« 今夜は中野で途中下車 … 立飲「やきや」(中野) | トップページ | 今年納めの自家製塩辛 … 立呑み「やきや」(荻窪) »

閉店間際にすべり込み … 立呑み「やきや」(荻窪)

自家製塩辛を肴に燗酒


 今日も今日とて職場のメンバーとちょっと飲んだあと、荻窪「やきや」にやってきた。

 昨夜は中野「やきや」でイカ塩辛を食べることができなかったので、今日はぜひ塩辛が食べたいところ。

 店に着いたのは午後10時20分。閉店時刻まであと40分しかない。

 さっそく燗酒(250円)をもらって、自家製塩辛(250円)を注文すると、やっぱりこっち(荻窪店)だと大丈夫だった。

 荻窪店で『塩辛がない』という状態を見たことがない。

 イカの塩辛は、イカの身の細切りに、イカの内臓(肝)、塩を和えたものを寝かせたもの。いわゆる「赤造り」というタイプのイカ塩辛だ。

 あまり塩辛過ぎないフレッシュな味わいが、「やきや」の塩辛の大きな特徴。

 イカ塩辛というとすぐに思い出す桃屋の塩辛と比べると、塩分濃度はグンと低い。

 昔ながらの作り方をする桃屋の塩辛の塩分濃度は約17%(濃口醤油の約1.2倍)というから、ここのはその半分ぐらいかなあ。

 塩辛の後は、いか刺身(250円)をもらって、塩辛の残りのイカワタに醤油を加えたワタ醤油でいただく。このところ、この食べ方にはまっている。

 燗酒をおかわりして、最後にお新香(170円)をいただくと、今の時季は白菜の漬物。

 久しぶりにいただきた漬物もうまいなあ。

 これにもワタ醤油をちょいとつけていただいた。

 閉店時刻まで40分立ち飲んで、お勘定は1,070円。どうもごちそうさま。

Img_5926a Img_5931a Img_5932a
「やきや」 / いか刺身+わた醤油 / お新香+わた醤油

店情報前回

《平成29(2017)年12月27日(水)の記録》

|

« 今夜は中野で途中下車 … 立飲「やきや」(中野) | トップページ | 今年納めの自家製塩辛 … 立呑み「やきや」(荻窪) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11427/66235458

この記事へのトラックバック一覧です: 閉店間際にすべり込み … 立呑み「やきや」(荻窪):

» 今年納めの自家製塩辛 … 立呑み「やきや」(荻窪) [居酒屋礼賛]
 仕事納めの今日、職場のみんなと飲んだあと、二夜連続で荻窪「やきや」にやってきた。  「やきや」は今夜が年内最終営業日。それもあってか、午後9時過ぎにもかかわらず、店内はほぼ満員だ。  ちょうどお勘定をしているお客さんがいたので、その人と入れ替わるように立ち、燗酒(250円)と「自家製塩辛」(200円)を注文すると、なんと塩辛はこれで売り切れ。  荻窪店で塩辛が売り切れたところを見るのは、これが初... [続きを読む]

受信: 2018.01.07 08:24

« 今夜は中野で途中下車 … 立飲「やきや」(中野) | トップページ | 今年納めの自家製塩辛 … 立呑み「やきや」(荻窪) »