|

« 店情報: BAR「乃方(のがた)」(野方) | トップページ | にっきーさんと新年会 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66289459

この記事へのトラックバック一覧です: 新年初カイピリーニャ … BAR「乃方(のがた)」(野方):

« 店情報: BAR「乃方(のがた)」(野方) | トップページ | にっきーさんと新年会 … 焼鳥「川名(かわな)」(阿佐ヶ谷) »